【ブラッククローバー】ヤミ団長と銀さんが似てる6つのポイント

考察

ブラッククローバーのヤミ団長。銀魂の銀さんにクリソツという噂が立っています。そこでどこが似ているのか個人的に考察してみました。

VOD初心者虎の巻

  • 他のサイトもあるしVODじゃなくても正直いい…
  • U-NEXT,Hulu,FODってそもそも何なの?詳しく知りたい!
  • 紹介しているサービスの何が良いの?

という方のために渾身の記事をまとめておきました。初心者向けに丁寧に書いておいたのでこれで疑問点は解消!VOD利用しようか迷ってる人。登録する前の人には必見の内容です!

見た目

まず見た目ですよね。ぼさぼさ頭と三白眼そしてどこかやる気のない表情と結構似ています。
ブラッククローバーの作者が似せて作ったとは考えにくいですが今風のキャラデザ。
そして適当さや大雑把かげんを表現した見た目を重ね合わせた結果似てきてしまったと考えるのが妥当でしょう。
あとブラクロの作者って他の漫画めっちゃ研究してるんですよね。デスクにベルセルク置いてありましたし。

物言い

台詞が銀さんっぽいですよね。いちいち相手のことをナチュラルにディスっていくあたりはまさに銀魂。
しかも本人はごく自然にしゃべっているので悪意はないという。気が付いたんですけど銀魂ってセリフがものすごい多いんですよね。
でも読んでいて苦じゃない。ヤミ団長も「いまここで限界を超えろ!」といった名言など面白いセリフが多いです。
どっちも印象的なセリフ回しができているという点では似ていると言えます。

ノリ

相手に対して割と平然と無茶苦茶言い出すノリも銀さんに似ていますね。そしてその無茶ぶりに答えざる得ない相手という構図。
唯一違うのは銀さんは無茶言い出しても新八が止めたり突っ込んだりするんですけれどもヤミ団長は静止する相手がいないんですよね。
だから黒の暴牛も答えざる得ないという。でもキャラ的にあってるからギリギリパワハラっぽく見えないんですよね。
ここは作者の手腕だと認めざる得ない。

女性問題

シャーロットはヤミ団長が好き。さっちゃんは銀さんが好き。どっちもヒロインがピンチのところを救って惚れられたというクリソツぶり。
やっぱつり橋効果ってやつですかね。なかなかに羨ましいです。今後どういった感じで恋仲が進んでいくのかは期待大ですね。
さっちゃんと銀さんはたぶん一生あのままだろうな。でもシャーロットとヤミ団長は進展ありそうな雰囲気。
大人同士の恋って色々と楽しいですよね。シャーロットがツンデレすぎて素直に気持ちを告白できるのか不安ではありますが。

普段は適当でもやるときはやる

普段は適当過ぎるキャラなんですけれども戦ったらめっちゃ強いってところも似ていますね。ヤミ団長はヤミ魔法の使い手、銀さんは剣の達人。
そういえばどっちも武器は刀なんですよね。ブチ切れるとどっちもめちゃ怖いです。他にもジャンプの登場人物って他の人を守るために戦うんですよね。
ヤミ団長だったら団員の皆、銀さんだったら万屋や他の人たち。どんなに無茶苦茶やっても愛されるのはなんだかんだいってちゃんと人を愛しているからでしょうね。

声優

銀さんが杉田さん。ヤミ団長が諏訪部さんということでどちらも実力のある声優ですよね。杉田さんのモノマネはとにかく凄かった。特に若本。
あまりにノリが銀さんなんでヤミ団長がCV杉田さんかと思ったという人もちらほら見かけました。確かに間違ってしまう理由も分かる気がしますね。
諏訪部さんも個人的にうまいと思っている声優の一人なんで頑張ってほしいです。

まとめ

  • 見た目が似てる
  • 台詞が似てる
  • ノリが似てる
  • 女性関係も似てる
  • どちらもやるときはやる男
  • 声優が杉田かと思った

ということで共通点洗いだしてみました。思ったよりいっぱいあったんでびっくりしてます。どっちも面白いキャラなんで今後の活躍に期待ですね。

ジャンプの王道ファンタジーとして人気のブラッククローバー。 アニメも放送されていて私は面白くて毎週見ています。 そんな私がアニメを見...
ついにブラッククローバーが始まりましたね。 けれども見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にブラッククローバーの見逃した...

VOD初心者虎の巻

  • 他のサイトもあるしVODじゃなくても正直いい…
  • U-NEXT,Hulu,FODってそもそも何なの?詳しく知りたい!
  • 紹介しているサービスの何が良いの?

という方のために渾身の記事をまとめておきました。初心者向けに丁寧に書いておいたのでこれで疑問点は解消!VOD利用しようか迷ってる人。登録する前の人には必見の内容です!

ポプテピピック記事まとめ

ダーリン・イン・ザ・フランキス記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする