スター・ウォーズ シリーズの見逃し配信を動画フルで視聴する方法について U-NEXTで好評配信中!

動画

地上波でスターウォーズシリーズを見逃してしまった。そこでスターウォーズシリーズを視聴したい方も多いのではないのでしょうか。安心して視聴する方法をお教えします。

VOD初心者虎の巻

  • 他のサイトもあるしVODじゃなくても正直いい…
  • U-NEXT,Hulu,FODってそもそも何なの?詳しく知りたい!
  • 紹介しているサービスの何が良いの?

という方のために渾身の記事をまとめておきました。初心者向けに丁寧に書いておいたのでこれで疑問点は解消!VOD利用しようか迷ってる人。登録する前の人には必見の内容です!

目次

スター・ウォーズ シリーズの見逃し配信を動画フルで視聴する方法について

U-NEXTという日本最大級のデジタルコンテンツ配信サービスで31日間無料トライアルに申し込めばポイントが600ポイントもらえるのでそのポイントを使ってスターウォーズシリーズが視聴可能です。入会、退会ともに5分程度で済ませられるのですぐに登録して飽きたら簡単に解約することができます。

※本ページの情報は2017年12月21日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXTで配信しているスターウォーズシリーズについて

  • スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(378ポイント)2019年5月27日 23:59まで配信
  • スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(378ポイント)2019年5月27日 23:59まで配信
  • スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(378ポイント)2019年5月27日 23:59まで配信
  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(324ポイント)2018年8月31日 23:59まで配信
  • スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(378ポイント)2019年5月27日 23:59まで配信
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(378ポイント)2019年5月27日 23:59まで配信
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒(432ポイント)2020年1月28日 23:59まで配信
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(432ポイント)2021年1月22日 23:59まで配信

U-NEXTとは?

U-NEXTキャプチャ画像

株式会社U-NEXTが運営する日本最大級のデジタルコンテンツ配信サービスです。

  • アニメ・ドラマ・映画が見放題
  • 雑誌が読み放題
  • 映画の最新作も見れる(ポイント課金制です)
  • 電子書籍で漫画も読める(ポイント課金制です)
  • 無料登録するとポイントが600ポイントもらえる

という至れり尽くせりの内容になっています。
この機会に無料登録してはいかがでしょうか。

日本最大級のデジタルコンテンツ配信サービスなので安心

U-NEXTは株式会社U-NEXTが運営する日本最大級のデジタルコンテンツ配信サービスです。
違法ダウンロード・違法無料視聴サイトとは違うので安心して見れますね。

ウィルスや個人情報漏洩心配なく安心して見れる

海外サイトや違法サイトだとウィルス・個人情報の漏洩が心配ですね。
ちゃんとした会社が運営しているのでウィルスや個人情報の漏洩の心配もなく楽しめます。

U-NEXT入会方法

  1. お手持ちのデバイスでU-NEXTにアクセスする
  2. 31日間無料トライアルに登録といった無料期間登録へ促すボタンがあるのでクリック
  3. 必要情報を入力
  4. 支払方法を選択して、必要事項を入力し送信
  5. 送信完了後、ログインする

U-NEXT退会方法

  1. U-NEXTにログインする
  2. 設定・サポート→契約内容の確認・変更の順にクリック
  3. ビデオ見放題サービスの解約はこちらをクリック
  4. ページ遷移するので次へをクリック
  5. ページ遷移するので進むをクリック
  6. アンケート画面に移動するので回答し、同意するにチェックをつけて、解約するをクリック
  7. 解約手続きが完了しましたという画面が表示されたら、解約完了

スターウォーズシリーズについて

現在のところ、完結済みの旧三部作・新三部作の全6エピソードと展開中の続三部作の3エピソードの映画作品から構成される。2015年時点では続三部作は1作目が公開されている。

エピソード1~3はアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになるまでの過程を描き、エピソード4~6はアナキンの息子ルーク・スカイウォーカーがジェダイの騎士となって帝国を打倒するまでを描いている。エピソード7~9はルークたちが帝国を倒した30年後を描いている。

当初はエピソード9まで製作される予定だったが、エピソード6が公開された時点で、6部作で完結する形に変更された。しかし、2012年にエピソード7~9の制作が決定、ルーカスフィルムと統合したウォルト・ディズニー・カンパニーが中心となり、エピソード7が2015年に公開された。

圧倒的なスケール感とSFX、VFXによって映画ファンを魅了し続けており、特に第1作はSFというジャンルの立ち位置を大幅に変えた金字塔的作品で、後のハリウッド映画や日本の漫画・アニメにまで影響を与えている。

映画シリーズだけでなく、小説やアニメなどさまざまな媒体によってスピンオフ作品が現在も発表されている。但し、生みの親であるジョージ・ルーカスはスピンオフ作品である小説やコミックに興味が無く、ほぼ読んでもいない状態のため、シリーズの世界観にこれらを含めるかどうかはファンによって意見が分かれる。

ただし、ジョージ・ルーカスが制作総指揮等、深く関わっているショートアニメシリーズ『クローン大戦』、アニメ映画・TVアニメシリーズ『クローン・ウォーズ』などは別格で、その他にも設定面などでルーカスがスピンオフからの影響を受けている事はある。また、『クローン・ウォーズ』はスピンオフ設定にも考慮している。

ニコニコ大百科より

言わずと知れた名作ですね。大迫力のアクション。愛嬌がありすぎるキャラクター。かっこいいメカ。どれも映画ファンを魅了しています。
スターウォーズエピソード4~6は今見ても昔の映画とは思えないクオリティとスケールです。数ある名作の中でもさらに素晴らしいと太鼓判を押されている作品ですね。
特にダースベイダーとルーク・スカイウォーカーとの決闘シーンは最高の名シーンとなっています。
スターウォーズ1~3は最新のCG技術をふんだんに使い映像面でも演出面でもさらにクオリティが上がっています。そしてダースベイダーの過去も分かるといった必見の内容になっています。
是非この機会に見てみてください。

スターウォーズシリーズストーリーについて

新三部作(Prequel trilogy)

物語の序章ではあるが「新」と付けられた理由は、こちらが後に制作されたため。
『ターミネーター2』や『ジュラシック・パーク』などのVFXの進歩によって製作が決定した新シリーズで、デジタル技術を用いた特殊効果が様々シーンで見受けられました。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

米国:1999年5月19日、日本:1999年7月10日公開。
監督・脚本・制作総指揮をジョージ・ルーカス、制作をリック・マッカラムが担当。
修行時代のオビ=ワン、幼少期のアナキン、アミダラ女王、旧共和国時代の多くのジェダイが初登場。
アナキンがいかにしてフォースに出会うかが描かれます。
今作のみ邦題が原題を翻訳していません。訳すと『見えざる脅威』のような意味になります。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

米国:2002年5月22日、日本2002年7月13日公開。
監督・脚本・制作総指揮・制作をジョージ・ルーカス、制作をリック・マッカラムが担当。
ドゥークー伯爵が初登場。
青年期のアナキンと壮年期のオビ=ワンを中心に、クローン戦争の発端が描かれます。
ラジー賞を複数部門にわたって受賞するなど賞レースにおける評価は低いが、進化したCG技術によってヨーダのセイバーバトルなどを描いたことなどを高く評価するファンは多いです。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

監督・脚本・制作総指揮をジョージ・ルーカス、制作をリック・マッカラムが担当。
グリーヴァス将軍が実写初登場。
ジェダイ騎士団と銀河共和国が終焉を迎え、パルパティーンによって銀河帝国が成立。ダース・ベイダーの登場とルーク、レイアの生誕が描かれます、新三部作の完結作。

旧三部作(Original Trilogy)

70年代から80年代にかけて制作されたシリーズの元祖とも言うべき三部作だが、物語自体は中盤の内容です。
CG技術の発展を受けて、化粧直し、シーン追加、フィルム修復などを行ったデジタルリマスター版である『特別編』が1997年に公開されています。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

監督・脚本・制作総指揮をジョージ・ルーカス、制作をゲイリー・カーツ(特別篇はリック・マッカラム)が担当。
シリーズ最初の作品。エピソード1の公開まで副題がついていませんでした。
公開前の期待は低かったですが、全世界で大ヒットを記録し『すべてのはじまり』となりました。
殺陣師の不在によるアクションの精度の低さなど欠点は多々あるものの、今なお人気が高いです。

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

監督をアーヴィン・カーシュナー、脚本をリー・ブラケット、ローレンス・カスダン、制作総指揮をジョージ・ルーカス、制作をゲイリー・カーツが担当。
ヨーダ、ボバ・フェット、ランド・カルリジアンが初登場。雪原を歩行する兵器の描写など、映像面でも評価が高いです。IMDBなどの大手サイトや評論家からの評価はシリーズ一高く、今作をシリーズ最高傑作とする向きも多いです。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

監督をリチャード・マーカンド、脚本をジョージ・ルーカス、ローレンス・カスダン、制作総指揮をジョージ・ルーカス、制作をハワード・カザンジャンが担当。反乱同盟軍の勝利が描かれる、旧三部作シリーズの完結作。
皇帝パルパティーン(ホログラムではⅤ、時系列的にはⅠが初登場)、ジャバ・ザ・ハットが初登場。
原題のサブタイトルが当初『Revenge of the Jedi』であったことから、邦題も『ジェダイの復讐』でした。公開前に原題が『Return of the Jedi』に改められたものの、日本では関連商品の製造が進んでいたこともありそのまま『ジェダイの復讐』の状態が長く続きました。2004年にDVDの発売にあわせて原題に忠実な『ジェダイの帰還』に改められました。

続三部作(Sequel Trilogy)

当初は9部作構想だったものを全6部作としてルーカスはエピソード7以降の制作を否定してきたが、ルーカスフィルムがウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されルーカスが引退したことで、エピソード7以降の続三部作が制作されることが決定しました。ルーカス自身は直接関わりませんが、続編の制作には賛成しているようです。
また、2年おきに公開されるこれらのエピソードの間を埋める形で、サイドストーリー作品が制作されます。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

監督にJ・J・エイブラムス、音楽には前6作から引き続きジョン・ウィリアムズ、脚本にエイブラムス、ローレンス・カスダン、マイケル・アーント、制作にエイブラムス、ブライアン・バーク、キャスリーン・ケネディ。
エピソード6の30年後の設定で、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードなども出演します。
エピソード7に当たるが、タイトルには『エピソード7』がつきません。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

2017年12月15日に世界同時公開予定。
監督・脚本にライアン・ジョンソン、製作総指揮にJ・J・エイブラムス。

スター・ウォーズ エピソード9/(副題未定)

2019年公開予定。
監督にコリン・トレボロウ。

引用元

ニコニコ大百科より引用。一部改変。

スターウォーズシリーズ みどころについて

大迫力のアクションシーン

とにかくアクションがすごいですね。フォースの力ってほんとなんでもできるなぁと思います。
旧三部作だと前述しましたが特にルークとダースベイダーの決闘シーンは一番の見どころになっています。
新三部作ではジェダイマスターとダースモールの決闘も素晴らしいですね。ジャンゴ・フェットとオビ=ワンの決闘も良いです。
そしてなんといってもオビ=ワンとアナキンの決闘シーン。見逃せません。

魅力的なキャラクター達

Try not… #StarWars #ThrowbackThursday #Yoda

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 –

スターウォーズといえばなんといっても魅力的なキャラクター達ですよね。
やっぱり一番はダースベイダーでしょうか。彼ほど悲しくてかっこいい悪役を私は知りません。フォルムも一目で分かるデザインとなっていて秀逸ですね。
他にもC-3POやR2D2,マスターヨーダと愛嬌のあるキャラクター達が続々と出てきます。フィギュアなどを買ってみるのもいいかもしれませんね。

おすすめホビー

STAR WARS VARIANT PLAY ARTS改 ダース・モール PVC製 塗装済み可動フィギュア
STAR WARS VARIANT PLAY ARTS改 ダースベイダー(PVC塗装済みアクションフィギュア)
STAR WARS VARIANT PLAY ARTS改 ストーム・トルーパー PVC製 塗装済み可動フィギュア
Sphero スター・ウォーズ R2-D2 APP-ENABLED DROID 【日本正規代理店品】 R201JPN
メタコレ スター・ウォーズ #04 C-3PO 約 77mm ダイキャスト製 塗装済み 可動フィギュア
名将ムービーリアライゼーション スター・ウォーズ 浪人 ボバ・フェット 約170mm ABS&PVC製 塗装済み 可動フィギュア
スター・ウォーズ プレミアム1/10スケールフィギュア #ヨーダ

名台詞の数々

74 years of legend. #happybirthday #HarrisonFord #HanSolo #legendneverdies

Luke Skywalkerさん(@_.lukeskywalker._)がシェアした投稿 –

スターウォーズといえば名台詞で有名ですね。「May the Force be with you」(フォースとともにあらんことを)ってセリフはよく使われます。
そして同じくらいよく使われるのが「I have a really bad feeling about this.」(なんだか嫌な予感がする)です。
各エピソードで誰かが言ってるので探してみるのも面白いかもしれません。

みんなの感想

まとめ

  • スターウォーズシリーズはU-NEXTで見れる。
  • みどころなど簡単に紹介しました。

スターウォーズシリーズはU-NEXTで見れるので見てみてください。
超人気作品の名に恥じない内容です!是非!

※本ページの情報は2017年12月21日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

VOD初心者虎の巻

  • 他のサイトもあるしVODじゃなくても正直いい…
  • U-NEXT,Hulu,FODってそもそも何なの?詳しく知りたい!
  • 紹介しているサービスの何が良いの?

という方のために渾身の記事をまとめておきました。初心者向けに丁寧に書いておいたのでこれで疑問点は解消!VOD利用しようか迷ってる人。登録する前の人には必見の内容です!

ポプテピピック記事まとめ

ダーリン・イン・ザ・フランキス記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする