【ソードアート・オンライン(SAO) アリシゼーション(3期) 13話感想・考察】キリトがモテる理由

感想

ソードアート・オンライン アリシゼーション(3期)13話の感想・考察を書いていきます。
ご参考になれば幸いです。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • キリト、ユージオ、カーディナルの思惑が分かる回
  • SAOのキャラ立ちの良さが際立っていた
  • 人気アニメらしい王道展開

今回は3人の思惑が良くわかる回でした。
それぞれのキャラたちも良く、世界を救いたい善人のキリト
世界を変えたいしっかり者のカーディナル
アリスを助けたいやさしいユージオと3人の思惑が
きっちり伝わってきます。
難しい説明はあったりしますがそれでもきっちり
キャラの心情が分かるあたりは流石SAOと
いったところ。3期続くのも分かる気がします。
さらに言えば3人とも良い人であることがわかって
視聴者が思わず応援したくなるような
演出もあるところがキモ。
イキリトとか言われていじったりはしてますし
実際私もいじり倒していますがこの分かりやすさ
と応援しやすさなくしてSAOなしという回で
非常に見ていて爽快でした。
人気アニメらしい王道展開でかなり今回は
高評価です。

キリトがモテる理由

  • カーディナルを否定せずただ聞くキリト
  • 最後に自分の言いたいことをちょっという
  • たらしめが

今回はキリトが聞き役だったんですが聞き方が上手でした。
決してカーディナルのことを否定せずにただただ話を
聞くキリト。アンダーワールドを消去するといった
言った途端私はおいおい、ってなっちゃいましたが
キリトはただ聞くだけ。ここにキリトのモテ真骨頂があります。
だいたいしょうもない女性の話を聞く場合間に入りたくなるのが
男というものなんですけどキリトは横に入らない。
ただ聞くだけ。しかもカーディナルのお願いまで聞いてあげる。
そして最後に「やっぱり世界を救いたい」って前向きな
提案をしてあげるんですね。この瞬間キリトがなんで
こんなモテてるのか分かっちゃいました。
女性はこういう漢気に惚れるんだと。
まあアニメの中の話なんですがきっちりキリトのモテ
ポイントが分かったのが面白かったです。

カーディナルの求めた人間らしさ

  • 偽物の世界でカーディナルが求めた本物
  • カーディナルもキリトが好きなんだな
  • そして世界にキリトは愛されてるんだな

アンダーワールドという偽物の世界でカーディナルが
求めたもの。それは本物のぬくもりでした。
キリトを抱きしめるカーディナルという図。
これは前述したキリトのカーディナルを一旦
肯定してあげるという優しさがなければ上手く
こうはいかなかったように思います。
本当の人間のやさしさに触れたからこそ
今度は本当の人間のぬくもりにも触れたくなった。
何もかも偽物の世界で数百年待った結果
彼女の欲したものが愛情だったということは
かなり良い演出でした。さりげないシーン
ではありましたが印象深かったです。

ユージオ脇役の徹し具合

  • アリスを助けたいというユージオ
  • 完全に脇役のそれだがいい
  • ユージオの優しさが身に染みる

アリスを助けたいというユージオ。
これは一貫して変わっていませんが
ユージオは他人のために行動しています。
キリトのことを尊敬して、アリスのために
尽くす。いわば完全に脇役なんですよね。
「やっぱりキリトはすごいや、だからついていく」と
「アリスが大事だから、助けたい」という他人軸
で生きている人間のため繰り返しますが完全に脇役。
けなしたいわけじゃないんですが
このサブ具合が絶妙でSAOの男役ってこう
やって描かれるのかと感心してしまうところがあります。
今回はそれがもろに出た回といえるでしょう。
ユージオの優しさが身に染みる回でした。
こういうのは普通はアスナやシノンといった
ヒロインが担うのですがいかんせん彼女
らは我が強い。ユージオは他人を想うという
意味では彼女たち以上にヒロインしてると思います。
キリトとずっと一緒にいてもうざくならない
ユージオの存在は貴重なように思えました。

きちんとキャラ立ちしているのが良い

  • 行動で示し漢気のあるキリト
  • しっかり者だが人間らしさもあるカーディナル
  • ヒロイン的なユージオ

やっぱりきっちりキャラ立ちしているのが
SAOらしくて良いなと思いました。
思えば
SAOは想いや目的があって動いているキャラ
達ばかりなので視聴者も応援しやすい
構図になっています。内容は王道中の
王道なんですがそのストーリーをしっかり
支えているのが今回のようなキャラごとの
心理描写なのでしょう。キリトはある意味
SAOの典型的キャラでキャラ立ちしすぎて
おり男性の投影の対称としてももってこい
なので「イキリト」として扱われて
いじられてもいますが(実際私もかなりいじっている)
SAOのキャラの分かりやすさをよく
現わしているとも言えます。
やはりこの明快さがSAOを支えているのが
良くわかる回で地味でしたが良い回だと思いました。

まとめ

  • それぞれの心情が分かりやすくていい
  • カーディナルの求めたぬくもり
  • 今後のキリト、ユージオの活躍にも期待

というわけでまとめてみました。次回も楽しみにしています。では。

ソードアート・オンライン アリシゼーション(3期)12話の感想・考察を書いていきます。 ご参考になれば幸いです。 全体の感想...
キリトおっさんおっさん言いすぎやろ。 かくいう私もおっさんで覚えてしまいました。 おっさん頑張れ。おっさん負けるな。 全体...

ソードアート・オンライン(SAO) アリシゼーション(3期) みるならVOD

ソードアート・オンライン(SAO) アリシゼーション(3期) を見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にソードアート・オン...

ソードアート・オンライン(SAO) アリシゼーション(3期) 見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
ソードアート・オンライン(SAO) アリシゼーション(3期) 見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
VODのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする