【アニメ どろろ 20話 感想・考察】百鬼丸は妖怪になってしまうのか

感想

今回は悲しい話。
というわけで通常運転に戻ってきた感はあります。
内容もダークそのもの。
いつものどろろでした。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • ああ無常
  • 三郎太が切なすぎる
  • そして体が戻らない

今回は割とどろろらしい話。
誰かが不幸になって。
それをどろろが成敗して。
そして何も残らない。
無常しかないわけです。
これがどろろ。これがどろろなんだ。
そういうのを見せつけてくれた回でした。
三郎太が切なすぎましたね。
強くなりたかった。
でも強くなれなかった。
どうしても強くなれない。
だから何かを犠牲にする。
そんな男の悲哀を感じました。
最期も辛かったですね。
そして百鬼丸の体は戻らない。
そこも辛いポイントでした。
今回は世知辛い。
そしてつらいどろろになってしまいましたね。
南無。

三郎太は強くなりたかった

  • 三郎太は強くなりたかった
  • でも強くなれなかった
  • 最期は鵺と同化する

三郎太が切なすぎる。
まあ今回は自業自得感は強いですけどね。
普通の仇討ちなら犠牲になるキャラクター。
でも自分の命欲しさに敵に寝返る。
そんなタイプの小悪党でした。
でも元は善人なんですよね。
母親が殺され変わってしまった。
そしてそこには自分の落ち度もある。
そこが一番のキーポイントですね。
恐らくその落ち度が三郎太を苦しめていた。
そして皆化物に対して恐怖心を持っている。
それは自分と同じ。
そのことを確認して安心していたのでしょう。
余りにも小物すぎて同情してしまいます。
けれどもやってはいけないことでしたね。
最期は鵺と同化して。
哀れではありました。

希望の百鬼丸

  • 三郎太は百鬼丸のようになりたかった
  • でもなれなかった
  • 勇敢すぎる百鬼丸

三郎太は百鬼丸に憧れを抱いていたんでしょうね。
恐ろしい妖にもたじろがず戦う百鬼丸。
その姿は自分がなりたかった姿なのでしょう。
勇敢に戦う武士の姿。それが三郎太の理想。
でも現実は妖の手助けをしている。
これほど情けないことはなかったでしょう。
多くのものは妖にたじろいで恐怖を覚えていた。
そしてその恐怖が三郎太を安心させた。
けれども百鬼丸にはそれがない。
何が何でも妖を退治する。
その気持ちはすさまじいものがあった。
それに三郎太も感服したのでしょう。
敵ながら百鬼丸の心を認めた。
そこに三郎太の哀愁がありました。

百鬼丸は妖なのか

  • 百鬼丸の心臓が赤かった
  • 百鬼丸も妖になってしまったのか
  • 辛い結末が待っていそう

今回百鬼丸の心臓が赤かったですね。
もしかしたらですが百鬼丸も妖の可能性が出てきました。
鬼神を倒しているうちに同化してしまったのか。
妖と戦っているうちにもはや人ではなくなってしまった。
そうなると辛い結末が待ってそうですね。
もはや百鬼丸は人ですらない。
人の身体を取り戻しているはずが。
もはや人でなくなってしまった。
痛烈な皮肉を感じてしまいます。
身体は人間なのに心は妖。
全ての体を取り戻した時。
百鬼丸は果たして人間でいられるのか。
非情に辛い結末が待っていそうです。

醍醐に体がある

  • 醍醐に体がある
  • 地獄堂に本体があるのか
  • 辛い旅になりそう

醍醐に体がある。
その意味はどういったことなのでしょう。
恐らくですが地獄堂の像と関係があるのではと思います。
そこに百鬼丸の体がある。
像を破壊さえすれば体が戻るのかもしれない。
そういう風に考えてはいます。
いまは像の中に体が封印されている。
だから百鬼丸の体はもどらなかった。
しかしだからといって百鬼丸の命を狙っている国。
そこにわざわざ乗り込んでいくのか。
そう思ってはしまいますが。
そこまでして体を取り戻したいんでしょうね。
百鬼丸の気持ちが熱すぎる。
しかしそれとは反面。
非常に辛い旅になりそうです。
百鬼丸の無事を祈っています。

まとめ

  • 三郎太の悲哀が凄い
  • 百鬼丸の運命がつらい
  • どろろという作品が悲しい

というわけでまとめてみました。
とにかく悲しすぎる展開。
三郎太の悲哀が強い。
自業自得感が強いとはいえ。
彼の気持ちも分かる気がします。
弱い自分を認めるために犠牲を強いてきた。
そう思うと辛くなってきますね。
そして百鬼丸の運命が辛い。
もし体を取り戻しても心が妖だったら。
百鬼丸はどうなってしまうのか。
そして醍醐の国に向かう百鬼丸。
自ら敵陣に乗り込む辛さ。
本当にどろろという作品は悲しく思います。
今後どうなっていくのか。
気になりますけど辛い。

今回は激しくギャグ回っぽかった。 まあいつもいつもシリアスなんで。 こういう回もあっていいんじゃないかなと。 なんか次回反動で...
まあね、こういう展開になるよね。 本当に辛い展開が待っていそう。 というより待っていたというべきか。 一体百鬼丸はどうなってし...

どろろみるならVOD

どろろを見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にどろろの見逃した回を見る方法をお教えします。 どろろの見逃し配信を動...

どろろ見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
どろろが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
VODのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする