【からかい上手の高木さん2(2期)7話感想】懐かしさたっぷり

感想

はいやってきました高木さん。
今回は林間学校ということです。
こういうイベント系になると。
圧倒的に強いのが高木さんという作品。
素晴らしい出来だったように思えます。
良かったです。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • この作品がもつ圧倒的うまさ
  • 技術が良く出ていたように思える
  • 素晴らしい回だった

今回は素晴らしかった。
なによりこの作品が持つ圧倒的うまさ。
それがよくでていました。
人間が何をするとドキドキして。
そして作品に入り込めるのか。
そして何に懐かしさを感じるのか。
そういった人間の心理。
それをよく心得ていました。
これは技術なんですよね。
作者自身の消費者を引き込む技術。
そしてそれを実現するスタッフの技術。
それが良く合わさった回だったように思えます。
あとポイントは今回は高木さんと西片の話という話にとどまらない。
懐かしい青春を感じさせてくれる。
そんなからかい上手の高木さんが持つ魅力。
作品の魅力そのものを味あわせてくれる回だったということ。
高木さんと西片の話にとどまらない。
そんな素晴らしさを感じさせてくれる回でした。
良かったです。

圧倒的懐かしさ

  • 青春を感じさせてくれる
  • あの頃に戻ったような感覚
  • それをずっと楽しめた

圧倒的に懐かしくなる。
林間学校というイベント。
あった人もなかった人もいると思います。
でもイベントの時のドキドキ。
そしてワクワク感。
仲間と笑いあえる時間。
切ない恋愛。
楽しめるイベント
そのような普遍的な感覚。
あのころの懐かしさを思い出せてくれる感覚。。
それがふんだんに詰まっていました。
本当に青春に戻ったような感覚。
それを味あわせてくれました。
これもやはり技術でしょうね。
どうすれば消費者が楽しめるのか。
どうすればあのころを思い出させてくれるのか。
どうすればあの楽しさを思い出させてくれるのか。
そこを分かってるからこそのこの感覚。
懐かしかった記憶を思い出させてくれました。

生徒になったような感覚

  • 本当に高木さんの世界に入り込んだような
  • そんな気分になった
  • 楽しい時間を過ごせた

今回は高木さんの世界に入り込んだような。
そんな気分になりました。
圧倒的に登場人物が楽しそうなんですよね。
本当に林間学校を楽しんでいる。
というか青春自体を楽しんでいる。
そしてずっとその感覚を味わっている。
そんな気分になるんですよね。
ずっと男子たちと楽しく騒いでいるような。
そして横目で女子たちを見ているような。
そしてすこし恋も期待したりして。
甘酸っぱいような。
それでいて少し切ないような。
そんな感覚に襲われました。
でも今回の高木さんは圧倒的に楽しい時間でしたね。
悪い時間ではなかった。
というよりむしろ最高だったと。
ここに記しておきます。

今回の高木さんは全員野球だった

  • 全員が楽しく過ごしていた
  • だからこそのこの感覚
  • 良かった

今回は全員が楽しく過ごしていた。
高木さんと西片。
そしてそれを取り巻く人物たち。
そのリミッターが外れてたんですよね。
本当に一人一人のキャラクターが生きていた。
そして高木さんの世界観を盛り上げていた。
ミナ・ユカリ・サナエは本当に青春女子してた。
高尾と木村も青春男子してました。
だからこそのこの懐かしい感覚。
だからこそのこの出入りできるような世界観。
私は高木さんと西片にはなれません。
でも高尾と木村のような感覚は分かる。
どこにでもいるような普通の人間。
それが思い切り青春を楽しんでいる。
その感覚だけで楽しくなっちゃいました。
これも今回は全員野球のなせる業。
高木さんと西片だけじゃない。
それにとどまらない作品の良さ。
それを味あわせてくれました。

しかしまた高木さんと西片に戻っていく

  • しかし高木さんと西片にもドキドキしてしまう
  • 二人の関係が気になってしょうがない
  • 青春してるなと

しかしまた高木さんと西片にもドキドキしてしまう。
余裕があり距離感を保つ高木さん。
そしてあくまでも恋愛でなく勝負にこだわる西片。
二人の距離は林間学校でも同じ距離。
それがたとえ二人星空の下であっても。
そこが圧倒的にこの作品を表していました。
やっぱり高木さんは高木さん。
西片は西片。
友達以上恋人未満の関係。
しかしそこにやっぱりときめきを感じてしまう。
今回はイベントだから余計二人の距離感が気になってしまう。
特に高木さんの思わせぶりな行動。
今回はそれが倍以上にときめかせてくれました。
そしてずっと気になってしょうがなかった。
そして二人とも青春してるなと。
こんな青春してみたかった。
素直にそう思います。

まとめ

  • 圧倒的懐かしさ
  • 圧倒的世界観
  • それでも高木さんと西片が気になる

というわけでまとめてみました。
やっぱり今回は良かったですね。
高木さんのもつ世界観。
今までは高木さんと西片の掛け合い。
そこが気になりなりを潜めていましたが。
全員野球するとここまで広がるのか。
そしてここまで話にのめりこめるのか。
本当に良い時間を過ごせました。
林間学校というイベント。
それを全力で味わえる。
素晴らしい回だったと思います。
でも高木さんと西片。
もちろんいつもの掛け合いをやっていくれる。
いや今回はいつもの倍以上かな。
本当にドキドキする演出が多かった。
控えめに言って素晴らしい回でした。
良かったです。

はいやってきました高木さん。 高木さんに勝ちたいのか負けたいのか。 デートしたいのかしたくないのか。 西片のせめぎあいが面白か...
やってきました高木さん。 今回は西片と高木さん。 二人の関係がぐっとクローズアップされた回。 やっぱり二人のやりとりはドキドキ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする