【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち 2期) 8話感想】諦めを乗り越えろ

感想

はいやってきましたダンまち。
今回は諦めがキーワードかなと。
春姫は生きることを諦めた。
ベル君は英雄でいることを諦めた。
気持ちはよくわかる。
のですが諦めを超えてこその物語。
この英雄譚は始まるのだと思います。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 春姫の諦め
  • ベル君の諦め
  • 諦めを乗り越えろ

今回は諦めがキーワードかなと。
春姫は生きることを諦めている。
ベル君は英雄を諦めている。
気持ちは良くわかります。
春姫が立ち向かうにはイシュタルファミリアは大きすぎる。
ベル君が英雄になるには余りに枷が大きすぎる。
人生においてあまりに大きな障害が立ちはだかった時。
人は進むことをやめてしまう。
例えそれが間違いだと分かっていても。
そこにとどまろうとしてしまう。
春姫は淀み過ぎて命すら諦めてしまった。
ベル君もまた流されるままになってしまった。
見てて非常に苦しい場面でした。
でも挫折した人間ならわかる。
この苦しみが。そして淀みが。
でもこれは物語ですから。
そして一つの英雄譚だと信じていますので。
この壁を春姫とベル君は乗り越えなくてはならない。
このどう乗り越えるのかが。
次回のキーポイントになりそうです。

春姫は諦めている

  • 春姫は自分を諦めてしまっている
  • 余りにも無力だから
  • 自らの命も諦めてしまった

春姫は諦めてしまっている。
自分が何もできない存在。
そう思っているから。
実際イシュタルファミリア。
ファミリアを個人の存在で覆す。
そんなことは不可能。
どんな不合理な組織でも。
その場にとどまるしかない。
他に選択肢がないように見えてしまう。
そこに希望がないように見えてしまう。
自分は無力だと信じてしまう。
そんな春姫の辛さ。
それがひしひしと伝わってきてきました。
春姫に希望はあるのか。
立ち向かうには余りにも厳しい現実です。
でも春姫は立ち向かわなければならない。
自分のために。そして運命に抗うために。

ベル君も諦めてしまっている

  • ベル君も諦めてしまっている
  • 英雄になるには余りにも無力な少年
  • 自分が助かることしかできない

ベル君も諦めてしまっている。
本当は英雄にならなければならない少年。
それがベル君という存在。
しかし今回ベル君はただの少年でいるしかなかった。
余りに立ち向かうには大きすぎる敵。
その前にベル君は諦めてしまった。
英雄にあこがれる少年。
しかしそれはまだ憧れだけの存在。
まだ英雄であろうとする覚悟ができていない。
だから少年にとどまることを選んでしまったベル君。
それがあまりに悔しい選択だとしても。
それが一番賢い選択だから選んでしまう。
自分が助かる道しか選ぶことが出来ない。
そこがあまりに辛く響いてくる。
本当に辛い瞬間でした。

組織の前では個人は無力

  • ファミリアという大きな存在
  • その前では余りに無力な少年と少女
  • 諦めを抱かせるには十分な存在

組織の前では個人は無力。
そこが大きく分かる回でした。
イシュタルファミリアでは全員が役割で動いてるんですね。
だからファミリアの子供達は道具として扱われる。
イシュタルファミリアがどれだけ理不尽な存在であっても。
この世界ではそれが当たり前。
神に抗うことはできない。
組織に抗うことはできない。
でもヘスティアファミリアは違うんですよね。
それぞれが存在を認め合っている。
そして神と子供たちが信頼しあっている。
それが理想の存在なんです。
イシュタルファミリアが現実。
であるならばヘスティアファミリアが理想。
しかし今回は現実の方があまりに大きくて。
ベル君という少年と春姫という少女は諦めてしまった。
非常に辛い回でありました。

現実を乗り越えて英雄譚となれ

  • ベル君と春姫は乗り越えなければならない
  • 諦めない力が必要
  • 英雄譚となれ

しかし、それでも立ち向かわなければならない。
この話が物語であり。それが英雄譚であれば。
ベル君は現実に立ち向かう英雄でなければならない。
春姫は決して諦めることのない姫にならなければならない。
そうでなければこの物語の決着がつかない。
のであれば理想の自分にそれぞれならなければならない。
余りにも大きな現実に打ちのめされたとき。
人はそこにとどまってしまう。
流されるままだったベル君。
組織の言いなりの春姫。
二人の諦めは良く分かります。
でも、それでも。
諦めちゃいけないんですね。
ここが物語のキャラクター達の辛いところ。
でもあり視聴者が希望を感じるところでもあります。
どんな絶望的な状況であっても。
そこに希望を見出さなければならない。
ベル君という英雄と春姫という姫。
二人の英雄譚を是非この目で味わいたいと思います。

まとめ

  • 諦めを選んだ少年少女
  • しかしその諦めを乗り越えて
  • 英雄譚となれ

というわけでまとめてみました。
今回はあまりに悔しい回でしたね。
目の前の現実があまりに大きくて。
それで諦めてしまう。
そしてそこにとどまってしまう。
自らの無力さを認めてしまう。
挫折したことのある人間ならわかる無力感。
それが大きく分かる回でした。
しかし、しかしですよ。
この苦難を乗り越えなければ。
その無力感を乗り越えなければ。
そして大いなる者に立ち向かわなければ。
英雄譚とはなりえない。
物語にはなりえない。
であれば立ち向かうしかない。
それは非常に苦しい道ですが。
選ばなければなりません。
ベル君と春姫なら大丈夫。
そう信じています。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたダンまち。 今回はまあ春姫ちゃんが救えるか。 その辺が重要になってきそうなんですが。 そのまえにベル君がやば...
はいやってきましたダンまち。 今回はもう一歩。 あと一歩というところ。 あと少しで春姫に手が届く。 そこまで行きました。 ...

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち 2期)みるならVOD

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち 2期) を見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にダンジョ...

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち 2期)見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち 2期)が見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする