【からかい上手の高木さん2(2期)10話感想】勘違いを本当にしたい

感想

はいやってきました高木さん。
今回は勘違いが中心のお話だったかなと。
勘違いされても良い高木さん。
勘違いされると困る西片。
その対比が良く出ていて良かったですね。
というわけでサクサク感想書いていきます。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • ああ勘違い
  • 勘違いされても良い高木さん
  • 勘違いされると困る西片

ああ勘違い。
とにかく高木さんと西片の対比。
それがすべてでした。
勘違いされても良い高木さん。
勘違いされると困る西片。
この二人の距離感。
非常にもどかしくて。
そして切なかった。
やっぱりどこまでいっても。
そうどこまでいっても。
からかいで終わってしまう二人の関係。
それで高木さんと西片も良いと思ってるんですよね。
そこがもどかしい。
でもこれ以上発展してしまう。
それだと世界観崩壊してしまいますからね。
程よい加減でした。
いやその程良さの加減が今回は絶妙でした。
本当にうまかったです。

勘違いされても良い高木さん

  • 勘違いされても良い高木さん
  • 余裕はあるが距離感は遠い
  • 辛いね

勘違いされても良い高木さん。
あれだけアピールしてるのに。
あれだけ積極的なのに。
あれだけ余裕があるのに。
それでも想いが伝わらない。
いや伝えるつもりはないんでしょう。
あくまでからかいとして。
西片をからかう方法として。
勘違いされる方法を選んでいる。
西片がどんな反応をするのかも分かる。
西片がどんな想いなのかもわかってる。
西片がどんな人間かもわかってる。
でも本当の想いは伝えない。
だからこその高木さんなんですよね。
そこがすごくもどかしい。
でもこれが高木さんなんですよね。
今回もドキドキさせてもらいました。
良かったです。

勘違いされると困る西片

  • 勘違いされると困る西片
  • 余裕がないから距離感は遠い
  • 辛いね

勘違いされると困る西片。
西片は高木さんの気持ち。
それが全く分からないんですよね。
だからこそ毎回負けてしまう。
そして毎回からかわれてしまう。
そして毎回ドキドキしてしまう。
西片がもう少し器用だったら。
そう思わずにはいられないんですが。
そうはいかないのがこのお話。
やっぱり西片は西片なんですよね。
どこまでいっても西片。
あの余裕のなさ。
みててやきもきしてしまいます。
やっぱからかわれるままで終わってしまうのか。
そこがとても切なくて。
そして苦しい。
本当に甘酸っぱい恋模様でした。

二人の距離感が絶妙すぎる

  • 二人の距離感が絶妙すぎる
  • もう付き合っちゃえよと
  • 切に思ってしまった

二人の距離感が絶妙すぎる。
今回は特に絶妙すぎた。
からかう高木さんが絶妙で。
からかわれる西片が絶妙で。
そして高木さんと西片がやり取りする度。
ドキドキしてしまう。
とにかくドキドキしてしまう。
その繰り返しだったんですけど。
もうね本当に。
高木さんと西片。
付き合っちゃえよと。
もう勘違いじゃなくてさ。
本当のことにしちゃえよと。
めちゃくちゃ思いましたね。
でもそうはならないんですよね。
あくまでからかいですませてしまう。
ここが高木さんのキモ。
そうだとは分かってるんですけれども。
今回は本当に二人の距離感が上手く出来ていた。
だからこそ騙されてしまう。
本当に二人がいるんじゃないかと。
それで私は二人を応援してるんじゃないかと。
だからやきもきしてしまう。
本当に今回はもどかしくて。
そして甘酸っぱい。
青春してました。

勘違いを本当にしたい

  • 好きという気持ちがからかいになった
  • だから勘違いも本当にならない
  • そこが尊くてもどかしい

尊い。
もうそれしかいえない。
好きという感情。
恐らく高木さんにもある。
そして西片にもある。
でもその言葉はいってはいけない。
あくまでからかい。
それで済ませてしまう。
そしてそれで済ませてしまうからこそ。
友達以上恋人未満。
だから今回も勘違いになってしまう。
本当になってしまわない。
そこがとてももどかしくて。
そして辛かった。
でもこの辛い想い。
それが高木さんという作品なんですよね。
本当は勘違いじゃなくて。
本当に本当にしたい。
だって高木さんはあんなにかわいいじゃないですか。
だって西片はあんなにかっこいいじゃないですか。
本当に応援したくなるんですよね。
だってこの二人は特別だから。
そう視聴者に思わせるだけで。
この作品は尊いんだと思います。

まとめ

  • 勘違いを本当にしたい
  • でもそれができないからこその高木さん
  • もどかしい

というわけでまとめてみました。
今回は良かったと思います。
本当に二人の距離感が絶妙でした。
いつもいつももどかしい二人の関係。
それがさらに濃縮されたような。
本当にもうね。
勘違いを本当にしたくなる。
そんなお話だったんですよね。
高木さんにも本当になってほしいし。
西片にも本当になってほしい。
でも現実は勘違いなんですよね。
ああどこまでもからかいで。
ああどこまでも勘違い。
それが本当に辛くて。
そして尊かった。
これが高木さんという作品。
これだというのをまざまざと見せつけてくれました。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました高木さん。 今回は珍しく高木さんが悩む回。 でしたが西片の存在がそれだけ光りましたね。 やはり二人は良いカッ...
はいやってきました高木さん。 今回はなんといっても西片。 見ましたか西片の勇気。 よくやったぞと。 本当に言いたくなった。 ...
スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする