【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝1話感想・考察】伝説と普通

考察

はいやってきましたマギアレコード。
いよいよ伝説が始まるのか。
そんな感じで超期待してはいます。
まあでも普通にやれば普通に良くなるとは思っているんで。
楽しく見れればと思ってはいます。
とりあえずは伝説と普通。
その間で悩まされる作品になりそうです。
頑張れマギアレコード。
応援しているぞと。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 伝説を超期待している
  • 内容は超普通だった
  • 伝説か普通か

超期待している。
前作は伝説だからね。
今作も伝説になってほしい。
でも今回はですね。
超普通だった。
謎もあったし。
バトルもあったし。
面白みもあった。
でも普通だった。
超普通というのはけなしてるわけじゃない。
むしろこれでいいと思う。
こうやって立ち上がってですね。
だんだん良くなっていく。
そういうもんだと思うんです。
で普通にならざる得ない理由もある。
ゲームという文脈もあるわけですからね。
だから応援しているぞマギアレコードと。
声を大にして言いたい。
伝説になってくれ。
でも普通でもいいけど。
伝説と普通の間で揺れ動いている。
そんな感じではあります。

今作の願いについて

  • 願いが秘密
  • 恐らく他人のために使った
  • 不幸になりそう

今作の願いが気になる。
まあまどマギといえば願い。
願いによって魔法少女がですね。
不幸になったり。
幸せになったり。
いや幸せはないか。
で大抵ですね。
他人のために願うこと。
それは不幸になる。
悲しすぎる結末。
でいろはは恐らく他人のために願ったと思われる。
その上で形式上は秘密になっている。
もうこの時点で二重に不幸になる要素ありあり。
まどマギでは結局救われる人も不幸になったり救った人もうまくいかなかったり。
まどマギでは結局秘密になっていることは地獄に繋がっていたりした。
いろはの未来は暗いと。
そう思っているわけですが。
それでも負けずに頑張ってほしいと。
そう願っています。

今作の救いについて

  • 今期は土地ですよ
  • 何もないが救いにつながる
  • 最終的には幸せになってほしい

今作の救いが気になる。
まあまどマギではですね。
鹿目まどか。
彼女自体が救いだったわけです。
でもマギアレコードではですね。
神浜市という土地が救い。
本当になにかあるのか。
戦うだけの魔法少女に救いはあるのか。
その辺がめちゃくちゃ気になるわけです。
最初鹿目まどかには何もなかった。
でも最終的には世界の救いになった。
今回も神浜市には何もなかった。
でもきっと最終的には救いになるはず。
まどマギでもマギアレコードでも何にもないは救いに繋がっていると。
そういう風に考えています。
最終的には幸せに繋がってほしいと。
信じています。

今作の絶望について

  • いろはの願いが絶望に繋がっている
  • 神浜市の無力さが絶望に繋がっている
  • 厳しさ溢れる予感があった

今作の絶望についてですが。
まあまずいろはの願い。
秘密と他人のための願い。
この二つの要素だけでですね。
地獄に繋がっている。
そう思うわけですね。
秘密にされていることは明かされたとき絶望へつながる。
他人への願いはろくなことにならない。
これはまどマギの鉄板なわけですから。
辛い結末になりそうです。
で神浜市の無力さ。
救いがあるのにも関わらずなにもない。
まどマギでも鹿目まどかも何もなかった。
そして何もなかったからこそ絶望した。
まあ最終的には救いに繋がっていたわけですが。
やはりその途中経過は何もできない。
人でも土地でもその無力さが絶望に繋がっていると思っています。
厳しさ溢れる予感が結構ありましたね。
辛いです。

普通について

  • まどマギの文脈
  • マギアレコードの文脈
  • 恐らく違うのではないか

普通ということについてちょっと触れたい。
とりあえず願いと救いと絶望について。
考察はしました。
でもですね。
これはあくまでまどマギの文脈なわけです。
まどマギで考えればこう。
ただそれだけ。
正直マギアレコードにはマギアレコードの文脈がある。
そしてマギアレコードの文脈を考えるとですね。
そこまでひどいことは出来ないと思っているんですよね。
それはまどマギとマギアレコードの違いがあるからです。
まどマギは物語のためにキャラを動かす。
マギアレコードはキャラのために物語を動かす。
そういった違いがあると思うんですよね。
マギレコにはゲームという文脈がある。
だからキャラに思い入れがある人もいると思うんです。
そしてその思い入れは当然考慮される。
よってまどマギのように物語のためにキャラをあえて捨てる。
いわゆるマミったりすることはできないと考えています。
なのでですね。
まどマギのような絶望は無く。
普通に落ち着くとも考えられるわけです。
1話は正直言って普通だった。
でも普通でもいいと思うんです。
そして普通でならない理由ももちろん考えられる。
伝説は伝説。
外伝は外伝。
区分けはあってしかるべきだと考えてるので。
まあどうなるかはまだ分かりません。
でも頑張ってほしいとは思っています。

まとめ

  • 普通だった
  • でも普通にならざる得ない理由もある
  • 伝説は期待しているけど

というわけでまとめてみました。
まあ私の感想としては。
普通だった。
でも普通にならざる得ない理由もある。
もちろんまどマギは伝説。
ほぼ完璧な物語だったわけですが。
まどマギは物語のためにキャラが使える。
でもマギレコはキャラのために物語を動かさざる得ない。
だからですね。
マギレコには縛りがあるわけです。
伝説になるためには物語主体で動かなければならない。
でもそれは出来ない。
もちろん伝説になるための予想はできますが。
まどマギの文脈で考えた場合のマギレコ考察。
それは全部水泡に帰しそう。
やっぱり伝説は期待してるけど。
普通でもいいんじゃないかと。
伝説と普通。
その間で揺れ動いています。
それでもマギレコには期待している。
頑張ってくれマギレコ。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたマギアレコード。 まあなんといえばいいのか。 一言で言えばぬるかった。 友情をさ。 もっと重いものとして扱...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする