【アニメドロヘドロ10話感想】暴力と明るさ

感想

はいやってきましたドロヘドロ。
今回はホール側にとって厳しい展開。
それが目立った回といえるでしょう。
非常にホール側には試練の時ですが。
こんなときだからこそ絆が試される。
非常に踏ん張りどころではあると思います。
是非是非カイマンとニカイドウには。
絆の力を発揮してもらって。
頑張ってほしいところではあります。
暴力に屈しない明るさを見せてくれ。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • ホール側にとって厳しい展開
  • だからこそ絆が試される
  • 一体どうなるのか

ホール側にとって厳しい展開。
今回はホール側にとって試練といえるでしょう。
とにかくドロヘドロといえば暴力なわけですが。
今回はホール側に対する暴力。
その雨あられが凄まじかった。
しかしこんな時だからこそですね。
絆が試される。
カイマンとニカイドウの絆が試される。
そんな展開になってくると思うんです。
このピンチを乗り越えてこそ。
カイマンはカイマンになれるし。
ニカイドウはニカイドウになれる。
ドロヘドロのもう一つの魅力はですね。
暴力に立ち向かう明るさ。
そこにあると思うので。
ジョークの一つでも言って。
カイマンにもニカイドウにも頑張ってほしいと思います。

煙ファミリーの恐ろしさ

  • 煙ファミリーの暴力
  • その恐ろしさ
  • 垣間見た回だった

煙ファミリーの恐ろしさ。
煙ファミリーの暴力。
その恐ろしさ。
それを垣間見た回でした。
いつもはほんわかしている煙ファミリーですが。
やるときはやると。
そしてやった時は恐ろしいと。
これでもかと。
本当にこれでもかというくらい。
見せてくれる回ではありました。
そしてこの厳しさもですね。
ドロヘドロの一面ではあるんですよね。
煙ファミリーには和むところも多かったですが。
今回は煙ファミリーの負の部分。
それが表現された回といえるでしょう。
そして負の部分も併せてですね。
煙ファミリーなのだなと。
心から思わせていただきました。

ホール側の厳しさ

  • ホール側の厳しさ
  • それがこれでもかと表現された回
  • 辛かった

ホール側の厳しさ。
それがこれでもかと。
本当にこれでもかというくらい。
表現された回といえるでしょう。
かなり辛かったですが。
これはもうですね。
ホール側の試練。
そう捉えるしかないですね。
このピンチを乗り越えてこそ。
ホール側の団結は深まるし。
さらにホール側は強くなると。
そう願うしかない。
まあそうは言ってもですね。
辛いものは辛いですけれどもね。
やっぱりドロヘドロの暴力。
容赦ないですからね。
見ているだけで痛々しかった。
かなり辛い展開でですね。
それでもなんとかホール側にはピンチを脱出してもらいたい。
その一心で祈っています。

試されるカイマンとニカイドウの絆

  • こんな厳しい時だからこそ試される
  • カイマンとニカイドウの絆
  • 応援してるぞ

試されるカイマンとニカイドウの絆。
こんな厳しい時だからこそ。
本当に厳しい時だからこそ。
試されるカイマンとニカイドウの絆。
こんなピンチだからこそですね。
カイマンには頑張ってほしいし。
ニカイドウには頑張ってほしい。
応援してるぞと。
切に言いたいですね。
やっぱりですね。
カイマンとニカイドウ。
二人は暴力に屈しない。
そんな強さを持っていると思うんですよね。
そしてどれだけ二人が暴力に屈しないか。
その強さを物語が試している。
その最中といえる。
そして最中だからこそ。
カイマンにもニカイドウにも。
本当に頑張ってほしいと。
思わざる得ないんですよね。
ここが踏ん張りどころだと。
切に言いたいです。

暴力に立ち向かう明るさ

  • 暴力に立ち向かう明るさ
  • これがドロヘドロのもう一つの魅力
  • 是非見せてほしい

暴力に立ち向かう明るさ。
私はですね。
ドロヘドロのテーマは暴力。
これだと思ってるんですけれども。
もう一つの魅力はですね。
暴力に立ち向かう明るさ。
ここにあると思っているんですね。
そして今回。
カイマンとニカイドウは。
その明るさを問われていると。
思うわけですよ。
どこまで暴力の暗さに屈せず。
明るく立ち向かえるか。
本当にジョークの一つでも言ってですね。
是非是非立ち向かってほしい。
そして雄姿を見せてほしいと。
思うわけです。
本当に。本当に。本当に。
ここが踏ん張りどころだと思うんです。
カイマンとニカイドウには頑張ってほしいと。
切に思います。

まとめ

  • 暴力の雨あられ
  • 暴力に屈しない明るさを発揮できるか
  • ここが重要ポイント

というわけでまとめてみました。
今回は暴力の雨あられ。
だったわけであります。
ホール側に降り注ぐ暴力の雨。
それは物語を暗くさせる。
非常に強い引力があったように思えました。
しかしこんなときだからこそですね。
暴力に屈しない明るさを発揮できるか。
ここが重要ポイントになってくるわけです。
だからカイマンとニカイドウにはですね。
是非是非明るさを発揮してもらって。
このピンチを乗り切ってほしいとですね。
切に。本当に切に思います。
暴力。そしてそれに屈しない明るさ。
このセットでドロヘドロ。
なので物語が明るい方向へ行くことをですね。
切に願っています。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたドロヘドロ。 今回は心と能井の絆の話でしたね。 やはり心には能井しかいないし。 能井には心しかいない。 そ...
はいやってきましたドロヘドロ。 今回は助けたくないカイマンと助けられたくないニカイドウ。 二人の消極的な感情が印象的でした。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする