【賭ケグルイ××(2期) 4話 感想】ギャンブルという土俵 福本作品で見る賭ケグルイ

感想

今回は芽亜里と陰喰三欲と陽喰三理が立つ土俵の問題。
その違いが顕著に出ていたギャンブルでした。
ギルブレスシャッフルという仕掛けに気づけるかどうかもポイントでしたね。
きちんと見抜けていた芽亜里は流石としか言いようのない。
最初から見抜いていたのもカイジとのスペックの違いを見せつけてくれました。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • ギャンブルと暴力の戦い
  • ギャンブルをしていた芽亜里が勝った
  • やはりギャンブルに愛を感じる漫画

作者のギャンブルに愛を感じた展開でした。
今回はギャンブルと暴力の戦いでしたけどギャンブルを制した芽亜里が勝った。
そう思うとなんか泣けてくるものがあります。
やっぱりギャンブルしてるほうが勝つんだなと。
恐らくですが他の百喰一族もギャンブルを軽視していてそれを制していく物語になるでしょう。
ギャンブルをしている夢子と芽亜里。
二人がどうやって百花王学園を制していくのか。
かなり見ものではありますね。

土俵の問題

  • ギャンブルで戦っている芽亜里
  • 暴力で戦っている陰喰三欲と陽喰三理
  • ギャンブルという土俵に立つものが勝ったという爽快感

福本作品でアカギとニセアカギが対峙して口論する場面があります。
そのときのアカギの台詞が以下。

タイプじゃない……土俵の問題だ……
おまえはまだギャンブルという土俵に上がっていないんだ……
だから脳みそからひねり出した確率なんかでギャンブルを計ろうとする……
見当違いもいいところだ……
背の立つところまでしか海に入ってないのに……俺は海を知ったと公言しているようなものだ

アカギ 闇に降り立った天才 第9話より

まさに今回が芽亜里と陰喰三欲と陽喰三理の立つ土俵を表していた勝負といえるでしょう。
芽亜里は五感をフルに使ってギルブレスシャッフルを見抜きました。
一方陰喰三欲と陽喰三理は暴力に固執するあまりこのゲームの本当の有利性を見抜けなかった。
その結果芽亜里の勝利で終わったというわけです。
つまり芽亜里はあくまでギャンブルという土俵で戦っていた。
しかし陰喰三欲と陽喰三理は暴力という土俵でギャンブルを考えていたため負けた。
ニセアカギが信望していたのが「確率」なら陰喰三欲と陽喰三理は「暴力」ということになるでしょう。

鈴井涼太が見せた意地

  • 南郷と鈴井に見る素直さ
  • 忠告を聞いたからこそ生き残れた
  • 死んだからこそ助かった

前回南郷と鈴井がかぶるといいましたがどちらも良い結果に終わりましたね。
南郷はアカギの忠告を素直に聞いたことで麻雀勝負で生き残りました。
鈴井も同じく夢子・芽亜里の忠告を聞いたからこそ生き残れました。
どちらも素直さがあったから勝ち取った勝利といえるでしょう。
ギャンブルといえば無頼というのがキーポイントですがきちんとギャンブルができる人間を見抜けるかどうかもポイント。
南郷も鈴井もギャンブルができる人間を見抜けたからこその勝利といえるでしょう。

芽亜里とカイジの野望

  • 芽亜里は生徒会長を目指す
  • カイジは兵藤和尊の打倒
  • 大本を倒すという野望がワクワクさせる

芽亜里とカイジの野望も気になるところですね。
芽亜里は生徒会長を目指すという野望。
そしてカイジも兵藤和尊の打倒という夢があるはずです。
どちらも最初は小悪党でしたがギャンブルをするにつれて成長し強くなっていく姿も似ています。
そしてギャンブルの大本の悪を叩くという野望がある。
そこに痺れましたね。そしてその夢を夢子に言う。
いわばカイジがアカギまでも倒してトップに立つと公言しているようなものです。
このシーンが個人的にはめちゃめちゃ熱かったです。
本当に夢に向かって頑張ってほしい。そんな希望があります。

芽亜里とカイジのギャンブルの構造を見抜く技術

  • 芽亜里は一瞬で気づいた
  • カイジはだんだんと気づく
  • 微妙にスペックの違いを気づかせてくれた回だった

芽亜里とカイジのギャンブルの構造を見抜く技術。
芽亜里もそうですがカイジも相手のイカサマの構造を見抜いてそれを逆手にとる技術が異常。
どちらもギャンブルの構造を俯瞰して見てきちんと対策を立てる姿は流石だと思います。
ただどっちが上とは一概に言えませんがやはり芽亜里のほうがスペックは上ですね。
ギルブレスシャッフルを一瞬で見抜いて有利に立つ芽亜里。
一方カイジはチンチロでも沼でも段々と気づいていき徐々に対策を立てていく。
芽亜里の勝ち方は華麗なのに対してカイジはどちらかというと泥臭い。
その泥臭さがカイジの魅力だったりするのですが。
ですがやはり芽亜里のほうが優秀なのかもしれませんね。
ただカイジの方がどん底に立ったうえでの勝負勘が異常なので。
そこらへん含めるとちょっとわからないかもしれません。
もし芽亜里とカイジが戦ったらどうなるんでしょうかね。
芽亜里が最初優勢に立ちつつもカイジが徐々に盛り上げてきそう。
そう思えばいい勝負しそうな感じはあります。

まとめ

  • ギャンブルと暴力の土俵の違い
  • 芽亜里とカイジのギャンブルの構造を見抜く技術
  • 鈴井も良かった

というわけでまとめてみました。
なかなかに白熱し戦いでしたね。
芽亜里の勝ち方の華麗さも良かった。
一瞬でギャンブルの構造を見抜く技術も流石ですね。
ここらへんのスペックの高さは異常。
そして生徒会長を目指すという野望。
夢子が上に立つのか芽亜里が上に立つのか。
そこらへんもきちんと見ていきたいですね。

今回はカイジの話も交えて語っていきます。 今回はアカギをカイジが助けるみたいなそういう展開になりました。 芽亜里は夢子より格下の...
とりあえずマジでギャンブルしろよ。これギャンブルじゃないだろマジで。 ただ今回は演技力勝負。と見せかけた買収ゲームみたいですね。 ...
スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする