【BEM(ベム)2話感想・考察】ベラの正義の心

感想

はいというわけでやってきましたBEM。
前回は非常に心配していた。
そういうアニメだったんです。
でも今回は良かった。
なにより人間の内面をきちんと掘り下げてた。
そこが素晴らしかったように思えます。
ちゃんとドロドロしてたというか。
ダークな一面が見えて満足するところが大きかったです。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 内面の掘り下げがきちんとしていた
  • ベラの心情もきちんと表現されていた
  • かなり良い回

今回はかなり良い回。
そういう印象を受けました。
何より登場人物の掘り下げがきちんとできていました。
だからこそのドロドロした表現。
ダークなストーリー。
表面だけおしゃれではないんだぜ。
そういうところをきっちり見せつけてくれました。
一番良かったのはベラですかね。
たぶん彼女は人間を憎んでいるからエレーンを襲ったわけじゃないんですよね。
あくまで愛しているから襲った。
人間が好きだからこそ非道なエレーンが許せなかった。
そういう感情が読み取れてとても良かった。
エレーンも敵役としては理想。
きっちり外道をこなしていましたね。
人のことを人と思わない。
その精神がベラの逆鱗に触れた。
そういうことでしょう。
楽しんで見れました。良かったです。

ベラの良さ

  • ベラは本当に人間が好きなんだなと
  • かなり感情移入できた
  • 良いヒロイン

ベラの内面の表現が良かったです。
今回かなり感情移入できましたね。
明らかにベラって正義の心でうごいてますよね。
人間ともうまくつきあっている。
スレてないところが魅力。
そんな風に思えました。
そして人間が好きだからこそ人間をないがしろにする。
そんなエレーンが許せなかった。
ここが一番のポイントですね。
手口が卑怯だったのも災いしました。
それでベラの逆鱗にエレーンは触れてしまった。
かなり緊迫したシーンで見ごたえありました。
しかしそれはあくまで正義の心で動いている。
ここの描写が素晴らしかった。
良い描き方だなと思っています。

エレーンの外道っぷり

  • 平気で嘘をつく
  • 人を人と思っていない
  • 自分の手は汚さない

エレーンは清々しい外道でした。
完全に振り切れてましたね。
平気で嘘をつく。
人を人と思っていない。
自分の手は汚さない。
外面は人間でも中身は完全にモンスター。
これはベラも怒るのは当然でした。
でも良い悪役だったと思います。
何よりベラとの対比が良かった。
友達もつくり人間を大切に思っているベラ。
友達をないがしろにし人間を何とも思っていないエレーン。
その明暗がはっきり分かれていました。
いわば真逆の存在なわけです。
だからこそ彼女は悪役にふさわしかった。
ベラのエピソードにふさわしい敵役でした。

ベラとエレーンの対比が良い

  • 人間を大切にするモンスターであるベラ
  • 人間をないがしろにする人間であるエレーン
  • 二人の対比が良かった

ベラとエレーンの対比が良かったんですよね。
前述はしてしまいましたけれども。
人間を大切にするモンスターであるベラ。
人間をないがしろにする人間であるエレーン。
この辺が皮肉が効いていた感じがします。
もうエレーンは中身はモンスターなんですよね。
内面でいえばベラに遠く及ばない。
ずっと人間を大切にせず生きてきた。
そんな悲しい存在でした。
そして妖怪なのに人間の心を持つベラ。
誰より大切に人間のことを想っている。
そして何よりも他人を想って行動する。
だからこそ真逆のエレーンが許せなかった。
だからこそエレーンを襲った。
ここが悲しすぎてそして熱かった。
本当にベラには人間になってほしい。
そう思えるエピソードでした。

ベラの思いやりがすごい

  • ベラは本当に人間が大事
  • 正義の心をもっている
  • 人間になってほしいと切に思える

ベラは本当に人間が大事。
そして本当に善人。
だからこそエレーンの嘘も信じてしまった。
そして罠に嵌められた。
これはベラが抜けているからじゃないんですよね。
あくまで人間を信じているから。
そして人間のことを想っているから。
でなければ学校の生徒になんかなりません。
そして裏切られたときのベラの辛さ。
そして人をないがしろにするエレーンへの怒り。
これは本物でしたね。
完全に変身したベラは醜い化物でした。
でも内面は誰よりも人間でした。
人間の心を持った化物。
だからこそ早く人間になりたい。
そういう作品のテーマも伝わってきて熱くなりました。

まとめ

  • 内面の描写が良かった
  • エレーンの悪役っぷりが見事
  • 誰よりも人間の心をもったベラに拍手

というわけでまとめてみました。
今回は特に内面描写。
そこが素晴らしかったように思えます。
さらにいえばベラの素晴らしさ。
ここが光りました。
散々語りつくしましたけれども。
しつこいけれども人間に憧憬を持っているベラ。
彼女の心の清らかさは本物でした。
エレーンとの対比も見事でしたね。
誰よりも人間を大切に思っている。
だからこそ早く人間になりたい。
そういう描写がみてとれて良かったです。
1話の時は非常に心配な出だしでした。
けれども2話はすごく良かった。
楽しんで見れて満足です。
というわけで次回も正座して待っています。

BEM始まりました。 感想としてはうーん難しい。 リバイバルって面白いのが多いんですけどね。 ちょっと良いところを見つけるのが...
毎回色々な意味でハラハラドキドキするベム。 正直リバイバルというだけで期待してる感じはある。 でも本当にどうなるんだろうな。 ...

BEM(ベム)みるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/07/17/bem/

BEM(ベム)見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
BEM(ベム)が見れるサービスの特徴やどのサービスがいいかといった
比較など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
それぞれのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする