【アニメ かつて神だった獣たちへ 4話感想】救われたアーティ

感想

はい始まりましたかつ神。
今回は救いのある内容でした。
まあアーティは残念でした。
でも本望だったように思えます。
結構爽やかだったかな。
というわけでサクサク感想書いていきます。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • ハンクの慈悲
  • シャールの優しさ
  • アーティの実直さ

今回は救いがありました。
何せアーティの願いが叶った。
そこが良かったですよね。
あれがなければ感動半減。
悲しみ倍増でした。
でもアーティは本当に実直だったんだなと。
人を犠牲にせず願いを叶えたかった。
そう思うとかなりこみあげてくるものがありました。
ハンクはまあ実質彼を倒したわけです。
けれども慈悲はありましたよね。
最期に海を見せてあげた。
そこはきっちり願いを叶える。
素晴らしい対応だったと思います。
シャールは相変わらず優しい。
どこまでも擬神兵に寄り添う姿勢。
彼女の心がくもらないことを願っています。
というわけでかなり良い回でした。
ナイスといえるでしょう。

ハンクは使命に縛られてるだけじゃないんだな

  • ハンクが心配だった
  • でも今回で安心した
  • やさしさもあるんだな

今回ハンクに安心しました。
ただただ昔の仲間を倒していく。
そういう使命にとらわれた男。
そうだと思ってたんですね。
だからアーティのことも冷酷に思っている。
そう考えてたんですよ。
まあ確かに今回実質倒したのはハンク。
そうではあるんですけどね。
でも最後にアーティに海を見せてあげた。
このシーンでかなりほっとしました。
やっぱり仲間だと思ってるんだなと。
そして仲間の願いを叶えてあげたんだなと。
きちんと情が見えた。
そこが良かったように思えます。
ハンクは本当に良いリーダーですね。
アーティも報われたように思えます。
良かった。

シャールは優しい

  • やっぱりシャールは優しいな
  • アーティのことをちゃんと考えてあげている
  • この心が曇らないことを願う

やっぱりシャールは優しいな。
そういう風に思っちゃいました。
まあ甘いって声もあるとは思います。
でも個人的にはヒロインはこれくらいでいいかなと。
もうハンクは厳しい態度で挑むしかないんですね。
だからあまり慈悲はかけられない。
今回はアーティの願いを叶えてあげましたけど。
ずっとこうだとは考えられないわけです。
時には残酷な結末も選ばなければならない。
そこでシャールには救いになってほしい。
そういう風に思っています。
でも心配なのはシャールはやさしすぎるんですね。
だからそれを擬神兵に利用されないか。
めちゃくちゃ心配になってきます。
そしてそれで心が曇らないか気になる。
純真なシャールであってほしいです。

アーティを始末しようとする人間たちが辛い

  • 少なくとも英雄だったわけじゃない
  • それにあの仕打ちってどうなのよ
  • 辛すぎる

アーティを始末しようとする人間たちが辛い。
正直言ってここが辛すぎた。
まあ絶対出てくるだろうなって人達。
だから覚悟はしてたんですけどね。
でも元は擬神兵だって人間なわけですよ。
それで国を守る英雄だったわけです。
なのにこの仕打ちはひどすぎる。
アーティが報われなさすぎますね。
まああの巨体じゃもう救いようがないですけど。
もっと辛いのはハンクですよね。
かつての仲間を始末しなくてはいけない。
そこは始末しようとする人間たちと同じなわけです。
でも想いは全く逆なわけです。
ハンクはなんとかアーティに救いを与えようとしてたんですね。
それを邪魔してやるなと。切に思います。
正直かなりつらく思ってしまいました。

アーティは幸せだったんじゃないかな

  • アーティは幸せだったんじゃないかな
  • 少なくともハンクには想われていた
  • 悲しい最期だったけれども

アーティは幸せだったんじゃないかな。
まあ寡黙な男だったみたいですけど。
きっと胸に秘めた思いは熱かった。
だからこそ人を傷つけなかった。
そして自分の夢を叶えようとしていた。
そこがとても良かったように思えます。
そしてそのことを隊長は分かっていた。
だからこそ海を見せてあげた。
あの瞬間アーティは救われたでしょうね。
巨体の割にとても小さな願いだったけれども。
それがちゃんと叶った。
正直ここで私の心は救われましたね。
だって悲しいまま終わるっていやじゃないですか。
やっぱりどこかで救われてほしい。
それがアーティにはあった。
それだけで本当に満足です。

まとめ

  • ハンクの慈悲
  • シャールの優しさ
  • アーティは幸せだったのではないか

というわけでまとめてみました。
まあなんといえばいいんでしょうね。
アーティは確かに犠牲になったわけですよ。
それは決して喜ばしい結末ではなかった。
でもですねハンクは決して彼を始末するだけではない。
彼を仲間として見ていたわけです。
それがあの海の情景につながる。
あの瞬間私の心も浄化されたわけですね。
ああよかったなアーティ。
アーティの小さな夢が叶ったんだな。
そしてアーティは救われたんだなと。
そう思うと悲しくも嬉しくなる。
爽やかな気持ちで見ることが出来ました。
本当にアーティは幸せだったんじゃないか。
そう思えてなりません。
というわけで次回も正座して待っています。

というわけで今回も始まったかつて神だった獣たちへ。 なんというか思っていた通りの展開というか。 それでもなかなかに魅力ある展開で...
はい始まりましたかつて神だった獣たちへ。 今回はまあ正義にとらわれたクリストファー。 彼の正義がただしかったのか。それは分かりま...

かつて神だった獣たちへみるならVOD

かつて神だった獣たちへを見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にかつて神だった獣たちへの見逃した回を見る方法をお教えします。...

かつて神だった獣たちへ見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
かつて神だった獣たちへが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする