【アニメ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿4話感想・考察】過程でなく結果が大事

考察

はいというわけで今回もやってきましたロードエルメロイⅡ世の事件簿。
前振りも一通り終わり、今回は本格的推理。
ということで皆さん犯人が気になるかと。
でも本題はそこじゃないんですねこのアニメ。
ではどういうところを見ていけばいいのか。
その辺のポイントを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 本格的推理
  • だが推理に意味はない
  • 私たちは眺めているだけでいい

結論から言うとこのアニメ。推理に意味はありません。
本格的推理パートを持ってくる。
そして前後半に分ける。
そのうえで視聴者に考えさせる。
そういった目的があるように錯覚します。
しかしこれらは全部必要ないです。
なんでも使える魔法の世界。
そこで謎解きしても意味はないんですよ。
だってそうじゃないですか。
いくらでも解釈のしようがある。
その中で事件の欠片を見つけて推理する。
砂浜で小石を探す様な作業です。
私たちは事の顛末を眺めてるだけでいい。
そういうアニメになってると思います。
なので私は推理不要説。
ここを推していきたいです。

見るポイントはどこ?

  • 魔術によって狂わされた人間の狂った理由をさがす
  • 魔術によって狂った人間の痕跡をたどる
  • 魔術によって狂わされた人間の結果を見届ける

私たちに必要なのはこの3つです。
魔術によって人がどう変わっていったのか。
そこにこの物語の重要なポイントがあるわけです。
魔術によって多数の犠牲を強いた犯人。
そんな犯人がどうして魔術という深淵に堕ちていったか。
ここが一番重要なわけです。
どのようなトリックを使い。
どのような犯人像が浮かび上がり。
そしてどのような犯行に及んだか。
これは全て魔術によって意味のない者になっています。
なので私たちがこのアニメを見るポイント。
それは魔術によって狂わされた人間の狂った理由を探すこと。
そしてどのようにくるっていったのかその痕跡をたどること。
そして犯人がどのような結果になるのかその顛末を見届けること。
そこが重要なわけです。
これらは事件解決の時明らかになるものです。
なので重要なのか推理じゃなくて解決部分。
前述したとおり眺めているだけでいいと言いました。
なのでまず結果を見て考える。
それがこの物語の正しい見方なのだと考えています。

魔術の持つ意味

  • 魔術は人間を狂わせるもの=犯人が狂った理由が大事
  • 狂った人間がどのような狂い方をしたのか=狂った痕跡がある
  • 魔術でくるった人間はどうなるのか=狂気は裁かれなければならない

とりあえず前述した3つが重要な理由を述べてみます。
まず犯人が狂った理由。
これは魔術という物がロードエルメロイⅡ世でどう扱われているのか。
そこをみればわかると考えます。
それは犯人を犯行に陥らせた理由。
つまり罪を犯すまで狂わせた証拠なわけです。
魔術は人間を非人間に変える。
そのようなものだと私は考えました。
ゆえに魔術がどう人を狂わせたのか。
その理由が大事だと考えています。
そして犯人がどのように狂ってしまったのか。
今回妖精や墓所といったキーワードがでてきました。
これは犯人捜しの道具。
つまり犯人をたどる過程ではない。
犯人が狂ってしまった結果。
つまり壊れてしまった痕跡と考える。
魔術を使って犯人がどう狂ったのか。
その狂気を内包する道具だと考えています。
そして魔術でくるった人間はどうなるのか。
やはり犯行に及んだ人間は裁かれなければならない。
罪の大きさに比例して罰を受ける。
そして犯人はまた罰を受け入れなければならない。
魔術によって壊れた犯人がどう罰をうけいれるのか。
そこを重要視してみることが大事だと考えています。

ロードエルメロイⅡ世の役割

  • 犯人が狂わされた理由=その欲を暴き出す
  • 犯人が狂った痕跡=その狂気を明らかにする
  • 犯人を裁く=その狂気を壊す

ここでロードエルメロイⅡ世の活躍がやっと重要になってきます。
やはり彼の役割も見るポイントにあわせて3つあります。
まず犯人が魔術によって狂わされた理由。
つまり動機を暴くことですね。
ホワイダニットというキーワード。
それがあてはまると考えています。
魔術によってどう人が狂気を内包するようになったのか。
そしてどのような欲があり犯人が事件を起こしたのか。
その欲を暴き出すのが彼の役割と言えます。
そして犯人が狂った痕跡。
今回は妖精や墓所。
そういったものがキーになってきます。
これらが犯人を狂わせたもの。
または狂わされた結果生み出されたもの。
であるとするならばそれらがどのような狂気を内包するのか。
その狂気の内容を明らかにするのが彼の役割といえます。
そして最後は犯人を裁く。
いったいどのような罰を犯人が受け入れるのか。
反抗するのかそれとも諦めるのか。
それに応じて彼が下す罰が決定しそうです。
というわけでロードエルメロイⅡ世の活躍。
それを楽しみに待ってるとします。

事件解決の結果が大事

  • 犯人当てゲームに意味はない
  • あくまで事件解決がメイン
  • その結果を見届けるのが視聴者の役目

とにかくこのアニメ、事件解決の結果が大事。
それは前述したとおりだと考えています。
ぶっちゃけ犯人当てゲームに意味はありません。
誰が犯人でトリックはこうで犯行はこうして行われた。
これらは魔術ですべて帳消しにされてるわけです。
だからあくまで事件解決を見るアニメと言えます。
つまり魔術で壊された人間という結果。
そしてその犯行という狂気の結果。
さらにいかに犯人が罪を受け入れるかという結果。
これらはすべて事件解決しないと見えてきません。
推理中ではないんですね。
つまり今回の回。
いってしまえばすべて前座なわけです。
そうだいな前振り。
それを見せられたということ。
なので重要なのは全部後半に持ってくる。
そして魔術という狂気。
それをきっちり次回では見せてくれると考えています。
事件解決パート。
楽しみにしています。

まとめ

  • 事件の推理に意味はない
  • 大事なのは事件の結果
  • それをただ見てるだけでいい

というわけでまとめてみました。
とりあえずロードエルメロイ二世。
その見るポイントが分かってくだされば幸いです。
もちろん推理したいという方もいらっしゃるでしょう。
正直言ってどうみるかは自由です。
なので私が言ったとおりに見る。
それが正解ではないわけです。
でも私がこのアニメのテーマを考えて出した答え。
それが推理しなくていい。
推理はこのアニメにとって蛇足。
そういう風に考えました。
なので次回はまず事の顛末を眺めて私がどう思ったか。
そしてどう考えたか。
それを重要視して考察・感想を述べたいと思います。
普通に楽しみたいならただ眺めているだけでいい。
そういう風には思っていますけどね。
どんな素晴らしい解決編が待っているのか。
今から楽しみでなりません。
というわけで次回も正座して待っています。

はいというわけでやってきましたロードエルメロイ。 今回もやたら知識がいる箇所が多い。 それでいてFate見てないと分からないんじ...
はいやってきましたロードエルメロイⅡ世の事件簿 今回は事件の解決編ということですね。 まあ凶器自体が狂気をもって暴れた。 ...

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteみるならVOD

※都合によりリンク削除致しました。ご了承ください。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace note見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteが見れるサービスの特徴やどのサービスがいいかといった
比較など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
それぞれのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする