【アニメ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿5話感想・考察】凶器の狂気

考察

はいやってきましたロードエルメロイⅡ世の事件簿
今回は事件の解決編ということですね。
まあ凶器自体が狂気をもって暴れた。
その末に起こった事件。
そういえるのではないかと。
なんとも寂しい結末でした。
でもウィルズはあれで幸せだった。
そういう風に思っています。
というわけでサクサク感想・感想書いていきます。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • 凶器の狂気
  • 一緒に連れて行ってもらえたウィルズ
  • 幸せの形

今回は凶器自体が引き起こした事件と言えます。
トレヴァー卿はダミーの犯人でしょう。
妖精とウィルズ。二人がいたからこそ起きた。
悲しい事件だったと考えています。
もちろん二人は利用されただけ。
悪意はないように思えます。
特にウィルズ。彼はかわいそうだった。
ナイフは法廷に立てない。
よって無罪でもいいはずでした。
でも実際はナイフ自体が責任をとった。
そしてこの凶器が起こした狂気。
それを収拾した。
責任感が強く義理堅い。
そんな人物だったように思えます。
妖精の世界は恐らく死者の世界。
ということでウィルズも無事では済まない。
でもそこに至る決断には意味があったように思えます。
良い回でした。

凶器の狂気

  • トレヴァー卿はダミー
  • 凶器時代が狂気だった
  • そして凶器自体が裁きを下した

今回は凶器の狂気が呼んだ事件。
トレヴァー卿は犯人。
ではありますがダミーだったように思えます。
全ては妖精とウィルズが一緒になる。
それが動機、そのための犯行。
そうしなければ収拾はつかなかった。
そういう事件だったと思います。
もちろん妖精もウィルズも歯車に過ぎません。
そしてナイフを法廷で裁くことはできない。
でもナイフというにはあまりにも意思を持ちすぎた。
そして多くの罪を背負いすぎた。
そのためにウィルズは重い決断を下した。
つまり凶器自体が裁きを下した。
誰も裁けないので自ら裁いた。
そんな重い事件でした。
こうなるのが運命づけられていたような。
そういう事件でしたね。

妖精の狂気

  • ウィルズと一緒にいたい
  • それが願いだったのではないか
  • たとえそれがウィルズの犠牲を強いるにしても

妖精の狂気。それはウィルズと一緒にいたいという狂気。
妖精なのにも関わらずウィルズに恋をしてしまった。
それが狂気の始まりだったのではないかと。
そういう風に思っています。
マーベリー工房の暴走。
そしてブラックドッグの群れ。
それらは一見攻撃的な刃物の切っ先。
そういう風に思えます。
しかし妖精が一途にウィルズを想ってやった結果。
そういう風にも取れます。
つまり一連の事件の流れ。
それを妖精は分かっていたのではないかと。
そして最後はウィルズと添い遂げること。
そのためにマーベリー工房を利用した。
彼女の胸中はウィルズとの恋。
そこに凝縮されていたのではないかと考えています。

ウィルズの狂気

  • 妖精と一緒にいたい
  • それが願いだったのではないか
  • たとえ自らが現世にいられなくなるとしても

ウィルズも妖精と一緒にいたかった。
そういう風に考えています。
妖精眼をもち、妖精に魅入られた。
それは狂気の一種なのかもしれません。
ナイフ自体には罪がない。
そうだと考えるのが妥当です。
でもナイフ自体に狂気があるのだとしたら。
それはウィルズが妖精に恋してしまったこと。
それが最大の罪とも言えます。
そしてその罪を自ら裁く。
そのためには妖精とともに暮らす。
妖精の国へと旅立つ。
それしか方法がなかった。
狂気を収めるには自ら狂気と一緒になるほかない。
そのような彼の決断が見え隠れする。
ウィルズは自らを裁き、そして犠牲になった。
信念の男といえるでしょう。

妖精と人間が一緒になるという狂気

  • 妖精はウィルズを想った
  • ウィルズも妖精を想った
  • その結果が凶器の狂気を収めた

妖精と人間の恋。それが一番の狂気だった。
そういえるのではないかと思います。
普通に考えて二人が一緒になることなんてありえない。
そして添い遂げることもありえない。
しかしそれを可能にしたのがマーベリー工房。
そしてそれによってできた妖精の門。
妖精はウィルズのことを想ってしまった。
そしてウィルズも妖精のことを想ってしまった。
それがどれだけ禁忌に触れるとしても。
でも二人の愛は本物だった。
だからこそ凶器の狂気を収めることができた。
そういう風に考えることが出来ます。
結局最後は妖精とウィルズ。
二人が自らに裁きを下した。
そういう事件だったように思えます。

まとめ

  • 凶器の狂気が起こした事件
  • 狂気を持つ者同士がともに添い遂げることで事件に幕
  • 辛く儚い事件だった

というわけでまとめてみました。
最期の結末が響きました。
全てこうなることを決定づけられていたような。
そんな事件ではありました。
全ては妖精とウィルズ。
二人の想いを添い遂げるため。
そのために事件が起こった。
そう思うとやるせなくなってきます。
ウィルズは自ら連れて行ってもらうことを選んだ。
これはウィルズの自分に対する裁き。
と同時に願望だったように思います。
そして妖精もそれを望んでいた。
禁忌の恋に触れるには自ら犠牲になるしかない。
そんなウィルズの覚悟が見えた回でした。
そして彼の覚悟は本物だった。
そう思います。
というわけで次回も正座して待っています。

はいというわけで今回もやってきましたロードエルメロイⅡ世の事件簿。 前振りも一通り終わり、今回は本格的推理。 ということで皆さん...
はいやってきましたロードエルメロイⅡ世の事件簿。 今回はゆるい女子回。それ以上でもそれ以下でもなかった。 なので感想・考察も...

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteみるならVOD

ロード・エルメロイⅡ世 魔眼蒐集列車 Grace noteを見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にロード・エルメロイⅡ世...

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace note見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteが見れるサービスの特徴やどのサービスがいいかといった
比較など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
それぞれのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする