【アニメ かつて神だった獣たちへ 8話感想】ベアトリスが辛すぎる

感想

はいやってきましたかつ神。
今回はベアトリス。
彼女の待遇が辛かった。
ただ歌が好きだっただけの女性。
それがこんな結末を迎えるなんて。
辛すぎてなりません。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 歌が好きだっただけの女性
  • それがこんな目に遭うなんて
  • 残酷すぎる

正直言って辛すぎる。
ベアトリス。
どうみても善良な擬神兵でした。
もちろん間違って暴走した。
そういった愚行はありました。
けれどもなにもなければ。
本当に穏やかな日を送っていれば。
こんなことにはならなかったはず。
今回はやりようがあったと思います。
救いの道もあったはず。
でもそれでも倒されなければならない。
それがかつ神の厳しいところ。
やはり始末される運命にある者たち。
今回は同情する点満載だっただけに。
本当に辛すぎる結末でした。
どうにかならなかったものか。
とても重い。重い犠牲でした。

ベアトリスは善良だった

  • 善良すぎる擬神兵
  • 倒される意味はあったのか
  • 厳しい物語だった

ベアトリスが善良すぎる。
本当に良い擬神兵でした。
それゆえに悲しみも大きかった。
本当に倒される意味はあったのか。
普通に逃げ延びる可能性はなかったのか。
そして倒されたとき。
それがあまりにも儚かった。
こんなにあっけなく葬られる。
そんな結末でいいのか。
疑問符ばかりが浮かびます。
でもかつ神の世界。
それは非常に厳しいことは理解しています。
もし別の世界線なら。
彼女は輝けたのかもしれない。
そう思うと悔やんでしまう。
やさしかったベアトリスだけに。
彼女の犠牲は辛すぎました。

表現という救い

  • 歌が彼女のすべてだった
  • それゆえに歌ってしまう
  • 表現という救いがあった

歌という表現が素晴らしかった。
それがベアトリスを輝かせていました。
歌が彼女のすべてだった。
そう思うと歌は彼女の救いなんですよね。
それゆえに歌わずにはいられない。
観客も消え、一人ぼっちになっても。
そうであっても歌わずにはいられない。
本当にその願いが切実。
そして悲しかった。
もし戦争がなければ。
もし平和な世の中だったら。
そう思わずにはいられません。
でも彼女が幸運だったこと。
それは歌という救いがあったこと。
歌に囚われてはいるが歌に救われている。
そんなジレンマが感じられて。
ベアトリスには同情せざる得ませんでした。

シャールの優しさ

  • シャールの優しさが染みる
  • 必死にベアトリスにまともな道を歩ませようとしていた
  • しかしその願いは叶わない

シャールの優しさが染みる。
今回は倍くらい染みました。
それはベアトリスが善良であったこと。
そしてベアトリスが歌という救いを持っていたこと。
だからこそ彼女にはまともな道を歩ませたい。
そして救いの道を持ってほしい。
だからこそシャールは今回人一倍やさしかった。
シャールはやはりですね。
擬神兵を一人の人間として見ている。
そして今回はそれが人一倍。
いや人百倍くらい際立っていました。
ベアトリスのことを見たら。
誰だって彼女には救われてほしいと思うはず。
シャールは本当に視聴者の代弁者でした。
ベアトリスには本当に救われてほしい。
でもその願いは叶わなかった。
そう思うと辛いです。

歌い切ったベアトリス

  • 苦しさの中で歌い切ったベアトリス
  • 魅力が際立っていた
  • 素晴らしい最期だった

歌い切ったベアトリスが素晴らしい。
本当に追い詰められ。
もう絶望的な状況。
味方はシャールしかいない。
それでも彼女は歌った。
そして歌い上げた。
その魅力が素晴らしかった。
一気にベアトリスが好きになった。
これだけ表現のことを分かっていて。
そして表現に賭けた者のことがわかっていて。
そして最高の最期を見せてくれた。
そこが本当に素晴らしくて。
拍手を送りたくなった。
あんなに悲しい場面なのに。
あんなに辛い場面なのに。
不謹慎ながら神々しく見えてしまいました。
良い最期だったように思えます。

まとめ

  • ベアトリス
  • 素晴らしい擬神兵だった
  • ありがとう

というわけでまとめてみました。
ベアトリス。
素晴らしい擬神兵でした。
非常に人間的で。
それでいて善良で。
優しい心をもっていた。
そう彼女は正気だったんですよね。
そこがとてもつらかった。
なぜ彼女が犠牲にならなければならなかったのか。
歌を歌いたかった。
もう一度みんなの前で。
それだけのことなのに。
それが出来なかった。
それがとても辛すぎる。
でも、それでもですよ。
最後には救いがあった。
そういう風に思います。
本当に良い話でした。
というわけで次回も正座して待っています。

はじまりましたかつ神。 シャールが生還。 これはめでたい。 ハンクはいったん退場。 ここはかなしい。 でも悲しんでばかりも...
はいやってきましたかつ神。 今回は主にハンクの葛藤。 そこに焦点があてられていました。 果たして彼の行く末は。 どうなるのか...

かつて神だった獣たちへみるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/07/01/katsukami/

かつて神だった獣たちへ見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
かつて神だった獣たちへが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする