【アニメ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8話感想・考察】イスカンダルという遠い存在

考察

はいやってきましたエルメロイ。
やはりというべきかやっぱりイスカンダルの影が濃くなった。
そんな回ではありました。
今後どのように展開していくのか。
楽しみではあります。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • イスカンダルの影が濃くなった回
  • やはりロードエルメロイⅡ世には試練の回
  • 自らに打ち勝つことが出来るのか

イスカンダルの影が濃くなった回。
なんといってもヘファイスティオンの登場。
これに尽きる回になりました。
いやなってしまったというべきか。
やはりこの事件。
ロードエルメロイⅡ世にとっては試練の回。
そして辛い事実を突きつけられる回。
そのようになってきそうです。
ずっと見せ続けられるイスカンダルの影。
やはり彼がそれをどう乗り越えるか。
そして解決に結んでいくのか。
そこが大きなポイント。
であると同時大きな障害。
ロードエルメロイⅡ世にとっての苦難。
それがどのように描かれるのか楽しみです。

イスカンダルの影、ヘファイスティオン

  • ヘファイスティオンとイスカンダルの影
  • ロードエルメロイⅡ世は夢を見せ続けられている
  • いずれも悲しい存在

ヘファイスティオンの存在が大きいです。
イスカンダルをずっと追い続けていたロードエルメロイⅡ世。
そしてイスカンダルの臣下であるヘファイスティオン。
どちらもイスカンダルに想いを寄せ続ける者同士。
やはりロードエルメロイⅡ世の気持ち。
どれだけイスカンダルを想っているのか。
そしてどれだけイスカンダルを召喚したいのか。
さらに聖杯戦争に賭ける想い。
それを試すために現れた。
非常にロードエルメロイⅡ世にとって苦慮するべき。
そんなサーヴァントと言えます。
そしてさらに言えば悲しい存在がまた増えてしまった。
イスカンダルの影を追うべき存在。
それがサーヴァントとなって表れてしまった。
そうとも言えます。
ヘファイスティオン。彼女の存在。
それもまたロードエルメロイⅡ世のように悲しく映ってきました。
捕らわれの心が解放される日が来るのか。
それとも捕らわれの心は捕らわれたままなのか。
そこも気になってくるところです。

やはりこの事件は鏡

  • ロードエルメロイⅡ世にとって鏡の事件
  • イスカンダルへの想いが試されている
  • 乗り越えるべき事件といえる

やはりこの事件はロードエルメロイⅡ世にとって鏡の事件。
彼が願ってやまないもの。その夢を見せ続けられる。
それは悪夢以外の何物でもありませんが。
今回はヘファイスティオンの登場。
これが第一の悪夢なようにも見えます。
と同時にイスカンダルへの想い。
それが試されている事件とも言えます。
これは前述しましたが。
付け加えるならば彼はまだウェイバーベルベッドなんですね。
ウェイバーのままイスカンダル。
彼に付き従っている。
そして彼の言われるまま生きている。
つまり子供のまま大人になってしまった。
もちろん成長する場面はあったでしょうが。
まだ心は捕らわれている。
その捕らわれた心。
そこを打ち破ることが出来るか。
鏡を割ることができるのか。
そこが重要なポイントですね。

犯人もまた鏡である

  • 犯人もまた鏡である
  • 犯人もまたイスカンダルの想いを持つ存在
  • そしてそれに焼かれてしまった

犯人もまた鏡であるというのがポイント。
つまりロードエルメロイⅡ世の映し。
それが犯人の正体である。
そして彼もまたイスカンダルへの想い。
そこに苦慮してる点が思い描かれます。
でなければヘファイスティオン。
彼女のような存在は生まないはず。
犯人が臣下である者を選んだ理由。
それはイスカンダルへの想いを持っていたから。
そこに違いはありません。
そして事件のホワイダニット。
犯人がイスカンダルのマントを持ち去った理由。
それはロードエルメロイⅡ世と同じくイスカンダルに焦がれていたか。
そして焦がれていてもとどかない。
それがイスカンダルという存在なのだと思います。

イスカンダルという遠い存在

  • あまりに遠い存在
  • 遠いゆえに想いをもってしまう
  • ロードエルメロイⅡ世の苦難は続く

イスカンダルという存在が遠くに描かれているのもポイント。
彼に会いたい。でも会えない。
ロードエルメロイⅡ世はイスカンダルのために苦慮している。
そしてイスカンダルにずっとあこがれを持っている。
しかしその背中があまりに遠い。
遠くて悲しくなる。
しかしまた遠いがゆえに。
想いを持ってしまう。
ずっと彼を追い続けてしまう。
そんな存在であるロードエルメロイⅡ世。
その姿が描かれた今回ではありました。
しかしこの苦難が圧倒的に良い。
そして響いてくる。
本当にロードエルメロイⅡ世を応援したくなる。
そして励ましたくなる。
イスカンダルに出会いたい。でも出会えない。
そんな彼の気持ちが濃く見えた回でした。

まとめ

  • ロードエルメロイⅡ世にとって苦難の事件
  • そしてロードエルメロイⅡ世が乗り越える事件
  • イスカンダルという遠い存在

というわけでまとめてみました。
どうしても濃くなってくるイスカンダルの影。
それをまざまざと見せつけられたような。
そんな回ではありました。
これはまさにロードエルメロイⅡ世の苦難の事件。
そして乗り越えるべき事件。
そういう風にとらえることができました。
ヘファイスティオンも悲しい存在でしたね。
ヘファイスティオンもまたイスカンダルの影に囚われている。
そして影に囚われた犯人に召喚されてしまった。
だからこその圧倒的なこの悲しさ。
辛い境遇。傀儡としてのサーヴァント。
イスカンダルがどれだけ遠い存在なのか。
それをまざまざと見せつけられた。
辛い回でした。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたエルメロイ。 今回は事件そのもの。 というよりは暗示させる内容。 そちらのほうに興味があります。 なのでそ...
はいやってきましたロードエルメロイⅡ世の事件簿。 なのにロードエルメロイⅡ世はお休み。スヤァ。 どういうことなの。 でも事は進...

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteみるならVOD

※都合によりリンク削除致しました。ご了承ください。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace note見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteが見れるサービスの特徴やどのサービスがいいかといった
比較など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
それぞれのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする