【アニメ 鬼滅の刃 21話感想】鬼を滅するとは

感想

やってきました鬼滅の刃。
今回は鬼を滅するとはどういうことか。
その哲学を見せてくれた回でした。
柱の捨てきった強さ。
そして炭治郎の溢れるような優しさ。
その対比が素晴らしく印象的な回でした。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 累の救い
  • 許す存在としての炭治郎
  • 裁く存在としての柱

染み入るような回でした。
なんといっても累の救い。
これが大きかったかなと。
冨岡が裁き。
炭治郎が許した。
そのような構図が見えてきました。
鬼であっても救いはある。
そして許しもある。
そう思うと圧倒的に敵の魅力が増してきました。
非常に敵の使い方が上手い。
そして何をすれば視聴者が感動するのか。
それを分かったうえでの累の最期。
那多蜘蛛山での家族の絆に綺麗に終止符を打ってくれた。
素晴らしい回であったと思います。
そして恐らく炭治郎は異端ではあるのです。
恐らく鬼殺隊の中では。
でもその異端さを活かして鬼を救ってほしい。
そう願ってやみません。

累の最期

  • 累は家族の絆を見出した
  • 家族は見捨てていなかった
  • 良い最期だった

累の最期が圧倒的に良かった。
ずっと考えさせられていた家族の絆。
それがどういう風に終止符を打つのか。
ずっと気になっていました。
まさか敵が見せてくれることになるとは。
想いも寄りませんでした。
これが累のたどり着いた道なんですよね。
そしてやさしい家族がいたからこその道。
累が人間だったときも。
累が鬼になった時も。
そして両親自らが犠牲になった時も。
ずっとそこに愛はあった。
むしろ愛しかなかった。
ないと思っていたもの。
それがあったと気づいた時。
累は救われたんだと思います。
あの世でも幸せになってほしい。
そう思わずにはいられませんでした。

裁く存在としての柱

  • 鬼に情はない柱達
  • だからこそ強く、美しい
  • 捨て去った強さがあった

裁く存在としての柱が切ない。
冨岡は累に情などありませんでした。
彼自体には情はあります。
だからこそ炭治郎と禰豆子を逃した。
そして協力した。
熱い、本当に熱い情を持つ男。
そんな男でも鬼には情はない。
そこが彼を強くしたいわれでしょう。
胡蝶も躊躇なく禰豆子を切ろうとした。
これは彼女が感情がないからではない。
むしろ鬼を切るという。
それだけに特化して生きてきたからこそ。
だからこそ自然に反応する行為。
柱達には鬼はただ切るべき存在。
シンプルな思考で鬼を見ている。
だからこそ強い。だからこそ美しい。
そこにあるのは他をすべて捨て去った。
そんな強さがありました。
柱の内面が見れた気がしていい回でした。

許す存在としての炭治郎

  • 鬼を許す炭治郎
  • だからこそ鬼に救いが生まれる
  • 異端であるが貴重な存在

許す存在としての炭治郎が尊い。
ただ鬼を切ることに特化した柱達。
それにくらべ炭治郎は圧倒的に優しい。
鬼すら許そうとしている。
そこは甘さなのかもしれません。
でもその甘さが圧倒的に染みてくる。
鬼も元は人間であり情を持っていた。
そこに気づかせてくれる炭治郎の存在は貴重でした。
彼がいたからこそ累の想いが圧倒的に響いてくる。
敵の描き方が圧倒的に深くなってくるんですね。
でも炭治郎は圧倒的に異端な存在であることも確かです。
鬼に情など持ち合わせない。
そちらのほうがシンプルに強くなる。
そしてシンプルに鬼を切れる。
それに比べ炭治郎の思想はやわらかすぎる。
そしてしなやかすぎる。
しかしそんな許す存在だからこそ。
炭治郎の持つ役割は大きいと思うんですよね。
ただの敵に情を与え思想を与える。
そんな炭治郎が主人公で良かったと心から思います。

鬼を滅するとはどういうことか

  • ただ鬼を切るだけが滅することではない
  • 許し救うことで完全に滅することができる
  • 炭治郎の哲学が認められることを祈る

鬼を滅するということが深すぎる。
ただ鬼を切るだけではたどり着けない。
鬼も元人間であり、良心をもっていた。
そこをみとめ許し救っていく。
それでこそ完全に滅することが出来る。
これは炭治郎の思想なんですよね。
正直言って甘い。
そして強くなれない。
捨てきれていない思想とも言えます。
事実捨てきった柱達。
その柱達が圧倒的な強さで描かれている以上。
シンプルに強く生きたほうがいいのかもしれません。
でも私は炭治郎の思想に同意したい。
そして炭治郎にそのまま強くなってほしい。
しなやかでやわらかい主人公だからこそ。
今回の累の最期も圧倒的に響いてきた。
だからこそ鬼が滅せられる度に。
響く最期を見せてくれる炭治郎。
彼の存在が本当の意味で「鬼滅」にふさわしい。
そんな存在になってほしいです。

まとめ

  • 裁く柱達
  • 許す炭治郎
  • 対比が響いてきた

というわけでまとめてみました。
裁く存在としての柱達。
柱は一体どれだけの数の鬼を切り。
途方もない修業をし。
そして鬼に対する情を捨てきってきたのか。
それが端々から感じられました。
強く孤独でかっこいい。
そんな柱という存在。
しかと見せてくれたと思います。
それに対し許す炭治郎。
彼は圧倒的に優しかった。
優しすぎるんじゃないかというくらい優しかった。
でもだからこそ本当の意味で鬼を滅することができる。
そんな資質が感じられた回でした。
柱と炭治郎。
その対比が素晴らしい。
どちらも間違いはないのだと思います。
私は炭治郎派ですが。
柱の存在も分かります。
というわけで次回も正座して待っています。

まさかまさかの展開。 完全に炭治郎の一撃が入ったと思ったのに。 こんなのってありなのか。 何と言えばいいのか。 ショックだっ...
はいやってきました鬼滅の刃。 今回は炭治郎と禰豆子の絆。 それが試されることに。 しかも味方の手によって。 ということで非常...

鬼滅の刃みるならVOD

鬼滅の刃を見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方に鬼滅の刃の見逃した回を見る方法をお教えします。 鬼滅の刃の見逃し配...

鬼滅の刃見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
鬼滅の刃が見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
VODのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする