【アニメ ヴィンランド・サガ8話感想】二人の対比が面白い

感想

はいやってきましたヴィンランドサガ。
今回はトルフィンとアシェラッドの対比。
そのようなものが見えた回ではありました。
二人がどのようなことを考えているのか。
そこがキーポイントとなってきそうです。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • トルフィンの成長
  • アシェラッドのやり手ぶり
  • 熱い戦いだった

渋くそして面白い。
いつも通りのヴィンランドサガ。
それを見せてくれました。
なんといってもトルフィンとアシェラッドの決闘シーン。
ここがとても響いてきましたね。
魔法も使わない。
派手な重火器もない。
覚醒した能力なんてない。
でもそれでも熱い戦い。
そしてそれぞれの思惑が見れる戦い。
それが見れるだけで。
それだけでこんなに盛り上がるのかと。
かなり興奮してしまいました。
トルフィンは成長している。
そしてアシェラッドは相変わらずのやり手ぶり。
二人の対比が面白くて。
どんどん見れる気がしてきました。
というわけでとても良い回だったと思います。

二人の考えが見れる決闘シーン

  • トルフィンにとっては永遠
  • アシェラッドにとっては刹那
  • トールズの時間の概念

二人の考え方が良く表れた決闘シーンでした。
ただバトルするだけじゃないんですよね。
それだけでなく二人がどのようにトールズを想っているのか。
その時間を推し量れる。
貴重なシーンになっていました。
こういう風にそれぞれの思惑が見れる。
それだけでバトルってぐっと良くなる。
そういうことが知れたシーンではありました。
トルフィンにとってトールズとの時間。
それは永遠なんですね。
だからこそずっとトールズの復讐にこだわっている。
時間の檻から出られないでいる。
しかしアシェラッドにとっては刹那。
戦闘のワンシーンでしかない。
だからこそ次に切り替えられる。
そして的確な指示を飛ばせる。
なので二人のトールズとの時間の概念。
それが全く違うわけです。
そこの対比が素晴らしかった。
良いバトルだったと思います。

大局を見ているアシェラッド

  • 常に大局を見ているアシェラッド
  • だからこそ首領を務められる
  • 彼らしい考え方だった

アシェラッドは大局をみているんですよね。
遠くが見られるからこそ色々なことを考えられる。
そして的確な指示を飛ばせる。
トールズのことが刹那の時間であったこと。
それはけっしてアシェラッドが非道だったからでも。
トルフィンを挑発したかったからでもなく。
この大局観にあると思っているんです。
常に大きなものを見ている。
だからこそ一人の犠牲。
それに注意を払っている余裕もない。
でも大きなことは見えている。
だからトルフィンのことも分かる。
それぞれの人となりも分かっている。
小さなことで物事を見ずに。
大きな流れでものを見ている。
そこがとても首領らしくて。
かっこいい男だと思いました。

一つのことに囚われているトルフィン

  • ずっとトールズのこと一つに囚われているトルフィン
  • だからこそずっと復讐の炎が消えない
  • それは正しい考え方なのか

ずっとトールズという一つのことに囚われているトルフィン。
だからこそずっと復讐の炎が消えない。
考えているのはアシェラッドへの復讐。
たったそれだけ。
それ一つのみを極めようとしている。
しかし、しかしですよ。
その一つのみに捕らわれているからこそ。
それだからこそ。
アシェラッドにいいようにあしらわれる。
そしてアシェラッドのいいように使われる。
そして多くの犠牲を出していく。
本当は敵などいない。
それが正解なのかもしれません。
しかしその考えにどうしてもたどり着けないトルフィン。
彼が本当に寂しく。
そして辛くもありました。
トルフィンが自由になれることを祈っています。

奴隷という考え方

  • アシェラッドは大局の奴隷
  • トルフィンは復讐の奴隷
  • それぞれが選んだ道

二人とも何かの奴隷なんですよね。
アシェラッドは大局の奴隷。
ずっと大きなことを考えている。
また考えていなければ休まらない。
次にどんな戦をするか。
次にどんな略奪をするか。
次はどんな作戦を立てれば有利になるか。
それを大局観をもち考えている。
だからこそ一つの時間は些細な出来事。
刹那の時間でなく永遠を生きているわけです。
しかしトルフィンは復讐の奴隷。
ずっとトールズの復讐。
それだけを考えて生きているわけです。
だからこそアシェラッドにいいように使われてしまう。
悲しい存在ではありますけどね。
つまり永遠でなく刹那の時間に囚われている。
しかしそれぞれが選んだ道。
どちらが正しいとも言えません。

まとめ

  • アシェラッドは大局を見ている
  • トルフィンは一つのことに囚われている
  • この対比が見事だった

というわけでまとめてみました。
二人の対比。それが響いてくる。
そんな回ではありました。
アシェラッドはもう首領。
そのポジションに囚われているわけです。
だから大局を見るしかない。
トールズのことなんて覚えちゃいない。
しかしトルフィンはずっとトールズにとらわれている。
だからずっと刹那のこと。
それを気にして生きている。
私はアシェラッドはアシェラッドでいいと思うんですよね。
首領としての考え。
それに縛られるのはやむなし。
よって大局の奴隷になるのもしかたない。
でもトルフィンはその考えを変えるべき。
でないとずっとアシェラッドにいいようにされるまま。
トルフィンの行く末が心配です。
まあどっちが悪いとかはないんですが。
あくまで私の考えではそうだというだけで。
ということで次回も正座して待っています。

はいやってきましたヴィンランドサガ。 今回はまあバトル回。 一番盛り上がるような形でしたね。 実際演出も素晴らしかったように思...
はいやってきましたヴィンランドサガ。 今回は何といってもトルケル。 かっこよすぎました。 しかも声優大塚明夫。 好きすぎる。...

ヴィンランド・サガみるならVOD

ヴィンランド・サガを見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にヴィンランド・サガの見逃した回を見る方法をお教えします。 ...

ヴィンランド・サガ見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
ヴィンランド・サガが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする