【アニメ 鬼滅の刃 22話感想】たった一匹の鬼とたった一人の家族

感想

はいやってきました鬼滅の刃。
今回は炭治郎と禰豆子の絆。
それが試されることに。
しかも味方の手によって。
ということで非常に苦しい回となりました。
この苦しみを乗り越えることが出来るのか。
非常に気になるところです。
というわけでサクサク感想書いていきます。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • 兄妹の絆が試されることに
  • しかも味方の手によって
  • 裁かれる兄妹

兄妹の絆が試されることに。
今回は非常に辛い回になってしまいましたね。
誰も炭治郎の味方をしてくれない。
誰も禰豆子が味方に見えていない。
であるならば。
ただ裁かれるしかない。
冨岡と鱗滝。
二人の情をもってしても覆らない。
この試練。
竈門兄妹はどう乗り越えるのか。
非常に気になっては来ています。
偽りの絆を打ち破ったと思いきや。
今度は本当の絆を試される事態に。
果たして運命は兄弟の味方をしてくれるのか。
それとも儚く散ってしまうのか。
かなり厳しい戦いが待っていそうです。

裁く者としての柱

  • 裁く者としての柱の存在
  • それが重くのしかかる
  • 強いがゆえに自我も強い

立ちはだかるのが裁くものとしての柱の存在。
柱の言い分は分かります。
今まで血眼になって倒してきた鬼。
それを仲間として見ろと言われたとき。
筆舌に尽くしがたい侮辱を感じたのではないか。
そういう風に感じています。
あれだけたくさんの人間を犠牲にされ。
そして自らの人生も壊されてきた。
であるならば反対するしかない。
厳しく裁くものとしての存在。
その役割を担うしかない。
柱は強い。
恐らくものすごく強い。
だからこそのこの強烈な自我。
鬼を滅するという哲学。
それをこれでもかというくらい。
見せてくれたように思えます。

守るものとしての炭治郎

  • 守るものとしての炭治郎
  • 炭治郎にとってはたった一人の家族
  • 守らないわけにはいかない

守る者としての炭治郎の存在が響いてくる。
炭治郎にとってはたった一人の家族。
であるなら傷つけるものは皆敵。
それが柱という存在であっても。
許すわけにはいかない。
禰豆子はたった一人の家族。
であると同時にたった一つの希望。
であるならば決して。そう決して。
傷つけさせるわけにはいかない。
絶対に妹は守る。
そんな炭治郎の心意気。
その熱気が画面越しに伝わってくる。
非常に緊迫した場面が続きましたね。
絶対に妹は守る炭治郎。
たとえそれが鬼であっても。
炭治郎のやさしい気持ちがが非常に伝わってきました。

柱にとっては鬼、炭治郎にとっては妹

  • 柱にとってはただの鬼
  • 炭治郎にとってはたった一人の妹
  • どちらが正しいのか

禰豆子の見え方が柱と炭治郎では違うんですよね。
そして違うからこそ相いれない。
柱にとってはただの鬼。ただの憎むべき敵。
であるからして炭治郎は哀れな少年にしか見えない。
ならば兄妹ごと裁くしかない。
竈門兄妹の想い。そんなものは関係ない。
いやむしろ絆が強ければ強いほど。
その哀れさが強まり疑念も強くなる。
ますます竈門兄妹が敵に見えてくる。
しかし炭治郎にとってはたった一人の妹。
絶対に守るべき存在。
であればたとえ柱であろうと。
妹を傷つけるものは許さない。
階級など全く関係ない。
家族の絆が炭治郎にとっては最優先。
そして禰豆子こそが唯一の希望。
しかしそうであればあるほど。
両者の溝は深まってしまう。
非常に辛いジレンマを感じました。

鱗滝と冨岡の情

  • 唯一いや唯二の理解者
  • 竈門兄妹の絆に賭けた
  • そこに漢気を感じる

鱗滝と富岡の情に涙。
組織にとっては鬼は敵。
そしてそれを守るものも敵。
であれば裁くしかない。
しかし、しかしですよ。
そんな規律を捻じ曲げて。
兄妹の絆に賭けてくれた。
そんな理解者がいる。
ここに感動しました。
お館様もここに心動かされたのではないかと。
そういう風に思っています。
たとえ分かり合えないような絆であっても。
それを護ってくれる存在。
それがどれだけ心強いか。
そしてどれだけ温かいか。
そしてどれだけ頼もしいか。
本当に鱗滝と富岡の情。
ここに漢気を感じました。
かっこよかったです。

まとめ

  • 柱にとってはただの鬼
  • 炭治郎にとってはたった一人の家族
  • その対比が印象的だった

というわけでまとめてみました。
たった一匹の鬼とたった一人の家族。
裁いてしまえばそれまで。
しかし許してしまえば自らの志が揺らぐ。
柱達にとっては難しい選択でしょう。
否定したくなるのも分かります。
炭治郎も痛々しかった。
妹との絆が深ければ深いほど。
その存在は哀れに見えて。
そして疑念を生み出してしまう。
本当に救いがない主人公。
こんなに真面目でこんなに優しいのに。
そして決して腐らずに信念を持っているのに。
運命は皮肉だと感じてしまいます。
でもまだ一筋の希望があるならば。
竈門兄妹は救われるべきでしょう。
というか救われてほしいと。
切に願っています。
というわけで次回も正座して待っています。

やってきました鬼滅の刃。 今回は鬼を滅するとはどういうことか。 その哲学を見せてくれた回でした。 柱の捨てきった強さ。 そし...
はいやってきました鬼滅の刃。 今回は柱の存在。 それがとても濃く表れていたように思います。 強くてかっこいい柱。 それがどん...

鬼滅の刃みるならVOD

鬼滅の刃を見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方に鬼滅の刃の見逃した回を見る方法をお教えします。 鬼滅の刃の見逃し配...

鬼滅の刃見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
鬼滅の刃が見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
VODのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする