【アニメ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿10話感想・考察】決意を見せてほしい

考察

はいやってきましたロードエルメロイ。
今回はついに寝坊助さんが起きましたね。
めでたしめでたし。
とはいかない模様。
一体どうなっていくのか。
というわけでサクサク感想書いていきます。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • 大きくほっとした
  • とともに大きく動く回
  • 次回は波乱が起きそう

大きくほっとしたとともに大きく動いた回。
ではあったんですけどもね。
まあですね個人的には。
やっぱりロードエルメロイⅡ世の覚醒。
ここが大きなポイントかなと。
ロードエルメロイⅡ世がいないと推理が進まないんですよね。
と同時に事件も解決できない。
事件の収拾は他の人間でもできると思うんです。
なにせ魔術師ぞろい。
警察の役目を担う人はごっそりいる。
でも名探偵の役割。
これは豊富な知識を持っているロードエルメロイⅡ世。
彼にしかできないこと。
であるならばロードエルメロイⅡ世が起きないと意味がない。
彼が起きたことで大きくほっとした。
と同時に大きく動く回になる。
そう予想できます。
次回は波乱が起きそうですね。
楽しみです。

ケイネスの役割

  • 追及するというより背中を押しているように見えた
  • ロードエルメロイⅡ世が自ら動こうとしているのか
  • 他人のためから自分のためへ

ケイネスの役割が気になります。
どちらかというとケイネスが出てきた理由。
それはロードエルメロイⅡ世を問いただす。
というよりは背中を押す様な。
ロードエルメロイⅡ世が自ら動く。
そのように仕向ける役割があったように思えます。
これはロードエルメロイⅡ世の中のケイネスの立ち位置。
それが変わったからだと考えています。
いままではケイネスへの負い目で行動していた。
それが今はイスカンダルへの想い。
そちらの方で行動している。
つまり他人のためから自分のためへ。
目的意識が変わったんですね。
だからこそのロードエルメロイⅡ世の決意。
ウェイバーとしての決意。
それを見せてくれたんだろうと考えています。
自分のために動くと誓ったロードエルメロイⅡ世の決断。
そこに注目したいです。

ヘファイスティオンの目的

  • イスカンダルの復活が目的か
  • ロードエルメロイⅡ世やグレイはおまけ
  • イスカンダルに伝えたい思いがあるのでは

ヘファイスティオンの目的が気になります。
やはり第一はイスカンダルの復活が目的。
そういう風に思ってるんですね。
ロードエルメロイⅡ世やグレイ。
それはおまけに過ぎないんだと考えています。
でなければあんな甘い対応はしないはず。
むしろヘファイスティオン。
彼女はロードエルメロイⅡ世やグレイが気に入っている。
どちらかというと手をかけたくない存在。
そうではないかと思っています。
信頼すべき主。そして尊敬に値する部下。
一方はロードエルメロイⅡ世。
一方はグレイ。
そんな二人の関係性を見てイスカンダルと自分に重ねている。
そういう風にも見て取れます。
つまりイスカンダルへの憧憬。
それで行動しているからこその手心のある行動なんですね。
これをみて私はイスカンダルの復活。
それが目的だと考えました。
そしてヘファイスティオンにも伝えたい思いがあるのではないか。
そう思っています。

化野菱理の目的について

  • 化野菱理がしたいことは事件の収拾
  • あくまで解決はロードエルメロイⅡ世の役割
  • 収拾すべきホワイダニットがあったのでは

化野菱理の目的って何なんでしょうね。
恐らく化野がしたいこと。
それは事件の解決ではなかった。
むしろ事件を収拾したかった。
ここで化野はあくまで名探偵ではないんですね。
警察として行うべきことを行った。
ただそれだけだと思うんです。
つまりあくまで事件の解決。
それはロードエルメロイⅡ世にしかできない。
であれば化野もまた容疑者であるはずなんです。
つまり化野が事件を収拾したかったホワイダニット。
動機があるはずなんですね。
そこが今回の事件の糸口になってくる。
化野には事件を収拾することで何らかのメリットがあった。
ここで推理するのは難しいですが。
恐らく時計塔がらみなのではないか。
そうは思うんですよね。
どちらかというと自分のメリットというよりは組織のメリット。
そちらを大切にしてそうなので。
個人の感情を優先して行動に出たというのはキャラクターに当てはまらない。
やはり法政科。
そちらにメリットがあることとして事件を収拾しようとしている。
というのが私の推理になります。

ロードエルメロイⅡ世の敵

  • 敵はやはり鏡なのではないか
  • ロードエルメロイと同じ目的を持つもの
  • であるならばイスカンダル絡みの動機ともとれる

ロードエルメロイⅡ世の敵の存在が気になります。
端的に言えば犯人。であるんですけれども。
恐らくですねロードエルメロイⅡ世と同じ目的を持っている。
それはイスカンダルの復活。
これは散々におわされてきた目的ですかね。
今回のヘファイスティオンの件でもわかることではあります。
恐らく間違いないかと思われます。
そしてその目的を達成するためには。
魔眼の力が必要。
または邪魔なのではないかと考えています。
いずれにせよ魔眼持ちは始末してしまおう。
そう考えるのが妥当ではありますね。
そして今回の件で化野もグルなのではないか。
つまり時計塔を巻き込んでの事件である。
そう考える線も出てきました。
イスカンダルの復活をもくろんでいる。
そして時計塔に深くかかわっている人物。
それがロードエルメロイⅡ世ともう一人いる。
そのもう一人が犯人である。
と私は読んでいます。

まとめ

  • ロードエルメロイⅡ世の決意
  • それが事件を解決していく
  • そういう物語になってきそう

というわけでまとめてみました。
まあですねやっぱり事件を解くカギ。
それはやっぱりロードエルメロイⅡ世の決意。
そこに現れていると思うんですよね。
ロードエルメロイⅡ世がどれだけイスカンダルに焦がれているか。
そしてロードエルメロイⅡ世の敵。
それをどれだけ憎く思っているか。
そしてどれだけ冷静に判断できるか。
そこが重要な手がかりだと思っています。
つまりロードエルメロイⅡ世は自分に勝つ必要がある。
自分と同じもう一人の敵。
敵の正体を暴いてこそこの事件を解決できる。
そういう風に私は読んでいます。
役者は揃ってきたわけでありますから。
あとは解決するだけ。
ロードエルメロイⅡ世には頑張ってほしいと思っています。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたロードエルメロイⅡ世の事件簿。 なのにロードエルメロイⅡ世はお休み。スヤァ。 どういうことなの。 でも事は進...
はいやってきましたロードエルメロイ。 今回は一気に解決へと導かれる回でした。 まあ予想はしてたんですが。 大分視聴者にも負荷の...

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteみるならVOD

ロード・エルメロイⅡ世 魔眼蒐集列車 Grace noteを見逃した方も多いのではないのでしょうか。 そんな方にロード・エルメロイⅡ世...

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace note見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 魔眼蒐集列車 Grace noteが見れるサービスの特徴やどのサービスがいいかといった
比較など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
それぞれのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする