【歌舞伎町シャーロック 6話感想】推理を削ってでも表現したかったもの

感想

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。
まあ小林寅太郎はかっこよかったという話。
人情を感じる熱い男でした。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 小林寅太郎は漢だった
  • かなりかっこよかったんじゃないかな
  • 推理とかどっかいっちゃったけど

小林寅太郎は漢だった。
そういう話。
まあね。
なんかもう探偵とか。
そういうのかなぐり捨てちゃって。
義理と人情。
そっちに特化しちゃった感じではありますけど。
まあこれが小林寅太郎という漢なのでしょう。
体力と気合で何とかする。
そしてどこまでもかっこわるく。
そしてどこまでもかっこよく。
落とし前を付ける。
そんなところが響きましたね。
子供たちを助けてるとき。
めちゃくちゃかっこよくみえました。
なんか推理ものとしてはどうかと思うけど。
まあそこはご愛敬ということで。
こういう話もあっていいよねと。
そういうことなんじゃないかな。
私はそう受け取った。

推理とか探偵とか関係なくね

  • 推理とか探偵とか関係ないよね
  • 気合と根性の話だよね
  • でもこの話でいい

推理とか探偵とか関係ないよねっていう。
まあまずね。
ツッコミどころから整理していく。
まあ実際さ。
普通推理期待するじゃん。
でもそんなのほぼなかったじゃん。
これどうなんと。
もうどうすればいいのと。
今回はさ。
どう考えても気合と根性の話。
小林寅太郎が漢だったという話。
もうね。
歌舞伎町シャーロックでやる意味あるんかと。
そこらへんが結構疑問に思った。
でもまあ思い返してみるとさ。
この話でいい。
この話でしかできない。
そんな味があったと思うんですよね。
そこがよかったです。

やっぱ推理より人情を大事にしてるのかなと

  • 推理より人情が大事
  • だからこそ小林寅太郎の話はこれでいい
  • そういうわけさ

推理より人情が大事。
そういうことだと思うんですよね。
今回は人との関係性。
具体的に言えば小林寅太郎との人との関わり合い。
それが最大限表現できる作りになっていました。
漫画家に対する情があり。
子供たちに対する情があった。
だからこそ漫画家との関わりで感動し。
子供達との関わりでさらに感動した。
この人情を最大限表現したかったから。
だからこそ小林寅太郎の話。
推理は無粋ということなのでしょう。
推理はどういうことなのと問われたら。
小林寅太郎だからいいのさと。
そう答えられる。
だからこそ今回は推理はあえて排除した。
人情を感じる作りにしたということでしょう。

頭より心を大事にしたいんじゃないかな

  • 推理という頭は今回いらなかった
  • それより小林寅太郎の心を表現したかった
  • だからこその今回の話

頭より心を大事にしたかったんじゃないかな。
今回推理が少なかった理由。
それは今回は心を大事にするエピソードだったから。
弱いものを一心に守ろうとする小林寅太郎の優しさ。
その心意気。
その漢気。
その不器用さ。
それを一心に表現したいから。
今回推理要素はかなぐり捨てて。
心に響く表現にしたかった。
だからこその今回の話。
推理という頭の部分。
この物語で一番大事だと思うんですが。
それをかなぐり捨ててでも。
やりたかった表現がある。
何より小林寅太郎を表現するために。
そういう風に私は捉えました。

小林寅太郎はかっこよかった

  • 小林寅太郎はかっこよかった
  • そこだけは事実
  • そしてそれがわかればそれでいい

小林寅太郎はかっこよかった。
もうねそこだけは事実。
そしてその事実を突きつけるために。
推理は削った。
削ったのは痛かった。
もう推理モノではなかった。
でもその痛さを我慢してでも。
伝えたかったもの。
それがこれでもかと。
本当にこれでもかというくらい詰まっていた。
実際小林寅太郎は推理で動く人間じゃない。
心で動く人間なんだ。
そのどうしようもなく探偵に不向きな探偵。
その不器用さとかっこよさを表した回。
であるからしてこれはどこまでも小林寅太郎の回なのでした。
お粗末様でした。

まとめ

  • 小林寅太郎をどこまでも表現した回
  • だからこそ推理は削らざる得なかった
  • 痛さを乗り越えて感動できた

というわけでまとめてみました。
まあね今回。
非常に難しいと思うんですよ。
どうしても推理を期待する視聴者。
それには響かない回だったかなと。
でも人情を期待する視聴者。
それにはこれでもかと。
本当にこれでもかと響く回でしたね。
本当に小林寅太郎をどこまでも表現した回でした。
だからこそ推理は削らざる得なかった。
それでも。
その痛さを乗り越えてでも。
表現したいものがあったから。
だからこの表現にした。
私にはその想い届きました。
非常に響く回だったように思えます。
個人的には大好きな回でした。
かっこよかったぜ小林寅太郎。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回はよかったんじゃないかな。 何よりルーシーがかっこよかった。 そこに尽きる。 ...
はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回は珍しくシャーロックがてこずってましたね。 まあそれだけアイリーンが強敵だったって...

歌舞伎町シャーロックみるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/10/15/kabukichosherlock/

歌舞伎町シャーロック見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
歌舞伎町シャーロックが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする