【アニメ Dr.STONE(ドクターストーン) 21話感想】スパルタな物語こそが希望

感想

はいやってきましたドクターストーン。
今回は千空がいつになく弱気だったんですが。
ちょっと心配になりました。
でもそんな時でも物語は主人公を見捨てない。
素晴らしい宝物に向けて。
是非是非千空には頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 千空の絶望と希望
  • けれども物語は決して主人公を見捨てない
  • ドクターストーンの祝福を見た

千空と絶望と希望が見えた回でしたね。
今回千空がいつになく弱気で。
めちゃくちゃ心配になりました。
どこまでも本当にどこまでも。
前向きで諦めない男。
そんな男が諦めるとき。
私は思わず嫌だと。
思ってしまったんですね。
でもそんな男。
今まで不可能を可能にしてきた男。
その名は千空。
彼を決して物語は見捨てなかった。
ドクターストーンの祝福を見た物語でした。
きっかけは偶然だったのかもしれないけれども。
それでも活路が見いだせたこと。
それは大きな前進といえるでしょう。
あっぱれといえるストーリーでした。
良かったです。

千空の絶望

  • 無理なものは無理だと諦める
  • それも男の運命なのか
  • これもまた千空の一面なのだろう

千空の絶望を見た回でした。
まあそれでも千空は次のこと考えていたので。
細かいこと言えば希望はあったんですが。
そして希望があるからこそ活路もみえてきたわけですが。
それでも千空が弱気になった。
無理なものは無理だと諦める。
こんな千空見たくなかったのですよ。
いままで不可能を可能にする男。
それが壊れてしまう。
はっきりいって滅茶苦茶つらかった。
でもまた理屈で見ると。
だめなものはだめ。
そうすっぱりと諦める。
それも男の運命なのかと思って。
少しまた別の千空を見た瞬間でした。
これもまた千空の一面だと。
そう思って納得しました。

しかし物語は千空を見捨てない

  • 物語は千空を見捨てない
  • きっかけは偶然だったかもしれない
  • でも偶然が運命を引き寄せた

しかし物語は決して千空を見捨てませんでした。
ここがドクターストーンの祝福。
そして今回こそが。
その希望に千空があやかるとき。
そうだと私は解釈しました。
きっかけは偶然だったのかもしれない。
でもスイカが役に立とうという。
その諦めない気持ち。
そして千空が何よりも前に進む姿勢。
それを見せてくれたからこそ。
それがあったからこそ。
偶然が運命が引き寄せた。
ここでも仲間に救われた千空。
千空がまた諦めないように。
物語もまた千空にあきらめさせない。
そんな運命を見た気がして。
とても熱い気持ちになりましたね。

千空がスパルタなようにまた物語もスパルタなのだ

  • 千空はどこまでもスパルタ
  • だから物語もまたスパルタなのだ
  • 今回は千空への激励回だったように思える

スパルタなのは物語もそうだと。
そう言い聞かせてくれる回でした。
千空はどこまでもスパルタ。
それは誰が見ても明らか。
しかしそれだけでなく。
物語もまたスパルタなんですね。
千空が諦めそうになっても。
決して諦めさせない。
むしろ前へ前へと。
ずっと前進していく。
どこまでも工作は一直線に進んでいく。
そして一直線に進むように千空へ命令する。
今回は千空への激励回だったように思えます。
お前は決して諦めるなと。
そのために希望をやると。
物語が主人公をスパルタに引っ張っているように見えました。
だから今回はどこまでもスパルタさせられている人間。
それは誰でもなく千空だったと。
そういうオチなんだと解釈しました。

そしてそのスパルタさに希望があった

  • 千空のスパルタに引っ張られている仲間
  • 物語のスパルタに引っ張られる千空
  • どちらも苦労しまた自分の意志で選んでいる

今回はそのスパルタさに希望がありましたね。
千空のスパルタさに引っ張られている仲間。
その構図は誰が見ても明らかでした。
しかし皆大変だけど楽しそう。
それはどこまでも希望があるからなんですね。
そして今回は物語が千空にスパルタを与えた。
それによってやることは増えたけれども。
千空は輝くような希望に満ち溢れていた。
それもまた自ら進んでスパルタの道を選んだからこそ。
登場人物が希望を持てばこそ。
また物語も登場人物を見捨てない。
だからこそ無限のスパルタ工作は続いていく。
そんな希望の循環構造をずっと見ていられる至福。
ここが何よりドクターストーンの魅力。
そして今回はその魅力にあふれた回でした。
どこまでも希望に満ち溢れた物語。
とても見ていて気分が良いものでした。

まとめ

  • 登場人物が希望を持っていれば
  • また物語も登場人物を見捨てない
  • 希望に満ちた物語だった

というわけでまとめてみました。
今回は登場人物が希望を持っていれば。
また物語も登場人物を見捨てない。
そういう構造だったように思えます。
常に悩み、苦しみ、頑張っていれば。
必ず祝福は与えられる。
これは物語だからこそ許される構造。
ではあるんですが。
これをずっとコツコツやってきたドクターストーンがやる。
何が何でもやる。
主人公が諦めそうでもやる。
そこに意味があったと思います。
どこまでも希望がある。
それはまた非常にスパルタな構図だと思うんですが。
そのスパルタさがとても良く。
また気持ちの良い物語だったと思います。
今回は、いや今回も最高の回でした。
ありがとうドクターストーン。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたドクターストーン。 今回はまあ携帯電話開発に向けてですね。 まあどういう風にやっていくのか。 こればっかりは...
はいやってきましたドクターストーン。 今回はですね。 まあそうはいってもやっぱり絆が重要。 そうは思うんですけどね。 千空に...

Dr.STONEみるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/07/05/drstone/

Dr.STONE見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
Dr.STONEが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする