【食戟のソーマ 神ノ皿(4期) 7話感想】仲間への敬意が二人の女王をわけた

感想

はいやってきました食戟のソーマ。
えりなとももという。
まあ女王対決でしたね。
そしてどっちの女王も素晴らしかった。
そしてやはりここでも重要になってくる絆の力。
やっぱり料理上での技術もすばらしいですが。
それ以上に熱いアニメにしようという心意気。
それを感じましたね。
良かったです。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • もものかわいいのこだわり
  • えりなの絆の力
  • 熱い戦いだった

熱い戦いでした。そして熱いアニメでした。
女性対決ということでどこかファンシー。
ではあったんですが。
そのファンシーさに負けない熱さ。
それを感じることが出来ました。
もものかわいいへのこだわり。
あくなき探求心。
まさに100点の出来のスイーツのお城でした。
それに対しえりなの絆の力。
田所への敬意と創真への敬意。
これがあったからこそえりなはえりなたり得た。
そしてももに対して120点の品を出せた。
まさに女王対女王の戦いでしたが。
やっぱり最後は絆の力。
これがものをいうことが証明され。
このアニメがどこまでも熱いテーマをもっていること。
それが証明されたようで嬉しかったです。
非常に熱い戦いでした。

もものかわいいへのこだわり

  • ももはかわいいを愛している
  • かわいいもももを愛している
  • 相思相愛の力

もものかわいいへのこだわりがすごかった。
ももはかわいいを愛している。
と同時にかわいいもももを愛している。
つまり相思相愛の仲なんですね。
だからこそもものかわいいの価値観。
それが正しくなり世の中をつくっていく。
そのかわいいの権化。
それが一番かわいくいられる場所。
それがパティシエ。
まさにかわいいの女王が一番愛される場所。
ならば勝たなくてはいけない。
絶対に勝たなくてはいけない。
その強い想い。
それが出たのがあの城なのだと思います。
ももの技術の技術は素晴らしい。
しかしその技術を支えているもの。
それがかわいいのこだわりだと知った時。
またキャラに深みが生まれて。
料理もまた輝いて見えた。
100点の品でありました。

えりなの絆の力

  • 田所へのあくなき探求心への敬意
  • 創真という違った価値観への敬意
  • まさに絆の力

えりなの絆の力が響きました。
田所へのあくなき探求心へのお敬意。
100点の先へ。
またその先へという。
常に前に進み続ける田所。
それをきっちりえりなは見ていた。
そして創真という違った価値観への敬意。
最初は拒否してしまったけれど。
今は立派な仲間として見ている。
だからこそ創真へのリスペクトもある。
この田所への敬意と創真への敬意。
それが組み合わさったからこそ生まれた一皿。
それはももの心理に深く響いたように思えます。
まさに絆の力で作り上げた一皿。
120点の品でした。

真の女王とは

  • 家臣への敬意
  • 他者への認識の違いが勝負の明暗を分けた
  • やはり仲間の力は偉大

真の女王とはなんなのかよく表現された回でした。
ももはかわいいの城。
それをたった一人の力で。
ただ己の信念を通じて。
表現する孤高の女王なんですね。
それに対しえりなはですね。
田所や創真という家臣。
その動向をいち早く察知して。
自分も変わることが出来る女王。
家臣への経緯があるわけですね。
ももの場合他の人間というのは敬意を払う対象ではない。
ただただかわいいという印象を持つ相手か。
また自分のかわいいをみとめてくれるギャラリーに過ぎない。
この他者への認識の違い。
家臣を自分の成長の糧とするのか。
それともただ自分を認めてくれる家臣ととるのか。
それが勝負の明暗を分けたわけです。
そしてえりなはその家臣。
対等な仲間として見ている。
やはり仲間の力は偉大だと感じさせてくれました。

仲間の絆を大事にしているのが良い

  • 仲間の絆を意識した作りが良い
  • とても心に響く
  • やはり良いアニメ

仲間の絆を意識した作りが良い。
前回は斎藤綜明という圧倒的な個。
それになりふり構わず仲間の力で対抗した。
そして今回もまた茜ヶ久保ももという圧倒的な個。
そこにまた仲間の力で対抗した。
この構図がとても響く作りになっていました。
一人で戦う料理バトルじゃない。
周りと協力する料理バトルなんだと。
でですね敵の方もですね。
きちんと哲学を持っているのが良い。
斎藤綜明は弱者への配慮がある気持ちの良い相手でした。
そして茜ヶ久保もももまたかわいいへのこだわりがある。
しかしそんなしっかりした思想相手に。
仲間の力で立ち向かう。
ここがとても気持ちいい。
熱いアニメになってると思うんですね。
本当に良いアニメだと再認識させてくれます。
良かったです。

まとめ

  • もものかわいいへのこだわり
  • えりなの仲間との絆
  • 気持ちの良い戦いだった

というわけでまとめてみました。
まあ今回も熱いファイト見せてくれましたね。
女性らしいファンシーな戦い。
そういう見方もあるんですが。
その裏にはしっかり仲間の絆がある。
そこがえりなの強いところでした。
しかしもももまたあっぱれ。
あれだけかわいいにこだわれる。
そしてあれだけ情熱を注げる。
あのスイーツの城。
まさに芸術品でした。
滅茶苦茶熱い戦い。
テンポがこれだけ良いのに思いが詰まっている。
めちゃくちゃ気持ちの良い戦いでしたね。
まじで毎回楽しみです。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました食戟のソーマ。 今回は個人の想いと仲間との絆。 その戦いだったように思えます。 非常に本格的な心の詰まった戦...
はいやってきました食戟のソーマ。 今回はですね。 ネガティブな結果をどう受け止めるか。 そういう話の方向に行きそうな感じがする...

食戟のソーマ 神ノ皿(4期)みるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/10/17/soma4/

食戟のソーマ 神ノ皿(4期)見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
食戟のソーマ 神ノ皿(4期)が見れるサービスの特徴やどのサービスがいいかといった
比較など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
それぞれのサービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする