【アニメ BEASTARS ビースターズ 11話感想】祈りを捧げたくなる

感想

はいやってきましたBEASTARS。
今回はまあレゴシとハル。
二匹の距離が一気に縮まった回ではあるんですよね。
もう一歩。あと一歩って感じ。
本当にね。
レゴシとハル。
是非結ばれてほしい。
今回レゴシがこれ以上ないくらい。
本当にこれ以上ないくらい。
かっこよかったわけですよ。
こんなかっこいいオスいないよって感じで。
最高のお膳立てだったわけですね。
だからハルには是非惚れてほしい。
肉食獣と草食獣の壁。
そういうのはあるのかもしれないけど。
でもその壁を是非超えて。
幸せになってほしいと。
思わず祈らざる得ない作りになっていました。
まあ本当に今後どうなっていくのか。
非常に楽しみにしています。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • レゴシとハルの距離が急接近
  • 出来れば結ばれてほしい
  • 難しいかもしれないけど

レゴシとハルの距離が急接近。
というかもうね。
ここで急接近しなきゃ。
どこで急接近するのと。
最高のシチュエーションじゃないですか。
出来れば結ばれてほしい。
難しいかもしれないけど。
というか実際今回難しさがあった。
おもいッきりあった。
どこまでも肉食獣と草食獣の壁。
それが邪魔をする。
それでも。
それでも祈らずにはいられない。
レゴシの純粋な気持ち。
それは本当だから。
これだけは譲れない。
レゴシはガチなんです。
ガチガチのガチなんです。
だから頼みますよ。
マジでと。
切に祈っています。

レゴシのこれ以上ないくらいのかっこよさ

  • レゴシはこれ以上ないくらいかっこよかった
  • これが本当のオスですよ
  • この雄姿見たかと

レゴシはこれ以上ないくらいかっこよかった。
これが本当のオスですよと。
一匹のメスのために命を賭ける。
それがレゴシの生きざまだと。
マジでこれ以上ないくらい。
これでもかと。
本当にこれでもかと。
レゴシの良さが表現されていました。
あれほどまでに必死で戦うオスの姿。
余りに切実。
その切実なその姿。
これで惚れないメスはいない。
私だったら惚れる。
惚れざる得ない。
ここまで自分のために頑張ってくれている。
そう思うと涙すら出てくる。
この雄姿見たかと。
目だけでなくてさ。
心に刻んだかと。
問いたい。
全人類に問いたい。
すごいオスの姿がそこにはありました。

ハルは惚れてくれ

  • ハルは惚れただろ
  • というか惚れてくれ
  • 頼むよ

ハルにお願いしたい。レゴシに惚れてくれと。
というか惚れただろ。
頼むから惚れてくれと。
滅茶苦茶言いたい。
ここまで危険を冒してまで。
一匹のメスのために戦うオス。
いないぜと。
本当にいないぜと。
草食獣の本能とかあるのかもしれない。
そういう距離感はあるのかもしれない。
というか事実ある。
というかあった。
ありまくりだよ。
でもさ。
もうその壁超えてくれと。
切に願っている。
本当に切に願っている。
ここまで一匹のメスを想うオス。
いないからさ。
頼むよと。
思わず祈りたくなった。

祈りを捧げたくなる

  • フィクションであることを忘れる
  • 本当に結ばれてほしい
  • ガチで祈っている

おもわず祈りを捧げたくなる。
この物語はフィクションです。
もう言われなくても分かっている。
こんな二足歩行の動物たち。
実際にはいないよ。
ガチガチのフィクションだよ。
でもねBEASTARSはさ。
余りにレゴシが一途だから。
その想いが余りに切なく。
そして人間的だから。
フィクションがフィクションでなくなってしまう。
本当に心情表現が良くて。
動物の姿なのに。
思わずこれが裸の魂の姿だと。
思わざる得ない。
そしてそんな裸の魂を見せたレゴシ。
素晴らしかった。
ガチでレゴシを応援したくなる。
そんな作りになっている。
今回はそれが特に顕著だった。
こんなかっこいいオスいないですよ。
だから頼むよ。
結ばれてくれと。
ガチで祈っている。

動物の壁を超えてほしい

  • 肉食獣と草食獣の壁
  • マジで超えてほしい
  • 愛し合うことこそ正解だ

動物の壁を超えてほしい。
肉食獣と草食獣の壁。
本気で超えてほしい。
肉食獣と草食獣。
愛し合うことは間違いじゃない。
愛し合うことこそ正解。
正解なんだ。
思わずそう言いたくなった。
これほど想いが強いレゴシなら。
レゴシであれば。
きっとハルを幸せにしてくれる。
不器用で。
情けなくて。
内気だけど。
こんないいオスいないって。
いやまじでさ。
だから結ばれてくれ。
頼むよ。

まとめ

  • レゴシのかっこよさ
  • ハルは頼むから惚れてくれ
  • ガチで祈っている

というわけでまとめてみました。
今回レゴシがこれ以上なくかっこよかったわけですよ。
いやマジでさ。
一匹のメスのために命を賭ける。
その行為。
尊い。
尊すぎる。
思わず幸せになってくれと。
切に祈りたくなった。
肉食獣と草食獣の壁。
それは実際ある。
めちゃくちゃある。
立ちはだかっている。
そこがめっちゃもどかしいけど。
何とか超えてほしい。
レゴシとハルには是非超えてほしい。
そう祈らざる得ない。
是非二匹には幸せになってほしい。
いやマジで。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたBEASTARS。 今回は滅茶苦茶熱い回だったというのがまず第一。 ゴウヒンが大好き過ぎるのが第二。 レゴシ...
はいやってきましたBEASTARS。 今回はジュノを通してレゴシとハルの関係。 それがより強調される作りになっていましたね。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする