【歌舞伎町シャーロック 12話感想】人情の回

感想

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。
今回はやはり人情ですかね。
私がこの作品で重要なテーマだと思っている所です。
人情を中心に物語が動いていたと感じました。
なので今回は歌舞伎町シャーロック以上に歌舞伎町シャーロックらしかった。
そんならしさを感じる作りになっていました。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 人情を中心に物語が動いていた
  • 歌舞伎町シャーロックらしさが出た回
  • 人情で湿っぽくなり人情で明るくなる

人情を中心に物語が動いていた。
人情は私が思っているこの物語の重要なテーマなわけです。
モリアーティのことを皆大事に想っている。
仇討ちは是か非か。
非常に難しい課題ではあります。
しかしモリアーティにですね。
それぞれのキャラクターがですよ。
モリアーティの行動に人情を感じていたのは事実です。
そしてさらにですね。
それぞれのキャラクターも人情をもってモリアーティのことを想っていた。
ここが非常に歌舞伎町シャーロックらしかった。
さらにですね。
パイプをめぐるドタバタ騒動。
ここでもやはりキャラクター達が一致団結してですね。
人情をもって事件に取り組んでいた。
なので最後は笑って明るく終わることができました。
人情で湿っぽくなり人情で明るくなる。
そんな歌舞伎町シャーロックの明と暗。
それぞれのらしさが際立った回といえるでしょう。

モリアーティの人情、モリアーティに対する人情

  • モリアーティの仇討ちに感じる人情
  • モリアーティに対するそれぞれのキャラクターの人情
  • 優しさが溢れる

モリアーティを取り巻く人情が印象的でした。
まずモリアーティの仇討ちに感じる人情。
モリアーティは非道だから事件を起こしたのか。
それは否ですよね。
むしろ良心に溢れていたからこそあの結果だった。
つまりモリアーティには人情があった。
そう読み取るのが正しいのではと私は解釈しています。
そしてそのモリアーティの行動に対するそれぞれのキャラクターの人情。
モリアーティは良い奴だった。
これ以上ないくらい良い奴だった。
そして良い奴だからこそ周りもモリアーティを強く想っている。
その強い想いがそれぞれに感じられてですね。
人情を感じざる得ない。
優しさが溢れる物語になっていました。

パイプをめぐるドタバタ騒動の人情

  • 皆が一致団結して取り組むという人情
  • ハドソン夫人の皆に対する人情
  • 明るく笑っていられる

パイプをめぐるドタバタ騒動の人情も見逃せませんでした。
皆が一致団結するという人情。
猫を捕まえるなんて余りにも軽すぎる内容。
モリアーティの騒動でそれどころじゃないのに。
それでもいつのまにか探偵たちは一致団結してしまう。
そこもまた人情。
そしてこの人情を誘い出したのは。
他でもないハドソン夫人の人情。
恐らく皆に明るくなってほしい。
そのための依頼だったように思えます。
人情が人情を呼び。
湿っぽい雰囲気から明るい雰囲気へ。
最後は笑って明るく終われたように思います。

落語の残念、人情の成功

  • シャーロックの落語の残念さ
  • 皆が事件に人情をもって取り組んだ証拠
  • 明るい失敗がそこにはあった

シャーロックの落語の失敗には理由があるんですよね。
今回はシャーロックの落語。
見事に残念な感じになっていました。
これはシャーロックの推理が残念だったというよりですね。
皆の連帯感を高めるための失敗だったと思うんですよね。
それぞれがそれぞれ人情をもって事件を取り組んだ。
皆が一生懸命だったからこそ落語に茶々が入れられる。
私はですねこれは明るい失敗だと思っています。
今まではシャーロックの鋭さが落語で表現されていました。
でも他の探偵がやっとですね。
シャーロックの鋭さに追いついてきた。
だからこその失敗だったように思えます。
なのでシャーロックは失敗しても事件の解決は成功。
皆が一致団結した結果だと言えるでしょう。

熱い人情がある男、ワトソン

  • 熱い人情がある男、ワトソン
  • モリアーティにもパイプにもシャーロックにも
  • これからもよろしく

何よりもワトソンの人情が際立っていました。
モリアーティにもパイプにもシャーロックにも。
それぞれ平等に熱い人情を持っている。
そんな良心の塊のような男。
それがワトソンだと。
今回は示してくれたように思えます。
そして誰よりも人情があるからこそ。
シャーロックの助けになりたい。
そんな思いも湧いてきたんだと思います。
私はですね。
シャーロックの落語には鋭さはあると思うんです。
それは事件に対する鋭い嗅覚が生んでいるんでしょう。
でもシャーロックの落語には人情がない。
どこまでも非常に犯人を追い詰めるから。
シャーロックは事件に興味があっても人間には興味がない。
でもそんなシャーロックでもですね。
ワトソンの人情で変わるのではないかと思っています。
是非是非シャーロックの人情のある落語。
みれればいいなと思っています。
そしてワトソン。
これからもよろしく。

まとめ

  • 人情で湿っぽくなり、人情で明るくなる
  • 歌舞伎町シャーロックらしい回
  • 人の優しさがそこにはあった

というわけでまとめてみました。
今回はですね。
人情で湿っぽくなり、人情で明るくなる。
そんな歌舞伎町シャーロックの明と暗。
それが良く表現されていてですね。
非常に歌舞伎町シャーロックらしい回。
であったと思うんですよね。
モリアーティのシリアスな事件。
パイプのコメディな事件。
それぞれに人の優しさが感じられました。
やっぱり歌舞伎町シャーロックのキャラクター。
それぞれ人情に溢れているように思えるんですよね。
そして最後に言いたいことがある。
言い忘れていたんだけど。
京極。お前絶対負けるなよ。
絶対負けるんじゃねえぞ。
それが私の京極に対する人情です。
というわけで次回も正座して待っています

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回のテーマは裏切りですかね。 お人好しなワトソンと京極。 二人の利用され具合が非常...
はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回はシャーロックとモリアーティの関係。 それが深く分かるようになっていた回でした。 ...

歌舞伎町シャーロックみるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/10/15/kabukichosherlock/

歌舞伎町シャーロック見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
歌舞伎町シャーロックが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする