【歌舞伎町シャーロック 14話感想】待ちわびた回

感想

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。
ついに。今回ついに。
京極大活躍。
この日をどんなに待ちわびたことか。
もうだめかと思った。
もう無理かと思った。
もうきついかと思った。
でも京極はそんな弱い男じゃないんだよ。
強くて、かっこよくて、出来る男なんだ。
嬉しくなる回ではありました。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 京極大活躍
  • この日をどんなに待ちわびたことか
  • 思わず嬉しくなった

京極大活躍。
もうねぶっちゃけね。
もうだめかと思った。
もう無理かと思った。
もうきついかと思った。
だって京極だよ。
あの京極。
活躍できるわけないじゃん。
ずっと駄目に決まってるじゃん。
もう無理に決まってるじゃん。
でもですねどっかで期待している。
心の隅で期待している私がいた。
そしてその期待に。
見事に応えてくれた。
この日をどんなに待ちわびたことか。
ぶっちゃけまじで嬉しかった。
ダメな京極も愛されるけど。
かっこいい京極がみたかったんだよ。
今回見れた。
私大満足。

京極がどんなに駄目だったことか

  • 京極最初かませかと思った
  • でもかませ以下の駄目野郎だった
  • 駄目すぎて愛おしい

京極がどんなに駄目だったことか。
もうね最初かませかと思った。
でもぶっちゃけかませですらなかった。
かませというには余りに愚か。
もう駄目じゃん。
何もかも駄目駄目じゃん。
でもね。
その駄目さが愛おしかった。
なんかこいつには頑張ってほしい。
なんかこいつには幸せになってほしい。
なんかこいつにはうまくいってほしい。
もうこいつ呼ばわり。
なんではあるけれども。
応援もしたくなっていた。
そんな京極というキャラ。
本当にどんだけ駄目だったことか。
その京極がまさかですよ。

かっこいい京極という矛盾した存在

  • かっこいい京極という矛盾した存在
  • しかしこれ以上ないくらい待ちわびた存在
  • 嬉しくなった

かっこいい京極という矛盾した存在。
しかしこれ以上ないくらい待ちわびた存在。
ああもう京極はダメダメなんだな。
そしてダメなまま愛するキャラなんだな。
もう諦めにも似た感情。
そしてこのままずっとダメなんだな。
今回も諦めていました。
でもですよ。
そんな京極が。
そんな京極がですよ。
めっちゃ頑張ってるじゃないですか。
そして無茶苦茶かっこいいじゃないですか。
なんなんだこれはと。
夢でも見てるんじゃないかと。
けれども。
そんな京極を見ていてですね。
今回は最高に気分が良かった。
ああこれがアニメを見る至福。
無理だと思っていたキャラがやってくれる。
こんな嬉しいことはない。
京極よ。
やってくれたぜ。

愛されるということ、かっこいいということ

  • 駄目な存在で愛されるということ
  • そんな駄目な奴がかっこよかったということ
  • 100点が120点になった

愛される存在からかっこいい存在へ。
京極はですね。
本当にダメダメなんですよね。
でもダメ過ぎて愛される。
キャラとしては100点のキャラでした。
本当に応援するにはこれ以上ないキャラ。
そしてそんなダメな奴がですよ。
ダメなままでも愛される100点のキャラがですよ。
めっちゃかっこいいじゃないですか。
こんなに嬉しいことはない。
思わず赤飯炊きたくなるような。
思わず小躍りするような。
思わず嬉しくなるような。
そんな120点の活躍。
それをしてくれた。
こんなに嬉しいことはない。
そしてこんな活躍の仕方を待っていました。
良かったです。

どんなに待ちわびたことか

  • 無理だと思ったことが
  • 無理じゃなかった
  • それだけで嬉しい

どんなに待ちわびたことか。
いやマジでさ。
京極はダメなキャラのまま終わる。
そんなあきらめにも似た感情。
それに支配されていたんです。
でもどこかでですね。
京極はやる存在。
そういう気持ちもあったんです。
そして今回ですね。
見事にそれに応えてくれた。
やってほしいと思われる展開をきっちりやってくれる。
それでこれだけ嬉しくなるのかと。
私の中での京極という存在。
それがきっちり大きくなっていくのを感じてですね。
非常に良かったように思えます。

まとめ

  • 待ちわびた回
  • あのダメな京極がやってくれた
  • この展開は強い

というわけでまとめてみました。
まあ今回はですね。
待ちわびた回でした。
あのダメだった京極がやってくれた。
本当にそれだけなんですけどね。
感無量といったところです。
本当にこの展開は強い。
いままでダメダメだっただけに。
そしてそのダメダメ具合がですね。
愛され具合に繋がっていただけに。
余計強い。
強すぎた。
応援していたキャラがですね。
きっちり応えてくれた。
歌舞伎町シャーロック見ていてよかったなと。
十分に。
いや十二分にですね。
思わせてくれました。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回はシャーロックとモリアーティの関係。 それが深く分かるようになっていた回でした。 ...
はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回はワトソン回だったかなと思います。 普段は良い人だけれどとほほなところが際立つ存在...

歌舞伎町シャーロックみるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/10/15/kabukichosherlock/

歌舞伎町シャーロック見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
歌舞伎町シャーロックが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする