【ハイキュー!! TO THE TOP(4期)3話感想】成長の回

感想

はいやってきましたハイキュー。
今回は成長の回でしたね。
日向はどんなことでも成長できる。
考え、努力し、結果を出す。
ボール拾いでもそれが出来る。
そのことに希望を持つ人もいるでしょう。
こんな苦境の中でも成長できるのかと。
感嘆させられる。
それこそが日向。
そのことにざわつくこともあるでしょう。
そんなことに一生懸命になっちゃって大丈夫なのと。
若干呆れられる。
それもまた日向。
でもどれもこれもひっくるめて日向なんだ。
それこそが日向という太陽なんだと。
今回は本当に嫌というほど。
教えてくれた。
日向を見ていると本当にですね。
自分も何かせずにはいられなくなる。
そんな響く存在だったように思えます。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 成長の回
  • 日向の一生懸命さが際立つ
  • 希望の持てる回

成長の回でした。
しかも日向の成長は運でない。
考え、努力し、結果を出した結果。
いわばつかみ取った成長。
ではあるんですよ。
そしてその掴み取ろうとする姿。
その姿が胸打つ。
日向の一生懸命さ。
それがものすごく際立っていました。
そしてその一生懸命さは周りにも影響を与える。
一生懸命何かをやっているならば。
また一生懸命な人間に伝わる構図になっている。
その構図も良かったように思います。
今回はたとえボール拾いでも希望をもってやっていればですね。
成長できるという。
希望の持てる回だったように思えます。
熱い。
それが全て。

日向の一生懸命さ

  • どんな場所でも成長できる
  • どんな時でも成長できる
  • どんな苦難でも成長できる

日向の一生懸命さが際立つ回でした。
どんな場所でも成長できる。
どんな時でも成長できる。
どんな苦難でも成長できる。
たとえボール拾いであっても成長できる。
そこがすごい。
そこがやばい。
そこが響く。
日向の成長は運ではない。
懸命に掴み取ろうとした結果。
その結果が出た。
そこが良かった。
そしてそんな一生懸命な主人公。
最高にかっこいいと思った。
そう思ったのは私だけではないはず。
滅茶苦茶日向を応援したくなる。
そんな回だったと思います。

日向の成長に周りも影響される

  • ボール拾いでも一生懸命やっている
  • ざわつくこともあるだろうし手伝いたくなることもあるだろう
  • それが日向だ

日向の成長に周りも影響される。
ボール拾いでも一生懸命やっている。
ただのボール拾いでも。
少しでも成長しようとしている。
その姿。
ざわつくこともあるだろうし手伝いたくなることもあるだろう。
私はですね。
どっちが間違いでもないとは思います。
むしろ全部正解だ。
日向に対する評価。
それは全て正解だと思う。
でもですね。
そんな賛否両論あわせて。
日向なんですよね。
ちなみに私は断然希望を持つ派。
こんなかっこいい主人公いるか。
しかもボール拾いだぜ。
いないっしょと。
切に言いたい。

成長とは掴み取るもの

  • 成長とは掴み取るもの
  • 待っていて来るものではない
  • 掴み取れ日向

成長とは掴み取るものだと教えてくれる。
ただ待っていて来るものではないと。
そう日向が教えてくれた。
日向は努力しろとか。
そういう説教はしないタイプだと思う。
でも背中で語ってくれる。
努力がどれだけ尊いか。
成長がどれだけ尊いか。
結果がどれだけ尊いか。
日向を見れば見るほど。
自らも成長したくなってくる。
そんな努力の塊のような男。
それが日向であり。
日向のアイデンティティだった。
是非掴み取ってほしい。
日向には。
何かを。
なんでもいいから。
頼む。

日向をみてざわつく

  • 日向の一生懸命さ
  • 自分はこのままでいいのかと思わされる
  • だからこそざわつく

日向を見てざわつくこともわかる。
私は日向に希望をもって見ている。
本当に日の光の様な。
そんな男。
憧れざる得ない。
しかし、しかしですよ。
日向を見てざわつく理由もわかる。
日向を見ているとですね。
自分は置いていかれるような。
そんな錯覚に陥る。
そして自分はこのままでいいのかと思わされる。
ボール拾いの日向。
一見やっていることは無為にみえる。
でもそんな無為の中でも。
チャンスを見出し成長する。
では無為の中にいない自分だったら。
もっと成長できるのではと思ってしまう。
それが日向という男。
熱い。
熱すぎる。
太陽の様な男だ。

まとめ

  • 日向の成長
  • それを嫌というほど
  • 浴びせられた

というわけでまとめてみました。
日向の成長。
それを嫌というほど。
本当に嫌というほど。
浴びせられた。
まるでシャワーのように降り注ぐ。
日向という太陽。
熱い。
熱すぎるぜ。
その太陽。
希望を持つ人もいるだろう。
ざわつく人もいるだろう。
私は希望を持った方だった。
こんな熱い男はいない。
そう思わせてくれる。
でもざわつく理由も分かる。
自分は努力が足りないんじゃないかと。
思わせてくれるその一生懸命さ。
そこにざわざわする。
でも賛否両論ひっくるめて。
日向という男だ。
その姿。
オンリーワン。
かっこよかったぜと。
切に言いたい。
ありがとう。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたハイキュー。 今回は悔しい回でした。 日向の悔しさがこっちにまで伝わってきてですね。 思わず共感してしまいま...
はいやってきましたハイキュー。 今回は人を認めることの大切さ。 ここがキーポイントだったように思えます。 そしてハイキューで人...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする