【ハイキュー!! TO THE TOP(4期)6話感想】追及する姿勢の大切さ

感想

はいやってきましたハイキュー。
今回は影山がどんなセッターなのか。
またどういうセッターになろうとしているのか。
そこが非常に重要なポイントだったように思えます。
そこで今回は影山の血に流れる哲学。
そこに焦点当てていければと思っています。
正直言って分からない点もあった。
しかしその分からなさも含めてハイキューらしく。
非常にハイキューらしい回でもありました。
というわけでサクサク感想書いていきます。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • 影山のセッター哲学
  • 大きく変革する予感がした
  • 最良のセッターとは

影山のセッター哲学がどういうものなのかが重要。
そして影山のセッターとしての価値観。
それが大きく成長しそうな予感を感じた回でした。
影山は違和感や試練があればあるほど考える。
そして考え方を変え成長していくセッター。
ではあるので飛躍を感じる予感がしたんですよね。
変わるのに大事なのは現在影山がどんなセッターなのか。
そしてどういうセッターになっていきたいか。
いわゆる自己分析とヴィジョン。
この二つが重要になってくると考えています。
そしてこの二つを追及しているからこそ。
影山は良いセッター足りうる。
最良のセッターとは何なのか。
考えさせられる回でした。

影山とはどういうセッターなのか

  • 自己を追及する
  • 追及した結果として他人もついてくる
  • 王としての自分を考えた結果民もついてくるセッター

影山がどういうセッターなのか。
まず影山とは自己を追及する。
良いトスとは何か。
良い司令塔とは何か。
良いセッターとは何か。
常に考え自分を最高の状態に持っていこうとする。
そしてまた追求した結果としてですね。
他人にも最高の状態を追及する。
常に自分を厳しい状態に追い込んでいるからこそ。
その結果を見て他人もついてこざる得ない。
典型的なのが日向だと思っています。
誰よりも自分に厳しい影山だからこそ。
日向はその姿勢を信じてついてくる。
王は自分を厳しく考えた結果民もついてくる。
そんなセッターだと思っています。

影山はどのようなセッターになりたいのか

  • 正直言うと分からない
  • 重要だからこそ分からせない
  • セッター哲学を追及してほしい

影山はどのようなセッターになりたいのか。
これは正直言うとわからない。
重要だが分からない。
いや重要だからこそ分からせないというべきか。
最良のセッターとは何か。
正直言ってそう簡単に見つかるものではない。
しかし全日本ユース強化合宿を通して考えるきっかけをつかみ。
今回の伊達工の試練の先に未来を見据えようとしている。
だからこその挫折、だからこその試練。
そして常にベストを尽くす影山なら。
絶対見つけてくれるはず。
是非セッター哲学を追及してほしいと。
切に願っています。

追及することが大事

  • ハイキューは答えは出さない
  • しかし大事なことは確実に教えてくれる
  • そこが良いところ

追及することが大事ということではないか。
ハイキューは答えは出さない。
最良のセッターの在り方。
これは千差万別であり。
答えは出ない。
影山が自分で見つけるしかない。
しかしですね。
影山が追及する姿勢を見てですね。
確実にそのセッター哲学に引き込まれる。
答えは出ないのに考えてしまう。
そしてまた追求するという努力することの大切さを教えてくれる。
ハイキューは影山に悟りは開かせない。
しかし努力し成長する姿勢を示すならば。
常にほほえみを持って応えてくれる。
そんな予感がするんですよね。
やっぱり努力自体がハイキューの大切さだと思っています。

影山に足りないもの

  • 完璧なセッターに見える
  • しかし完璧さこそが仇
  • 壊れたセッターを目指せ

影山に足りないものは何か。
分からないと言っても多少は足跡を残したいので考えたい。
まず私からみて。
影山は完璧なセッターに思える。
こういうと語弊はあるが。
常に完璧を目指すという意味で。
そしてそれを確実に実現してきたという意味で。
私は完璧と表現する。
しかしその完璧さこそが仇なのではないかと考えている。
どこかその完璧さを打ち崩し。
壊れた部分をつくる。
その壊れた部分こそ。
影山の個性となり実力になる。
そういう展開になるのではないかと予想しています。
壊れたセッターを目指せと。
私は言いたい。

まとめ

  • 影山のセッター哲学が分かる回だった
  • 追及する姿勢こそが素晴らしい
  • きっちりかっちり教えてくれたように思える

というわけでまとめてみました。
まあ簡潔に言えば。
影山のセッター哲学が分かる回でした。
そしてその哲学を考えるうえで。
自己分析とヴィジョン。
この二つが重要だとは思うんです。
自己分析の方は毎回伝わってくる。
しかしヴィジョンは見えてこない。
けれどもそのヴィジョンを追及する姿勢。
それこそがハイキューの伝えたかったもの。
努力の大切さ。
であると私は考えています。
きっちりかっちり今回も作品の重要テーマは守ったうえで。
影山を魅力的に見せていた。
そこが良かったように思えます。
影山がどう成長するのか。
楽しみにしています。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたハイキュー。 今回は日向と影山。 離れ離れになっていても二人は互いに高めあっている。 そこらへんが重要な回だ...
はいやってきましたハイキュー。 今回は影山の成長が伺えた回でした。 やってはいけないとやってもいい。 義務から許可への変化とい...
スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする