【歌舞伎町シャーロック 18話感想】罪のある作品

感想

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。
今回は後味悪い回ではありましたね。
シャーロックが寂しそうなのが印象的でした。
非常に辛い。非常に悲しい。
そんな回だったように思えます。
と同時に歌舞伎町シャーロックが持っている罪。
そこをしっかり指摘された回でもあり。
かなり重要な回だったかなとも思います。
とても面白いけど罪な作品。
それが歌舞伎町シャーロック。
辛いね。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 後味悪い回
  • 推理が必ずしも人の役に立たない
  • シャーロックが寂しそうだった

後味悪い回。
推理が必ずしも人の役に立たない。
むしろ害を与えることもある。
そこが一番のポイントだったかなと思います。
これはですね。
シャーロックのやってきた行為。
それを否定することになるんですよね。
そこが非常に悲しかった。
あんなに楽しくやっていた推理落語。
それが人を間接的に傷つけていたなんて。
私もショックでした。
シャーロックが何よりも寂しそうだったのが印象的です。
まあ一方的な逆恨みといえば逆恨み。
ではあるんですけどもね。
何とも言えない後味の悪さ。
とても心に残る回になりました。

推理が害になることもある

  • 一番心にきたポイント
  • シャーロックには厳しかったのではないか
  • 悲しい

推理が害になるということもある。
まあ一方的な逆恨み。
そうともとれる形なんですけどね。
シャーロックにとっては厳しかったのではないか。
シャーロックにとって唯一自分を表現できる場。
それが推理であり。
推理落語なんですよね。
その表現の場をですね。
真っすぐな形で否定された。
これってつらいですよね。
と同時に悲しかった。
私も毎回楽しみに見ていただけに。
明るい笑いを提供していたシャーロックがですね。
罰せられることがあるなんて。
ショックでした。

シャーロックにとって推理は遊びなのではないか

  • シャーロックにとって推理は遊び
  • それも真剣な遊びなのではないか
  • 笑いが否定された

シャーロックにとって推理は遊びなのではないか。
私はそう感じているんですよね。
いや遊びといっても片手間にやるものではなく。
自分を全身全霊かけてやるもの。
それが推理なんだと思っています。
つまり真剣な遊びなわけです。
そして全力でやるからこそ笑いが生まれ。
全力であるからこそ推理がさえる。
そんなものでなければならない。
それが覆されたのが今回なんですよね。
悲しいことにシャーロックの全力の笑い。
その笑いが否定された。
これはやっぱりシャーロックにとってはですね。
大きな出来事だったように思えます。

余興の部分を否定された

  • 歌舞伎町シャーロックの持ち味が余興
  • 大事なものを否定されたように思える
  • 罪な作品だなと思った

歌舞伎町シャーロックの持ち味の余興も否定されたわけなんですよね。
歌舞伎町シャーロックってですね。
真剣な事件をですね。
おちゃらけた余興のようにやる。
その遊びの部分が何より大事でですね。
そこに歌舞伎町シャーロックの魅力が溢れているわけです。
なので歌舞伎町シャーロックにとって推理は余興なんですね。
真剣な余興。
そして笑いがあるからこそ事件も真剣にみられる。
事件があるからこそ笑いもますます引き立つ。
でもその余興で人生を左右される人間もいる。
そして遊びで自分の人生壊されたらたまらないわけです。
もちろん歌舞伎町シャーロックの遊びは真剣な遊びなわけですけれども。
それでも歌舞伎町シャーロックの大事なものを否定された。
余興が笑いで溢れれば溢れるほど。
遊びが真剣であればあるほど。
人を傷つけてしまう。
罪な作品だなと思いました。

今回は罪を突きつけられた

  • シャーロックの持つ罪
  • 作品の持つ罪
  • 視聴者の罪

今回は罪を突きつけられた回でした。
まずシャーロックの持つ罪。
真剣な事件を落語のようにやる罪。
しかしその罪を分かっていても。
シャーロックは真剣に遊びの推理落語をやるしかない。
深い業を感じた回でした。
そして作品の持つ罪。
いままで真剣な事件をですね。
余興として扱ってきた罪。
しかし事件が真剣であればあるほど。
ますます笑いは加速してしまう。
業の深い作品だと感じました。
そして歌舞伎町シャーロックを見てですね。
笑ってしまう視聴者の罪。
いままで散々笑わせてもらいましたが。
その余興が人を傷つけていたなんて。
笑っていた私はなんなんだという。
そんな罪の意識。
しかし罪が深刻であればあるほど笑ってしまう。
そこがやっぱり視聴者の業かなと思いました。

まとめ

  • 作品の構造の持つ罪を指摘された回
  • しかし作品は止まることはできない
  • 果てしない笑いの追及は続いていく

というわけでまとめてみました。
今回は作品の構造の持つ罪を指摘された回でした。
あんなに楽しかった推理落語。
あんなに楽しかった人情話。
あんなに楽しかった笑いの雰囲気。
それが全て罪に変わってしまう。
しかしですね。
それでも歌舞伎町シャーロックは止まることが出来ない。
むしろ事件が真剣であればあるほど。
事件が深刻であればあるほど。
ますます歌舞伎町シャーロックの笑いは加速する。
事件を追及し笑いを追求する。
たとえ犠牲を払ってでも。
悲しい回ではありました。
けれども歌舞伎町シャーロックの本質を今回見事に表していてですね。
非常に良い回だと思いました。
シャーロック、これからも推理落語を続けてくれ。
私も罪を背負って笑うからさ。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回はモリアーティ回ではありましたね。 復帰したモリアーティがどんな役割を担っていくの...
はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回はかなり重要な回だったかなと。 キーワードはモリアーティの闇。 そしてシャーロッ...

歌舞伎町シャーロックみるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/10/15/kabukichosherlock/

歌舞伎町シャーロック見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
歌舞伎町シャーロックが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする