【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝7話感想・考察】理想と自由

考察

はいやってきましたマギアレコード。
今回は理想と自由の戦いだったかなと思います。
マギウスの翼の理想は魔法少女の悲願。
ではあるんですがやはりそこが怪しさに繋がっている。
一方いろは達は個人の感情が優先される。
けれどもそこには理想に縛られない自由はある。
理想にすがりつきたい魔法少女もおり。
また自由になりたい魔法少女もいる。
それぞれの考えが印象的な回だったように思えます。
というわけでサクサク感想・考察書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • マギウスの翼の理想が人を惹きつける
  • いろは達は今一時を感じ自由に生きる
  • 理想と自由の対比が響いた回だった

理想と自由の戦いだったのかなと。
マギウスの翼の理想。
非常に崇高なものではありました。
願い叶えればまさに願ったりかなったり。
そして崇高な理想があるからこそ。
魔法少女達はマギウスの翼についてくる。
たとえその理想がどれだけ怪しくても。
一方いろは達は今一時を生きている。
もちろんそれぞれに思惑はあり。
叶えたい願いもあるとは思います。
でもそれよりは今を生きて自分を突き通すこと。
自由な考えに重きを置いているのではと感じました。
この理想と自由の対比。
それぞれが響いた回ではありました。

マギウスの翼の理想

  • マギウスの翼の理想
  • あまりに怪しすぎる
  • けれどもやっている本人たちは本気なのではないか

マギウスの翼の理想。
まず第一の私の印象としては。
怪しすぎる。
その理由としては。
余りに理想が崇高すぎるから。
叶ってしまえばそれは素晴らしい。
そのままの意味で願ったり叶ったりなのですが。
恐らく魔法少女達は理想を求められる代わりに。
自分の身を削る代償を支払われる。
しかし理想はまだまだ遠い。
叶わぬ理想、払われる代償。
いわばそれってマギウスの翼に騙されているということだと思うんです。
しかしマギウスの翼の恐ろしいところ。
それはトップももしかしたら自分たちを騙して本気でやっているところ。
本当に騙しているだけだったらまだ反省できるんですが。
本気でやっているとなるともう反省のしようがない。
いくとこまでいった組織がマギウスの翼なのでしょう。

いろは達の自由

  • いろは達は今一時を生きている
  • そこに自由がある
  • これはこれで軽やかな生き方

いろは達の自由。
いろは達はまずそれぞれに思惑もあり。
別に考えずに生きているわけじゃない。
そこははっきりさせたところで。
それでもいろは達は今一時のために生きていると私は考える。
どう一日を過ごすか。
どう友人と楽しく過ごすか。
どう魔女と戦うか。
まず今のことを考える。
それはマギウスの翼に比べれば小さな存在なのかもしれない。
しかしそこには圧倒的自由がある。
いろは達の生き方はささやかながらも。
軽やかな生き方なのではないかと思っています。

理想は人を疲弊させ、自由は人を軽やかにする

  • マギウスの翼の理想は人を疲弊させる
  • いろは達の自由は人を軽やかにする
  • 幸せな生き方を問われている

理想は人を疲弊させ、自由は人を軽やかにする。
マギウスの翼の理想。
それは素晴らしいんですが。
理想を追う魔法少女はあまり幸せそうには見えない。
これは何故かといわれると。
恐らく常に理想を追う代わりに代償を支払われるから。
だから身を削っていくしかない。
それは自分自身の首を絞めることになる。
一方いろは達の自由。
一見するとその日暮らしで。
マギウスの翼に考えは遠く及ばないように見える。
でも今一時を一生懸命生きることで。
そこに軽やかさが生まれ。
少しでも幸せをかみしめることが出来る。
少しでも一日をよく生きれれば。
少しでも友達と仲良く過ごせれば。
少しでも魔女を多く倒せれば。
それは十分幸せな生き方なんじゃないかと考えました。

理想のネガティブさが描かれた回だった

  • 普通の作品では理想とはポジティブなものとして描かれる
  • 今回は理想のネガティブさが描かれた回だった
  • ここらへんがマギアレコードの面白いところ

理想のネガティブさが描かれた回だった。
夢、目標、理想。
これは普通の作品ではポジティブに描かれる。
むしろやってないやつらの方が非難される。
簡単に言えばやることやれよと。
やることやってないやつがやるやつを笑うなと。
そんな描かれ方が多いように思える。
しかし今回はそこに疑問符を投じた回でした。
理想が必ずしも人を幸せにするとは限らない。
むしろ今一時を生きるほうが幸せに繋がる。
こういう定型の物語に一石投じるところが。
マギアレコードの面白いところ。
マギレコ自体は正統派の物語なんですけれども。
定型の物語に疑問を感じさせる内容。
そこはまどマギ外伝らしい。
マギレコらしさ。
まどマギ外伝らしさ。
この二つがきっちり描かれた良回といえるでしょう。

まとめ

  • マギウスの翼の理想の辛さ
  • いろは達の幸せ
  • 幸福とは何かを考えさせられる回だった

というわけでまとめてみました。
補足しておきたいことがあるのですけれども。
マギウスの翼といろは達の対比については前述しました。
しかしまたマギウスの翼といろは達には似ているところもある。
それはそれぞれ願いをもっているところ。
そしてその願いを叶えたいという点において。
マギウスの翼といろは達は似ている。
願いというのは魔法少女たちが共通でもっているものですから。
ここは必然。
しかしその叶え方が違う。
マギウスの翼は理想という崇高さを持つことで。
魔法少女達を疲弊させていく。
一方いろは達は今一時を精一杯生きることで。
少しずつ自分たちを良くしようとしている。
マギウスの翼は辛く。
いろは達には幸せを感じる。
辛いと幸せ。
たった一本の線でこれほどまでに概念が変わってしまう。
そして今回はその一本の線。
その表現に気を配った回と言えるでしょう。
良回だったように思えます。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたマギアレコード。 今回は嘘がキーワードだったかなと思います。 フクロウ幸運水の嘘。 深月フェリシアの嘘。 ...
はいやってきましたマギアレコード。 今回はウワサの正体。 そこが気になる回だったように思えます。 一体ウワサとは何なのか。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする