【ハイキュー!! TO THE TOP(4期)7話感想】影山の成長回

感想

はいやってきましたハイキュー。
今回は影山の成長が伺えた回でした。
やってはいけないとやってもいい。
義務から許可への変化という話ではありました。
また烏野のチームワークも感じることが出来てですね。
影山と烏野の信頼関係も伺えた回でした。
良い回だったように思えます。
というわけでサクサク感想書いていきます。

vod初心者虎の巻

スポンサーリンク

全体の感想

  • 影山の成長が伺えた回
  • やってはいけないとやってもいい
  • 義務から許可の変化

影山の成長が伺えた回。
やってはいけないとやってもいい。
つまり義務と許可。
この差は大きいと私は読んでいます。
いままでの影山は喧嘩してはいけないだった。
だからずっといい子を演じていたわけです。
しかしですね。
今回の影山は喧嘩してもいい。
つまり義務から許可へと変化したわけですね。
これで大分心がやわらかくなったのではないでしょうか。
今まで孤独だった王様の心。
そこに光が射した瞬間でした。
同時に烏野のチームワークも感じることが出来て。
感じ入る瞬間も多かったように思います。
良かったです。

義務から許可への変化

  • 民に逆らってはいけないという王様
  • 民に物申してもいいという変化
  • ここは大きかった

影山の義務から許可への変化。
やはりここが一番大きかったように思えます。
今までは民に逆らってはいけない。
そんな法律が影山の中にあったわけです。
これは自分で戒めたこと。
であると同時に影山の中では絶対だったわけですね。
でなければ孤独の王様になってしまうから。
それだけはなんとしてでも。
なんとしてでも避けたい。
そんな恐怖感からくる義務が影山の中にあったわけです。
しかしですね今回は民に物申してもいい。
つまり逆らう王様であってもいい。
そんな許可を自分に出せたわけですね。
ここは影山にとって大きかったように思えます。
むしろ影山がわがままいっても。
それくらいでは民は見捨てないぞと。
そう示してくれたことの信頼感は絶大なのではないでしょうか。
影山にとっては進歩のある回でした。

烏野という民の強さ

  • 烏野という民の強さ
  • チームワークが影山を支えている
  • 最高の王様に最高の民がついてきた

烏野という民の強さ。
なんといってもここ。
烏野という土台がしっかりしているから。
影山という王に何言われても揺るがない。
それは民にも自我があるからなんですね。
そしてそれは前向きな自我であるというのがポイント。
こうすればもっと良くなる。
こうすればもっと成長できる。
こうすればもっと強くなれる。
そんなバレーという国を良くしたい。
そんな一心で影山という王様に烏野という民が従っている。
この前向きなチームワークが影山を支えているわけです。
最高の王様に最高の民がついてくることで。
最高の国がつくられている。
その描写が響きました。

王様と民は平等

  • 王様も物申し
  • 民も物申す
  • これがバレーの理想の国のあり方

王様と民は平等というところがポイント。
王様も物申すならば。
民もまた物申す。
これがバレーの理想の国のあり方。
どちらか一方が下ではですね。
バレーという国は成り立たない。
王様が強くなり過ぎれば独裁になり。
民が強くなり過ぎれば王様の意味がなくなる。
どちらも強くあってこそ。
バレーの国が完成する。
そして烏野というバレーの国。
そこでは王様と民は平等。
どちらも強く。
どちらも自我を持ち。
どちらも譲らない。
だからこそ烏野は強い。
最高のチームの形を見せてくれたように思えます。

日向という物申す民

  • 真っすぐな心を持つ日向という民
  • だからこそ影山という王様にも響いた
  • 王様と民の絆は固い

日向という物申す民。
今回はその存在に感動しました。
誰よりも真っすぐな心を持ち。
誰よりも影山という王を信頼し。
誰よりもバレーという国を愛している。
だからこそ。
それだからこそ。
影山という王様にも響いた。
そして互いに信頼しあっているからこそ。
互いに何でも言いあえる。
そしてその上でより良くなろうと努力する。
影山が孤独な王様にならないのは。
日向という物申す民がいてこそ。
王様と民の絆は固いと。
感じさせてくれました。

まとめ

  • 信頼とは遠慮することではない
  • 信頼とはなんでも言いあえること
  • 言いあえる烏野は強い

というわけでまとめてみました。
信頼とは遠慮することではない。
信頼とはなんでも言いあえること。
そして今回は本当の信頼。
それをこれでもかと示してくれる回でした。
今までの影山は孤独だったように思えます。
それはどこかで遠慮があったから。
しかし今回でわかったんじゃないでしょうか。
烏野というチームでは遠慮はいらない。
それは本当の信頼があるから。
だからちょっと言ったくらいではビクともしない。
しっかりとした土台があるからこそ。
影山もさらに輝くことが出来る。
影山のさらなる成長。
そこに期待しています。
と同時に言いあえる烏野は強いと。
思わせてくれました。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたハイキュー。 今回は影山がどんなセッターなのか。 またどういうセッターになろうとしているのか。 そこが非常に...
はいやってきましたハイキュー。 今回はうまくいかないということ。 しかし確実に成長しているということ。 そこが一番のポイントだ...
スポンサーリンク

vod初心者虎の巻

グリッドマン記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする