【異世界かるてっと2(2期)7話感想】思惑だけの回

感想

はいやってきました異世界かるてっと。
今回は思惑の回だったかなと。
そして思惑は思惑のまま終わるという。
特に何の意味もなく。
ただただ過ぎていく回でした。
まあでもそれでもいいのかなとは思います。
何も起きなくてもキャラクターの強さで押し出し。
何も起きなくてもキャラクターの言動で思惑を理解し。
何も起きなくても笑える構成ができている。
そんな感じ。
まあ異世界かるてっとだし。
これで言葉が足りる回ではありました。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 思惑の回
  • 思惑だけだった回
  • これがベストなんです

思惑の回。
もっと言えば。
思惑だけだった回。
何か実行に起こすわけでもなく。
ただただ思惑は思惑のまま。
そのまま過ぎていく。
これってどうなん。
でもまあ。
異世界かるてっとなら。
許される。
そんな雰囲気がマシマシだった。
で実質許されていた。
何か起こらなくても。
異世界かるてっとは異世界かるてっと。
だからこれでいいんです。
思惑だけで終わっても。
これがベストなんです。
むしろベストだと思おう。
特に何の意味もなく。
これが異世界かるてっとなんだ。
うん。そうだ。

何かしろよ

  • 誰か何かしろよ
  • 何もしなかったけど
  • まあこれでいいか

誰か何かしろよ。
カズマは漢見せろよ。
ラムは笑ってるだけかよ。
アルベドとシャルティアは縛られてるだけかよ。
これだとさ。
何も起こらないんだよね。
本当に何も起こらない。
これでいいのか。
突っ込んでしまう。
だってさ。
何か起こってこそ。
コメディでしょ。
何も起こらないとさ。
コメディじゃないっしょ。
身体測定っていうイベントなんだからさ。
起こせよ。
まあでもしょうがないか。
何もしなかったけど。
これでいっか。
若干どうでもよくなってくる。
そんな雰囲気。

パンドラズ・アクターの破壊力

  • 宮野真守の完璧な演技
  • これが見れただけで良かった
  • 笑える

パンドラズ・アクターの破壊力。
そして宮野真守の完璧な演技がやばい。
何も起こらなかったけど。
ここはっていうところは。
パンドラズ・アクターだった。
どこまでもオーバーリアクション。
どこまでも中二病。
どこまでも黒歴史。
そして宮野真守の力の入れよう。
これが見れただけでも良かった。
本当にチョイ役だったんだけど。
あの存在感。
ぶっちゃけ半端なかった。
何か笑えるところはなくても。
宮野真守だけで笑ってしまう。
その破壊力。
まじでぶっちゃけ半端なかった。
そしてめぐみんと合わさることで破壊力倍増。
お前ら相性良すぎかよと。
思わず笑ってしまった。
二人にしか分からない世界。
そんな広がりをみることができました。
面白かったです。

ラムは悟ったのだ

  • ラムは悟ったのだ
  • アインズの黒歴史を悟ったのだ
  • だからこそ笑ったのだ

ラムは悟ったのだ。
多分パンドラズ・アクターで全部を悟ったのだと思う。
あのアインズでも。
弱みはあると。
そしてその黒歴史を見て。
笑ったのだと思う。
そしてラムは笑ってるだけで十分だったのだろう。
何か弱みを握った人物がいる。
そして自分が優位に立った気になれる。
たったこれだけで。
ラムは満足したのだろう。
悲しいくらいアインズとばっちりだけど。
悲しいくらいアインズめためただけど。
悲しいくらいアインズ悲しいけど。
これでいいのだ。
ラムの内面が見れた回でした。

思惑だけで十分だった

  • 思惑だけで十分だった
  • 何もなくとも
  • そう思う

思惑だけで十分だった。
何もなくても。
とりあえず今回はね。
まじで話の成り立ちがさ。
無かったと思うんですよ。
特に何も起こるわけでもなく。
ただただ淡々と進んでいく。
やるべき流れはあったはずなのに。
それがなかった。
お約束をやらずにコメディやってるわけですね。
でもね私は思うんです。
今回あえてやらなかったんじゃないかと。
とりあえずキャラクターの内面がみせたかった。
だからあえてドタバタせず。
落ち着いた内容で攻めることにしたと。
で実際成功しているとは思うんです。
一体ラムは何がしたかったのとか。
一体パンドラズ・アクターは何のために出てきたのとか。
結局カズマは何もしないのとか。
そういう風にキャラクターの興味を惹かせただけで。
十分な回だったと。
私はそう思います。

まとめ

  • 思惑だけの回だった
  • それでも十分だった
  • これが異世界かるてっと

というわけでまとめてみました。
思惑だけの回だった。
これに尽きる。
何か起こるわけでもなく。
ただ淡々と進んでいく。
一瞬思ったりはしたんです。
これってコメディっていえるのかと。
なにかハプニングが起きてこそ。
予想外なことが起きてこそ。
コメディ足りうる。
私はそう思っている節があるんですが。
思えば思惑だけで十分だったかなと。
パンドラズ・アクターが出てくるだけで十分。
ラムの嘲笑で十二分。
それだけキャラクターの要素が強いアニメだから。
こういう形でも成り立つのかなと。
これも異世界かるてっと。
それも異世界かるてっと。
これが異世界かるてっとだと。
私は思わせていただきました。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました異世界かるてっと。 まあ今回は対戦のための回だったように思えます。 内輪同士で戦ったら面白くね。 面白いよね...
はいやってきました異世界かるてっと。 今回は勢いの回だったかなと。 細かいことはどうでもよく。 とりあえず主題が理解できればい...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする