【ハイキュー!! TO THE TOP(4期)9話感想】大分緩んだ

感想

はいやってきましたハイキュー。
今回は大分緩んだ回ではありました。
けれどもここから本番。
いよいよ春高が始まるということで。
これからが大事な回になってきそうです。
しかし大事な回の前には。
休息回が必要。
今回は視聴者に休息が与えられた回ではありました。
試合では見れない烏野の一面がみられ。
ますます烏野が好きになる。
そんな描写が詰まっていました。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 大分緩んだ回
  • しかしここから春高が始まる
  • 楽しみ

大分緩んだ回だったように思えます。
でも正月からテンポよく春高に進み。
大分話の展開的にもまとめられており。
見やすかったように思えます。
こういう話運びが上手いのもハイキューの良いところ。
そして話運びの度にちょくちょくキャラ描写も入り。
ますますキャラクターが好きになる。
そんな描写もきっちりしていたように思えます。
結構ゆるゆるの回ではあったんですけど。
春高という緊張があるからこそ。
こういったゆるい回が輝く。
そしてここから春高が始まる。
戦いが始まるんだと思うと。
なんだか私も緊張してきましたね。
烏野の戦いが楽しみではあります。
頑張れ烏野。
負けるな烏野。
未来が僕らを待っている。
ということで楽しみにしています。

それぞれの正月

  • とりあえず烏野のほっとした場面
  • それが見れたのが良かった
  • 楽しめた

それぞれの正月が見れたのが良かった。
今までは大分緊張感のある場面。
それがだいぶ続いてたので。
烏野のほっとした場面。
それがみれたのが良かった。
大分楽しめたように思えます。
とりあえず個人的には3年生組。
これがだいぶほのぼのしてたのが良かった。
ああこういうノリ良いな。
こういう部活のノリ。
そう思いながら見ていました。
菅原がやたらテンション高く。
東峰はやたらテンション低く。
澤村は落ち着いている。
そして潔子さんがきっちり締める。
なんかこういう連帯感。
いいですよね。
思わず楽しくなってきてしまう。
大分楽しめたように思えます。

仲間がいるっていいな

  • 仲間がいるっていいな
  • ほっこりした
  • 嬉しい

仲間がいるっていいなと。
なんか烏野がワイワイしているところをみると。
大分そう感じてしまいました。
烏野はやっぱりですね。
全体の雰囲気が良い。
めっちゃウェーイって感じの日向、西谷、田中。
それをたしなめる澤村。
この構図を見てるとですね。
なんかほっこりしてしまう。
ああこれが烏野なんだみたいな。
バレー風景もいいですけれども。
こういった日常の描写。
それでも烏野らしさが出ているところ。
そこが良かったと思うんですよね。
ほっとする一場面があるだけでですね。
ますますキャラクターが好きになる。
そんな良さがありました。

テンポが良かった

  • 正月から春高までの話運び
  • 大分テンポよかった
  • こういうところが上手いのがマル

テンポが良かった。
正月から春高までの話運び。
それがキャラクターの描写織り交ぜながら。
きっちり進んでおり。
無駄なく詰め込まれている。
大分あっという間だったと思うんですが。
このあっという間を楽しませる工夫。
それが随所になされているのが良かった。
特に良かったのがキャラクター描写。
各々がどのように考えながら春高を迎えようとしているのか。
そこがきっちり分かるようになっていて。
大分楽しめたように思えます。
今回大分緩んだ回ではありました。
でも緩んでいながらも。
きっちり話の構成は考えてある。
どういう風に話を運び。
そしてどう進ませるか。
そこが非常によく考えられていた。
思わず上手いと。
心から思いました。
良かったです。

烏野はどうなるのか

  • 烏野はどうなるのか
  • 期待と不安が入り混じる
  • 頑張ってほしい

烏野はどうなるのか。
期待と不安が入り混じる。
とにかく私まで緊張してきました。
きちんと実力発揮できるのか。
これからどんな物語が繰り広げられるのか。
すごくドキドキしていますね。
今回大分緩んでいただけに。
これからのギャップ。
それがすごそうなんですよね。
もう春高ですから。
こっからはずっと緊張のターン。
今回はその間の一瞬の緩みでした。
今回は大分おちゃらけていた烏野ですが。
ここからはかっこいい烏野が見れる。
そして強い烏野が見れると。
大分期待してはいます。
烏野期待しているぞと。
心から言いたい。

まとめ

  • 緩んだ回
  • でも一瞬の緩みだった
  • ここから緊張が始まる

というわけでまとめてみました。
今回は緩んだ回。
でも一瞬の緩みでした。
この緩みはですね。
そして烏野の試合でのかっこよさがあるからこそ。
だからこそ輝く。
普段はおちゃらけていたり。
ぼーっとしている烏野でも。
やるときはやるんだ。
今回はやらない回だったけれども。
やる回はやってくれると。
信じて待っています。
今回は大分緊張感ほぐされたんで。
次回は緊張感を与える回。
そんな回になりそうな気がしています。
頑張れ烏野。
負けるな烏野。
未来が僕らを待っている。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたハイキュー。 今回はうまくいかないということ。 しかし確実に成長しているということ。 そこが一番のポイントだ...
はいやってきましたハイキュー。 今回はそれぞれに戦場があると。 そしてそれはマネージャーでも選手でも。 変わらないと。 そん...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする