【僕のヒーローアカデミア 4期 21話(84話)感想】あきらめない心

感想

はいやってきました僕のヒーローアカデミア。
今回はあきらめない心。
デクもあきらめない。
ジェントルもあきらめない。
互いに大事なものがあるから。
だからこそあきらめない。
どちらのあきらめないが勝つのか。
みどころではあります。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • あきらめない心
  • デクもあきらめない
  • ジェントルもあきらめない

あきらめない心が大事。
デクもあきらめない。
ジェントルもあきらめない。
それは互いに大事なものがあるから。
デクは仲間の想い。
ジェントルは強い使命感。
だからこそやらなければならない。
そしてあきらめるわけにはいかない。
この描写が響いてきました。
一体どっちのあきらめないが勝つのか。
かなりハラハラドキドキするわけですが。
個人的には文化祭を壊してほしくないので。
できればデクを応援したい。
ジェントルは良い悪役なんですが。
いい加減あきらめろよと。
切に言いたくなってしまう。
なんか意外に根性あって。
見直したというかなんというか。
そしてデクには強い想いで立ち向かってほしい。
応援してるぞデク。

デクはあきらめない

  • デクはあきらめない
  • 仲間の想いがあるから
  • だからこそ戦う

デクはあきらめない。
仲間の想いがあるから。
あれだけ頑張った文化祭。
であればですね。
壊されるわけにはいかない。
決してそれだけは許すわけにはいかない。
だからこそ戦う。
強い意志が響いてきました。
みんなで頑張った文化祭。
というところがポイント。
皆の努力があるからこそ。
デクはあきらめずに頑張ることが出来る。
何としても文化祭を無事に終わらせたい。
そのためにはなんとしてでもジェントルは止める。
止めなければならない。
そんな強い想い。
非常にシンプルな絆の力でしたが。
非常に響く描写になっていました。
かなり良かったように思えます。

ジェントルはあきらめない

  • ジェントルはあきらめない
  • 強い使命感があるから
  • だからこそ戦う

ジェントルはあきらめない。
思ったより粘るジェントル。
もっとメンタル弱いとおもってたんですが。
意外と頑張る。
これはなぜかと考えたんですが。
やっぱり強い使命感。
これだと思うんですよね。
ジェントルには行動の美学がある。
何を為すべきか。
そのためにどう手を打つか。
一つ一つにポリシーがある。
そしてポリシーに反することはしない。
今回はあきらめないのがジェントルのポリシーなのでしょう。
もうぶっちゃけですね。
あきらめろよって感じなのですが。
心が結構強いジェントル。
使命感に従って頑張るしかないようです。

それぞれに大事なものがあって戦っている

  • デクにも大事なものがある
  • ジェントルにも大事なものがある
  • 大事なもの同士の戦い

それぞれに大事なものがあって戦っている。
デクにも大事なものがある。
ジェントルにも大事なものがある。
デクは仲間との絆。
ジェントルは使命感。
このぶつかり合いが良かったと思うんですよね。
まあ一番のポイントはですね。
ヴィラン側にも哲学があるということ。
ジェントルにはジェントルのポリシーがあってですね。
その行為に及んでいる。
そしてだからこそしつこい。
だからこそ諦めない。
薄っぺらい悪意だけで行動しているわけじゃない。
だからこそ手ごわい悪役になっている。
そこがジェントルのポイントだと思うんですよね。
デクのヒーロー側の仲間への想いも大事なんですが。
ジェントルというヴィランにも使命感という想いがあるところ。
ここがヒロアカの大事なポイントだと思いました。

ヒーローの心、ヴィランの心

  • ヒーローは絆
  • ヴィランは使命感
  • 心の描写が響いた

ヒーローの心とヴィランの心がある。
どっちのキャラ描写もないがしろにせず。
しっかり描いている。
そこが僕のヒーローアカデミアの良いところ。
ではあると思うんです。
ヒーローは絆。
デクは文化祭をみんなと作ってきた。
その想いがあるわけです。
ならばなんとしてでもジェントルを阻止しなければならない。
そのためにあきらめない。
そしてヴィランは使命感。
ジェントルにはジェントルのポリシーがある。
そしてポリシーに従うことはなにがなんでもやりとげる。
そのためにあきらめない。
それぞれの心の描写が良くてですね。
感情移入できるようになってるんですね。
ヒーローもヴィランも。
どちらも大事に僕のヒーローアカデミアは描いている。
そこが今回の最大のポイントでした。
良かったです。

まとめ

  • あきらめない心
  • 強く響いた
  • デクには頑張ってほしい

というわけでまとめてみました。
あきらめない心。
それが強く響いた。
回ではありました。
デクもあきらめない。
ジェントルもあきらめない。
あきらめない同志の心のぶつかりあい。
これが今回の最大のポイントでした。
でですね。
私はやっぱりデクに勝ってほしいわけです。
ジェントルの使命感は理解しつつも。
やっぱり仲間との想い。
それがいっぱい詰まった文化祭ですから。
何としてでも成功してほしい。
そう思うわけです。
ヒーローの心。ヴィランの心。
それぞれにありつつもですね。
やっぱりヒーローを応援したくなる。
ジェントルも魅力的な悪役。
そうであるとおもうんです。
でもやっぱりデクが勝ってほしい。
なんとしてでも文化祭は成功してほしい。
そう思うように出来ている。
そこが僕のヒーローアカデミアの良いところ。
頑張れデクと。
心から言いたい。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました僕のヒーローアカデミア。 今回は大分わちゃわちゃしていた感じではあるんですが。 実際どうなんだ文化祭。 面白...
はいやってきました僕のヒーローアカデミア。 今回はジェントルとラブラバの絆。 それが何よりではありましたが。 間違っているもの...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする