【歌舞伎町シャーロック 21話感想】虚無と救い

感想

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。
今回はまあ虚無ではありました。
救いもなく、喜びもなく、笑いもない。
やっぱりモリアーティは虚無だったように思えます。
正直言って辛すぎます。
けれどもシャーロックとワトソン。
二人には救いがあり。
感じ入る回にもなっていました。
この虚無と救い。
二つが混在していたのが今回であり。
二面性のある物語ではありました。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 虚無と救い
  • 二つが混在していた
  • 二面性のある物語

虚無と救いの物語だったかなと。
虚無と救い。
二つが混在することにより。
二面性のある物語になっていました。
まず虚無の中心にいるのはモリアーティ。
とにかく何もない。
救いもなく。笑いもなく。喜びもない。
徹頭徹尾虚無でした。
しかしシャーロックとワトソンには救いがあった。
シャーロックはモリアーティに救われ。
ワトソンはモリアーティを救おうとする。
シャーロックとワトソンの良心が響いてきました。
モリアーティ側からすると虚無の物語ですが。
シャーロック、ワトソン側からすると救いの物語になっている。
ここが今回の最大のポイントだったように思います。

とにかく何もなかったモリアーティ

  • 救いがない
  • 笑いがない
  • 何もない

とにかく何もなかったモリアーティ。
少しでも救いがあれば。
少しでも笑いがあれば。
変わったかもしれないが。
そんな要素ゼロ。
徹頭徹尾なにもなし。
ここまで徹底されると。
むしろ潔い。
どこまでもモリアーティは虚無。
しかも虚無中の虚無だった。
どこまでも空っぽだったモリアーティの心。
そしてそれは満たされることのないままだった。
いや満たされることを望んですらいないのかもしれない。
モリアーティには何もないということ。
そして何もないからこそ悪に染まったこと。
そしてその結果何も残さない結果に終わったこと。
あり方、行動、結果。
全てが虚無に見える。
果てしなく何もないモリアーティでした。

ワトソンの救い

  • 虚無の極地にいるモリアーティ
  • そのモリアーティに救いを与える
  • 余りにも意味がないのに尊い行為

ワトソンの凡人が故の救い。
虚無の極地にいるモリアーティ。
もはや救いなどない。
救うには余りにも遅すぎたモリアーティ。
そのモリアーティにワトソンが救いを与えようとする。
余りにも意味がなかった。
モリアーティも心底落胆したでしょう。
もうこちら側にはモリアーティはいないのに。
こちら側としてモリアーティを扱おうとする。
このワトソンの甘さ。
これこそがワトソンであり。
これこそが凡人であるという。
証明をしているように思えました。
けれども。けれどもですよ。
私はワトソンに共感してしまう。
あの優しかったモリアーティに戻ってきてくれると。
余りに真っすぐに思う気持ち。
モリアーティに救いはないが。
ワトソンには救いがあった。
そしてその救いこそが響いてきました。
ワトソンはこの作品の良心だと。
心から思いました。

シャーロックの救い

  • シャーロックはモリアーティに救われていた
  • 虚無な人間に満たされた虚無な人間
  • 本当に救われて良かった

シャーロックの救いが響いた。
シャーロックはモリアーティに救われていた。
シャーロックは虚無な人間だったのかもしれない。
でもまたモリアーティという虚無な人間によって満たされていた。
この虚無が虚無によって心を満たそうとする行為。
それが尊かった。
モリアーティは偽りの優しさだったのかもしれない。
けれどもですよ。
シャーロックは本当の優しさを感じ。
そして心が満たされた。
モリアーティに嘘はあったかもしれないが。
シャーロックの心に嘘はなかった。
この嘘のあるなしの差。
これこそがシャーロックとモリアーティの差であり。
二人の明暗を分けたように思えます。
シャーロックはモリアーティに救われて本当に良かったと。
心から思います。

こちらにいないモリアーティ、こちらにいるモリアーティ

  • もはやこちらにはいないモリアーティ
  • しかしこちらにいるモリアーティをシャーロックとワトソンは信じている
  • 良心の境界がポイントだった

モリアーティのあり方がポイントの回でした。
もはや悪に染まっており、その心は虚無。
こちら側にはいないモリアーティ。
しかしシャーロックとワトソンは。
優しくて茶目っ気のあるモリアーティ。
こちらにいるモリアーティを信じているんですね。
もはやこちらにモリアーティはいないのに。
こちらにいるモリアーティの影を見ている。
しかしそれはあくまで影なので。
モリアーティには届かない。
実際のモリアーティはこちらにはいないのだから。
しかしこの良心の境界こそがポイントでした。
モリアーティの影であってもシャーロックとワトソンにとっては真実。
正しい心をシャーロックとワトソンが持っていたからこそ。
そこが物語の救いに繋がっていたんですね。
モリアーティ側から見ると虚無の物語でした。
けれどもシャーロックとワトソンにとっては救いの物語になっており。
そこが響く描写ではありました。

まとめ

  • モリアーティには虚無の物語
  • シャーロックとワトソンにとっては救いの物語
  • 良心の境界が分かれる回だった

というわけでまとめてみました。
モリアーティ側からすると虚無の物語。
圧倒的にモリアーティには何もなく。
その虚無に良心など入り込む余地はない。
笑いもなく。救いもなく。喜びもない。
辛すぎる空っぽな内面。
それだけが響いてきました。
しかしシャーロックとワトソンにとっては救いの物語。
シャーロックはモリアーティに救われ。
ワトソンはモリアーティを救おうとする。
この救いの行為はモリアーティの良心が起こしたんですね。
それがモリアーティにとって偽りの良心であっても。
シャーロックとワトソンにとっては本当の良心だった。
そしてシャーロックとワトソン自身が良心をもっていたからこそ。
モリアーティの良心を感じることが出来た。
そんな救いがありました。
モリアーティの良心の無さによる虚無。
シャーロックとワトソンの良心による救い。
良心の境界が別れる回ではありました。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 まあ今回はモリアーティ。 ぶっちゃけモリアーティにはこうであってほしくない。 そう思...
はいやってきました歌舞伎町シャーロック。 今回は噛み合いそうで噛み合わない。 そんな回でした。 何とも歯がゆい。 何とも悲し...

歌舞伎町シャーロックみるならVOD

https://vodmovienavi.com/2019/10/15/kabukichosherlock/

歌舞伎町シャーロック見るなら動画配信サービス(VOD)がおすすめです。
歌舞伎町シャーロックが見れるサービスの特徴など詳しく記述しておりますので気になる方はチェックしてみてください。
サービスに無料期間があるのでその間だけお試しで使ってみるというのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しゃある より:

    自分には、原作の「三人のガリデブ」やライヘンバッハの話が合わさっていたように感じます。モリアーティは空っぽを自称しながら、執拗に同胞を求めたがっていましたね。自分のような人間は、自分ひとりでないと思いたいのだなと。しかし、シャーロックは少年でない分、モリアーティの求めに揺らがないし、ワトソンの大切さを噛み締めるのですよね。モリアーティの悪は、宙ぶらりんになってしまいましたな。

    • 管理人 より:

      >しゃあるさん
      コメントありがとうございます。
      確かにモリアーティは中途半端な感じではありましたね。
      私は救いはないと思っていたんですがモリアーティはシャーロックに救いを求めていたのかも知れませんね。
      そこがモリアーティの甘さだったのかもしれません。