【異世界かるてっと2(2期)10話感想】頑張るが頑張れないに勝った回

感想

はいやってきました異世界かるてっと。
今回は皆で一致団結する回。
なのですが頑張れるもの。
頑張れないもの。
その差が出てきた回といえるでしょう。
そして頑張れるものもいて頑張れないものもいる。
それが異世界かるてっと。
であると同時にですね。
頑張れるものが頑張れないものを引っ張る。
それが異世界かるてっとだと思うんです。
是非是非純粋な前向きさを見せてほしいと思っています。
そういう意味では楽しみではあります。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 皆で一致団結する回
  • 頑張れるものもいれば
  • 頑張れないものもいた

皆で一致団結する回。
ではあったと思うんです。
でも頑張れるもの。
頑張れないもの。
その差が出てきた回といえるでしょう。
頑張れるのはレムが顕著でしたね。
レムは純粋で一生懸命。
そして前向きなのが特徴だと思います。
でその特徴が全面に出ていてですね。
とても良かったように思えます。
非常にポジティブな姿が印象に残りました。
一方頑張れないのはアクア。
とにかく頑張りたくない。
その一心。
さすが駄女神は伊達じゃない。
嘆くのだけは一級品。
本当にこれでもかと。
これでもかというくらいアクアでした。
というわけでかなり印象的な回だったように思えます。
良かったです。

頑張るレム

  • 前向きで一生懸命
  • そして頑張り屋
  • パーフェクトなポジティブさだった

頑張るレムが印象的でした。
前向きで一生懸命。
そして頑張り屋。
そのレムらしい。
パーフェクトな。
本当にパーフェクトポジティブさでした。
しかもレムのその純粋な前向きさをですね。
ギャグにする技巧。
そこがまたよかったように思えます。
本当に圧が凄かった。
有無をいわさずに。
やれと。
やればできると。
ソフトな松岡修造を見ているようで。
思わず笑ってしまいました。
純粋な前向きさ。
これがまたレムの良さであり。
面白さであると感じました。

アクアの頑張らなさ

  • とにかく頑張りたくない
  • 嘆くのだけは一級品
  • パーフェクトな駄女神っぷりだった

アクアの頑張らなさが光る。
とにかく頑張りたくない。
できれば他人にやってほしい。
嘆くのだけは一級品。
本当にパーフェクトな。
完全にパーフェクトな駄女神っぷりでした。
まあいつもどおりといえばいつもどおりなんですが。
今回の皆が頑張る姿。
があるとですね。
一層駄目さが目立つ。
そしてまたその姿が愛らしい。
素敵な駄女神でした。
やっぱりこのすばのキャラクターはですね。
想定通りに動く。
そしてその上で期待を裏切らない。
アクアが今回それが顕著でした。
面白かったです。

頑張るが頑張れないに勝った回であった

  • 勤勉すぎるメイド
  • 怠惰すぎる女神
  • 頑張るが頑張らないに勝った回ではあった

頑張るが頑張れないに勝った回でした。
とにかく勤勉すぎるメイド。
その名はレム。
いわば頑張るの象徴。
とにかく怠惰すぎる女神。
その名はアクア。
いわば頑張らないの象徴。
そして頑張るの象徴が頑張らないの象徴に勝った回だった。
今回はここが大きいように思える。
純粋な怠惰は純粋な勤勉に勝てない。
こういった前向きな頑張りが認められるところ。
そこが異世界かるてっとの明るさであり。
また面白さでもあるように思いました。
良かったです。

頑張れないメンバーを頑張るメンバーがどう引っ張るか

  • 頑張れないメンバーがいて
  • 頑張るメンバーがどう引っ張るか
  • ここが一致団結のカギ

頑張れないメンバーを頑張るメンバーがどう引っ張るか。
ここにやっぱり一致団結のカギがあると思う。
今回はレムとアクアが顕著でしたが。
もっと切迫した状態になった時。
純粋な後ろ向きさに。
純粋な前向きさが。
どれだけ勝てるか。
そしてどれだけ前向きな方に持っていけるか。
ここに学園祭成功の秘訣があるように思える。
今回不穏な空気が流れてきましたが。
もっとひどい状況に追い込まれると予測しています。
そんな時嘆くメンバーもいると思うんです。
でもそこを踏ん張って頑張るメンバーが支えていく。
それでこそクラスは一致団結するし。
学園祭は成功すると。
私は読んでいます。

まとめ

  • 一致団結のカギ
  • 頑張るが頑張れないに勝てるか
  • ここが大きい

というわけでまとめてみました。
まあ今回は一致団結する回。
ではあると思うんです。
で一致団結のカギ。
それはですね。
頑張るが頑張れないに勝てるか。
ここが大きいと思うんです。
やっぱり異世界かるてっとは前向きな話だと思うんです。
でもギャグをするのには後ろ向きさも必要。
ポジティブさを担うのが今回のレムであれば。
ギャグを担うのはアクアでした。
そしてどっちもあわせてこその異世界かるてっとですし。
そんな中ポジティブさがギャグを引っ張るのが異世界かるてっと。
今後さらなる苦難が待ち構えていると思うんです。
そんなときにさらに頑張れないを頑張るが引っ張る瞬間がやってくる。
その時こそ一致団結の力が試されると。
私は読んでいます。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました異世界かるてっと。 今回はフィーロがかわいかった。 これに尽きる。 がやはりそれだけでは終わらず。 きちん...
はいやってきました異世界かるてっと。 今回は今までの団結が問われる時。 ではありましたね。 バトルでも演劇でも。 是非活躍し...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする