【僕のヒーローアカデミア 4期 24話(87話)感想】重厚と軽快

感想

はいやってきました僕のヒーローアカデミア。
今回はエンデヴァーとホークス。
二人の回といっていいでしょう。
それぞれに想うヒーロー像は違くても。
人を救い。
敵を倒す。
そう思っている想いは同じ。
クライマックスに向けて頑張れと。
切に言いたくなりました。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • エンデヴァーとホークスの回
  • エンデヴァーは重厚
  • ホークスは軽快

エンデヴァーとホークスの回でしたね。
エンデヴァーは重厚。
ホークスは軽快といった感じで。
なんとも対照的な二人でした。
でも対照的であってもですね。
胸に抱く想いは同じ。
人を救い。
敵を倒す。
そこだけは共通している。
そのために頑張っている。
そしてその想いがですね。
試される時だと思うんですよね。
是非是非二人には活躍してもらって。
頑張ってほしいと思います。
あとですね。
私が思うに二人の差。
エンデヴァーとホークスの差。
これってなんぞやと思ったんですが。
やはり心にオールマイトがいるかいないか。
この差だと思っているんですよね。
オールマイトがいるからこそエンデヴァーは重く。
オールマイトがいないからこそホークスは軽い。
そういう風に差ができていたのかなと。
個人的には思います。

エンデヴァーの心

  • 重厚
  • これはオールマイトがいるからこそ重い
  • 辛く苦しい頂点だと思う

エンデヴァーの心。
それが重くのしかかっていました。
やはりエンデヴァーの重厚さ。
その重い理由ですが。
これはオールマイトがいるから。
だからこそ重いと感じます。
あいつがいるから。
だから自分は2位。
でも1位になった途端。
なぜか空虚。
実力で勝ち取ったわけじゃない。
オールマイトが譲ったからこそ。
だからこその頂点。
この重さ。
これは重く苦しい頂点だと思います。
勝ち取った頂点か。
譲られた頂点か。
この差でですね。
こんなにも差がでるものなのかと。
そして重さが違うものなのかと。
心から辛く思いました。
その重さに耐えて。
エンデヴァーには頑張ってほしいです。

ホークスの心

  • 軽快
  • オールマイトがいないからこそ軽い
  • 軽やかな心が印象的だった

ホークスの心。
軽快。
これはですね。
やはりオールマイトがいないからこそ軽い。
勿論全てのヒーローにとってオールマイトの存在は大事。
ではあると思うんです。
でもですね。
私が考えるに。
ホークスって比較するタイプじゃないんですよね。
勝った負けたとか。
1位とか2位とか。
そういうことじゃなく。
ただ平和。
平和を願ってヒーローしている。
そしてその理想があればですね。
自分はヒーローやっていける。
そんな羽のように軽い思想。
それでもってヒーローやっているんじゃないかと。
そして今回はそんな軽やかな心。
そこが印象的な回でした。

重さは違えど想いは同じ

  • 人を救い
  • 敵を倒す
  • それが今試される時

重さは違えど想いは同じ。
だと思うんですよね。
人を救い。
敵を倒す。
それに尽きると思うんです。
でですね。
そのことをですね。
思想で示すのではなく。
行動で示せと。
言われているのが。
今回の試練だと思うんですよね。
そしてここで大事なのがですね。
やはりオールマイトの穴を埋められるか。
ここにかかってくると思うんです。
あの輝かしい希望の光。
そこにエンデヴァーが届くのか。
そしてホークスもそれをサポートできるのか。
遠い道のりだとは思いますが。
その第一歩。
それを是非見せてほしいなと。
心から思っています。

エンデヴァーとホークスには頑張ってほしい

  • 頑張れ
  • ここに尽きる
  • そして頑張ってこそ希望に繋がる

エンデヴァーとホークスには頑張ってほしい。
頑張れ。
ここに尽きると。
私は思うわけであります。
そして頑張ってこそですね。
オールマイトという希望。
そこに近づけると。
いまはオールマイトという象徴。
それがいない状態なわけです。
でもヒーローはやらなくちゃいけないわけです。
人を救い。
敵を倒す。
どうしてもこれだけはやらなくちゃいけない。
やらなくちゃいけないなら。
やらなくちゃ。
それでなきゃヒーローじゃない。
そしてそのことをですね。
エンデヴァーもホークスも分かっているわけです。
そして分かっているならばですね。
余計やらなくちゃ。
今こそ行動で正義が示される時と。
私は思います。

まとめ

  • エンデヴァーは重厚
  • ホークスは軽快
  • この困難を乗り越えられるか

というわけでまとめてみました。
エンデヴァーは重厚。
そしてホークスは軽快。
その心の差がですね。
何より印象的でした。
そしてその差はですね。
やはり心にオールマイトがいるかいないか。
ここにあると思うんですよね。
エンデヴァーは嫌でもオールマイトを背負わなきゃいけない。
だからこそ重く。
だからこそ威厳を感じる。
ホークスはただ平和を願い戦う。
だからこそ軽く。
だからこそマイペース。
でもどちらもですね。
想いは同じ。
人を救い。
敵を倒す。
ここは共通してるわけです。
そしてその共通する思いを。
是非この試練を乗り越えて。
見せてくれと。
心から思っています。
この困難を乗り越えられるか。
そこが重要だと私は思っています。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきました僕のヒーローアカデミア。 今回はまあ感動の文化祭。 であったと思います。 アニメの良さをこれでもかと。 本...
はいやってきました僕のヒーローアカデミア。 今回はエンデヴァーの意志。 それがとても響いてくる回でしたね。 かなり見ていて感じ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする