【ハイキュー!! TO THE TOP(4期)13話感想】諦めない心

感想

はいやってきましたハイキュー。
今回は強敵に勝つということ。
その遠さ。
そして大きさを自覚する回でした。
しかしそれでも烏野は諦めない。
なぜなら烏野だから。
やっぱり烏野はですね。
敵が強ければ強いほど燃える。
そして強ければ強いほど。
烏野の諦めない心。
その熱いハートが響いてくるわけです。
もう駄目なんじゃないか。
諦めたほうがいいんじゃないか。
やめといたほうがいいんじゃないか。
そんな弱い心が私にはある。
そして私も稲荷崎を見てですね。
不安になってきたわけですが。
そんな不安と負けない烏野を見ていると。
ワクワクする気持ち。
それが湧いてきました。
ありがとう烏野と。
切に言いたい。
というわけでサクサク感想書いていきます。

スポンサーリンク

全体の感想

  • 強敵に勝つということ
  • その遠さ
  • その大きさ

強敵に勝つということ。
その遠さ。
その大きさを感じた回でした。
今回感じたのはですね。
稲荷崎は強い。
間違いなく強い。
どうなっちゃうのこれ。
というその途方もなさ。
そしてこの高校にチャレンジしなければならない。
烏野の更なる途方もなさ。
それが非常に印象に残りましたね。
でもですね。
烏野ならやってくれると思うんです。
なんせ諦めない。
そして熱いハートがある。
それだけで。
どんな強敵にも立ち向かっていけると。
私は信じています。

稲荷崎は強い

  • 稲荷崎は強い
  • 間違いなく強い
  • どう烏野が立ち向かうか

稲荷崎は強い。
間違いなく強い。
ただそれだけが印象に残る。
どう烏野が立ち向かうのか。
それが非常に気になる。
もうですね。
いわばですね。
序盤からクライマックス。
そうなっているわけですよ。
どうしてこんな展開にしちゃったのか。
運命に文句言いたくなるわけですが。
それでもですね。
烏野なら諦めない。
絶対に諦めない。
負けずに頑張ってほしいと。
思うわけでありますね。
敵が強ければ強いほど燃える。
それが烏野なわけですから。
信じるしかない。
本当に。
頑張れ烏野。
負けるな烏野。

日向は前しか向かない

  • 日向は前しか向かない
  • だからこそワクワクする
  • 応援したくなる

日向は前しか向かない。
だからこそワクワクする。
そして応援したくなる。
敵は稲荷崎。
普通なら厳しいと思うはずです。
負けるかもしれない。
ここで終わるかもしれない。
そんな予感がよぎるわけです。
普通ならね。
でもですね。
日向はワクワクしかない。
多分日向は分かっていると思うんです。
不安に思っても無駄だと。
そして前を向くこと。
それだけが自分を成長させると。
そしてそれは正しい。
もうここまできたら。
やるしかない。
強い奴ならなお良し。
そんな日向の意気込み。
それが響いてきました。

烏野なら諦めない

  • 烏野なら諦めない
  • それは烏野だから
  • 奇跡を起こせ

烏野なら諦めない。
なぜか。
それは烏野だから。
やっぱりですね。
烏野はですね。
ハート。
熱いハート。
これに尽きると思うんです。
今回ですね。
私が感じたこと。
それは何もかもが稲荷崎が勝っている。
そんな感覚。
もうこんなチームには勝てない。
無理なんじゃね。
そんな弱気な想い。
でもですね。
烏野のバレー部員たちは。
諦めない。
むしろ果敢に立ち向かう。
これは心が強いから。
思えば白鳥沢の時でもそうだった。
どんな強い敵でも。
立ち向かっていく。
それが烏の生きざまだと。
示しているようで。
熱いハートを今回も感じました。

総評

  • 日向のアニメ
  • 諦めない心
  • それを見せてくれた

日向のアニメだったかなと。
今期前半のハイキュー。
まさしく日向のアニメだったなと。
切に思います。
選抜合宿で邪険にされてもめげず。
どんな強敵でもワクワクを忘れず。
とにかく前を向く日向。
諦めない心。
その心がですね。
これでもかというくらい。
本当にこれでもかというくらい。
響いてきました。
そしてですね。
日向の前向きさ。
それが私にとっての救いでした。
もう駄目なんじゃないか。
諦めたほうがいいんじゃないか。
やめといたほうが良いんじゃないか。
そんな後ろ向きな心。
それを払しょくしてくれるんですよね。
だから日向の前向きさ。
それは私に効いた。
そして響いてきた。
良いアニメだった。
そして良い日向だったと。
切に思います。

まとめ

  • 稲荷崎は強い
  • それでも烏野は諦めない
  • それは烏野だから

というわけでまとめてみました。
稲荷崎は強い。
その強さ。
それがこれでもかというくらい。
本当にこれでもかというくらい。
肌で感じた。
でもですね。
それでも烏野は諦めない。
何故なら烏野だから。
そして諦めない烏野こそが。
響いてくる。
主に私に。
そして諦めない日向こそが。
響いてくる。
主に私に。
というわけでですね。
今回を見ても。
通してみても。
非常に私に響くアニメになっていたと。
切に思います。
良かったです。
やっぱり響いてきたのはですね。
不安に負けない心。
ここだと思うんです。
敵が強くても。
決して負けずに。
努力する。
その姿勢。
それが素晴らしいなと。
心から思いました。
というわけで次回も正座して待っています。

はいやってきましたハイキュー。 今回は日向に対する星海の影響。 それがはっきりと表れた回でした。 本当にすごいプレーというもの...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする